CoinPostで今最も読まれています

日本のGDPをビットコインのもたらす利益が成長させる

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインがもたらす利益
ビットコインはその流行によって2018年の第一四半期の日本の国内総生産を0.3%上げるだろうとされています。それはビットコインの急激な成長により人々の裕福さを感じることによって個人消費があがることで国内総生産があがります。
支出と利益関係
資金決済に関する法律が公式的に仮想通貨の流通を許可によりおおよそ960憶円ほどの個人消費をもたらしました。しかし人々は支出がビットコインの利益を超える可能性があることを心にとどめておかなければなりません。

野村グループアナリストの水門善之(以下水門氏)と宮本和樹(以下宮本氏)はビットコインが2018年の第一四半期の日本の国内総生産を0.3%上げるだろうと主張しています。

2017年の終わりに仮想通貨は12兆円の市場資本を増進し、もし流行が今年の初めも続くならビットコイン効果現象により日本の個人消費は2憶円から4憶円まで上昇すると彼らは説明しています。

日本のビットコイン効果によるGDPの0.3%

野村グループは世界でも有数の一大投資銀行で、金融調査において数学的技術の使用を援助していることで知られていますが、野村グループの水門氏と宮本氏は日本のビットコインとの関係に対して少し違った考えをしています。

通常のレポートはドイツ銀行によって出される最近の研究と似ています。

その中でアナリストの村木正雄(以下村木氏)がブルームバーグから引用した、日本の「投資はレバレッジされる外国為替トレードからレバレッジされる仮想通貨トレードにシフトしている」とその銀行は記載しています。

そして実際、日経が提供する同じ研究は日本は世界の外国為替トレードの半分を占めていると言っています。

つまりそれはビットコインのような世界基準の貨幣が少なくとも40%が日本からの参加であり、そしてそれは今年最後の四半期まで上昇するだろうということは当然です。

より重大になればなるほど実世界のケースはその数に隠れてしまいます。

また、日本の消費者と小売業者は国の仮想通貨ブームから利益を得ています。

水門氏と宮本氏は何か同種の富裕効果が起こっていると仮定しました。

有名な歴史的例で例えると、アメリカの二桁の税の増加の後の60年代後半に起こったことと似ています。

ほとんどの経済専門家は消費者は反応としてゆっくりとお金を使い、耐乏生活をおくると予想していました。

しかし株式市場の急な上昇によって、平均的なアメリカ人は裕福さを感じ、それにしたがってお金を消費しました。

野村グループのアナリストによると、2017年の最後の3か月は2018年の初めにかけてちょうど国のGDPを0.3%高くしました。(GDPは作られたすべてのものとサービスのものさしです。)

そして100億円の財産価値の富裕ごとの上昇は比例して2億から4億の消費の上昇をもたらします。

個人消費における960億円

仮想通貨に関する法律が公式に許可されたことでさらに流通が生まれ、2017年の春に国のビットコインの取り込みが比較的に見られました。

それにより円が伴うようになりました。

中国の政府は仮想通貨を禁止したことにより通貨、元を効果のないものとしたのですが、日本がその穴埋めたことになります。

そして去年の終わりに世界のほとんどの人気の仮想通貨はビットコインの急激な成長によって時価総額12兆円に達しました。

2人のアナリストは日本はデジタル財産で5.1兆円ほどあると信じています。

そしてその富は、Value Walkによるとその種の富の効果は960億円の個人消費をもたらしました。

仮想通貨はいろいろな人々にまた違った利益をもたらすだろう

とValue Walkはアリゾナ州立大学の教授、Geoffrey Smithから引用しています。

「いくつかは機関の支持があるものを好み、それは大手銀行によって提供される公益事業のコインに比重を置いています。一方でほかのものはある地域から次の地理的に効率的なところへお金を移動する能力をもっています。」

その年の終わりを通してその財産を増加させた多くののビットコイン所持者の広がりのために、年の始まりを通して消費者の支出を後押しするでしょう。しかし私たちは支出はこの要素の結果としての予想を超える可能性があることを心にとどめておくべきです。

実際に仮想通貨を通して蓄積された富についてなにか違ったものがみられます。

重要な世界経済が0.3%成長したことは単なる推測よりも起こりうるサインであることを示唆しています。

Japan’s GDP Grows Due to Bitcoin Wealth Effect

Jan 3, 2018 by Bitcoin.com

https://news.bitcoin.com/japans-gdp-grows-due-to-bitcoin-wealth-effect/

ビットコインニュース一覧
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/27 火曜日
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧