「それでもBakktは未来を切り拓く」仮想通貨業界関係者らが期待を崩さぬ理由

Bakktの1週目の取引高 約5.5億円に留まる
初週のビットコイン先物取引高が伸び悩んだことで「失望」にさらされたBakkt。評価は、BTC市況を加味して時期尚早と擁護する声もあるなか、有識者らは中・長期目線での期待感を崩さぬ理由を述べた。

Bakktの1週目の取引高 約5.5億円に留まる

9月23日に開始されたBakktのビットコイン現物決済先物取引。2週目に入り、出来高は増加傾向にあるものの、初週の総出来高は619BTCの約500万ドル(5.4億円)に留まり、機関投資家の呼び水として鳴り物入りで登場したものの、肩透かしを食らった格好となった。

出典:ICE

これに対し、2017年末に取引開始したシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物(現金決済)市場出来高は、9月30日の1日のみで取引総額243億円超に達した。

Bakktの特徴

Bakktの提供するビットコイン先物は、米国の規制に準拠した信頼のある取引所(ICE Futures U.S.)で取引され、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から認可を受けた、Bakktウェアハウスがカストディ業務を担う。

つまり、規制とカストディの面では、機関投資家の懸念を払拭するように、注意深く構成された商品となっている。

そのため、これまで現物ビットコインの直接投資を躊躇していた機関投資家のニーズを満たし、その参入を促す起爆剤として期待されていたわけだが、その出足はお世辞にも好調とは言えないだろう。

さらにBakktがローンチした翌日、奇遇にもBTC相場が前日比15%以上暴落、業界内では、「Bakktの出来高の少なさが”失望売り”につながった原因の一つ」などと、責任転嫁するような論調も見受けられた。

バイナンスのOTC取引部門もその一つで、価格の下落は「大きな話題になっていたBakktに対する一般的な無関心である可能性が高い」と表現している。

しかしBakkt関係者は、このような市場の反応に対し「価格発見機能を目の当たりにしているようだ」とコメントした。

BakktのCOOであるAdam White氏は、Bakkは「ビットコインの価格発見のための、全面的に規制に準拠した最初の先物」であり、透明性の高い市場における価格の発見機能を支援したいと説明していた。

Bakktの評価には長期的な視野が必要

Bakktの親会社インターコンチネンタル取引所(ICE)のCEO Jeffrey Sprecher氏は、BTC投資に対し、資産運用会社からの「強烈な興味」はあるが、それが実際の行動につながるかは不明であり、Bakktがウォール街で「ヒットする」かどうかの判断には時間を要すると、ローンチ直前に表明した。

Bakktに対する評価を下すには、1週間という期間はあまりに短すぎる。

CMEの先物取引が開始された際にも、市場最高価格をつけていたビットコインは暴落の憂き目を見た。仮想通貨業界でも機関投資家がBakktを受け入れるには、時間がかかるだろうとの見方が多い。

ブロックチェーンセキュリティ会社CoolBitX社のTom Maxon氏は、保守的な機関投資家がビットコインを受け入れるには、2つのハードルがあると、次のように述べている。

第一に、ビットコインが機関投資家にとって依然として予測不可能なものであること。

第二に、機関投資家の取締役会がビットコインをリスクの高い資産として認識し続けると、信認義務を果たしつつポートフォリオ内の資産に含めるために、ファンドマネジャーが困難な戦いに直面するためだ。

仮想通貨ウォレット会社Coin.SpaceのCEO Jonathan Speigner氏は、Bakktのプラットフォームに「ビットコインに常に懐疑的だった」機関投資家を呼び込むまでには、今後数ヶ月はかかるだろうと予想している。

ナスダックにもインデックスを提供しているBraveNewCoin社は、Bakktが、抑制された機関投資家の需要を取り込むゲートウェイに進化する可能性が高いとしながらも、その需要が具現化するのには時間がかかるだろうと言及した。

滑り出しこそ不調であるものの、業界の多くの専門家は、Bakktをビットコイン製品の未来を切り拓くものとして、高く評価している様だ。

仮想通貨取引所BittrexのCEOのBill Shihara氏は、次のように説明した。

Bakktの規制に準拠した先物市場は、ブロックチェーン業界がどれだけ進歩したかを示す刺激的な瞬間だ。この様なタイプの市場は構築にも、機関投資トレーダーに受け入れられるのにも時間がかかる。

そのため、数日間の取引は長期的な可能性やパフォーマンスを表すものではない。むしろ業界にとって、正しい方向へ向かう一歩だと言える。

CoinPostの注目記事

BTC下落要因「Bakktの売り持ちとBitMEX」=JPモルガン戦略アナリスト
米最大手投資銀行JPモルガン戦略アナリストは、24〜26日のBTC大暴落を引き起こした要因を分析し、可能性の高い2つのポイントを投資家向けの報告書で明かした。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/07更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら