世界最大のオックスフォード英語辞典に「暗号通貨、satoshi」の2用語が追加

世界最大の英語辞典に「暗号通貨」「サトシ」追加
世界最大級の辞書「Oxford English Dictionary」の最新版で、最新作の公開を控えるスター・ウォーズの関連用語などとともに、「cryptocurrency」「satoshi」の仮想通貨用語2つが新たに追加されたことがわかった。

世界最大の英語辞典に「暗号通貨」「サトシ」追加

世界最大の辞書であるオックスフォード英語辞典のオンライン版(以下OED;Oxford English Dictionary)が10月の更新で仮想通貨関連の言葉から「cryptocurrency(暗号通貨)」「satoshi(サトシ)」の2語を追加した。

他にも、米大統領の発言で話題になった「fake news(フェイクニュース)」や、今年12月に新作の公開が予定されている映画「スター・ウォーズ」に登場する言葉から「lightsabre(ライトセイバー)」「jedi(ジェダイ)」「Force(フォース)」などが追加された。ここで紹介したのは追加された言葉のほんの一部であり、OED onlineは年4回更新されている。

参考:New words list October 2019 : OED

追加された仮想通貨関連2語

「cryptocurrency」は「crypto(暗号)」と「currency(通貨)」が組み合わさってできた言葉だが、OEDは以下のように説明している。

中央当局から独立して動作し、暗号技術を使用して独自の勘定単位で取引を制御および検証する様々なデジタルペイメントシステム。またそのようなシステムの勘定単位の集合。

「satoshi」はOEDの説明では

ビットコインというデジタルペイメントシステムにおける最小の通貨単位であり、0.00000001BTCが1satoshiに相当する。

となっている。OEDの今回の更新を伝えるブログでは「ビットコインの開発者(個人または集団)であるサトシナカモトーおそらくペンネームだがーに由来している」としている。

ちなみに「Bitcoin」は2014年12月にOEDに追加されている。

CoinPostの関連記事

マカフィー氏が「サトシ・ナカモト」の正体を公開へ ビットコイン創始者の姿とは
サイバーセキュリティーのパイオニアであるマカフィー氏が、サトシ・ナカモトの正体を今後明かすとブルームバーグに伝えた。同氏によると、「サトシ」は米国に在住していると述べている。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら