バイナンス、仮想通貨BNBの「バーン(焼却)」計算ベースを拡大

仮想通貨BNBのバーンの計算ベースが拡大
バイナンスは2つの先物取引所「Binance Futures」と「Binance JEX」のローンチに際し、四半期ごとに行うBNBトークンのバーンの基準を更新した。今後は新事業とプロダクトによる出来高も計算に加わる。
           

仮想通貨BNBのバーンの計算ベースが拡大

仮想通貨取引所バイナンスは、2つの先物取引所「Binance Futures」と「Binance JEX」のローンチに際し、四半期ごとに行う「BNBトークンのバーン(供給量減少)」の基準を更新した。今後のバーンには、「今後の新たな事業とプロダクト」による出来高も計算に加わるという。

7月のバーンでは、現物取引所の出来高の20%に相当するBNBバーンを行なった。今回の基準変更で、2つの先物取引所や今後の新たな取引所事業とプロダクトにおける出来高も計算に含まれる。「今後の事業とプロダクト」については今回の発表では明かされていない。

バーンとは

通貨の一部を消滅させることで流通量を減らすこと。流通量が減少することで希少性が増すため、価格上昇につながりやすくなるとされる。

なお、前回のバーンは7月に発生したため、次の四半期バーンは3ヶ月後の10月あたりに行われると見られる。

参考:第8回バーンで80万BNB消滅

CoinPostの注目記事

速報 米国版バイナンス、9月18日から登録と入金の受付開始|最初はBTC・ETH・XRPなど6銘柄を提供
「Binance.US」が9月18日の午前8時から、アカウント登録と仮想通貨の入金の受付を開始する。日本時間13日には本家バイナンスが米国ユーザーへのサービス提供を停止する。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/20更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら