CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ビットコインキャッシュ、ハッシュレート急変動をBitMEXが調査

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ハッシュレートの変動性が増加

大手仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXの研究部門が、ビットコインキャッシュ(BCH)ハッシュレートの変動性(Hashrate Volatility)が10月に増加したと発表した。

ハッシュレートとは、マイニングをする際の1秒あたりの採掘速度。ハッシュレートの増加は、マイニング参加者の増加を示すものであり、51%攻撃への耐性などセキュリティの向上を見込めることからポジティブなサインとして捉えられている。今回の調査はこの数値の変動性に関するものだ。

今回の調査の背景には、BCHのハッシュレートの変動性が、ブロック生成時間を元にすると、高水準にあると懸念する声があったようだ。人為的な操作が行われていると不安視されている。上記のグラフを見ると、確かに10月開始当たりで変動性が上昇に転じている。

研究チームによると、ブロック生成時間を元にハッシュレートを計算しており、そのブロック生成時間がランダムで変わりやすいプロセスのため、ハッシュレートの短期間の変動が単にランダムなのか、実際に変動しているのかを見分けることは難しいという。

そのデータの質を向上させることは困難で、BCHの信頼性の低下につながる可能性はあるが、現時点では大きな問題はないというのがBitMEX研究チームの見解だ。

今回は10月におけるBCHの採掘難易度、ブロックのタイムスタンプ、またノードがブロックを承認する時間について基本的な分析も実施されている。以下のグラフは、ビットコイン(BTC)とのブロック間のタイムインターバルの比較だ。BCHの方がブロック間の時間の変動が大きいことが分かる。

それだけではなく、BCHの変動の幅に一定の規則性が見られる。この周期的な繰り返しが操作を示唆しているとも考えられるが、そこにも直接的な証拠は見つからなかっていないと説明している。

BCHはビットコインのようにマイニングの競争が激しい通貨ではないため、ある程度の変動はあるというのが研究チームの見解だ。

BitMEXの研究部門は他にもデータを調べているが、10月の変動性の高さから操作が行われた可能性はあるものの、その直接的な証拠は発見できなかったと説明。本内容を即座に解決できる方法はないが、BCHの有用性への影響は今のところほとんどないと述べている。よって緊急性もないと判断した。具体的な原因が明確にならなければ、我慢してリサーチを継続するしかないと結論付けている。

即座に実行できるわけではないが、潜在的な問題を解決する方法は、ハードフォークだという。BCHは今月ハードフォークによるアップグレードを予定している。しかし本問題を解決するためのものではない。

関連ビットコインキャッシュが11月15日頃にハードフォークを予定

参考資料 : BitMEX Research

CoinPostの関連記事

ビットコインキャッシュ(BCH)、アバランチ実行のため「PoS」移行を検討
仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)の開発者ミーティングで、送金時間の大幅改善などが見込めるプロジェクト「Avalanche(アバランチ)」を実行するため、PoSシステムへの移行を検討する内容が話されたことがわかった。
米CFTCがビットコインキャッシュ先物を検討、アルトコイン 先物の先駆けとなるか
「Bitcoinドットコム」の取引所部門は、BCHの先物を上場させるために米商品先物取引委員会(CFTC)と協議を行なっている。アルトコインの先物の切り口になるか期待されている。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
Discord、ユーザーの収益化機能提供を示唆
コミュケーションアプリのDiscordは公式ツイッターで、ユーザー向けに収益化(マネタイズ)機能を提供することを示唆する内容のコメントを投稿した。
12:43
米コインベースが「バグ報奨金制度」を再考せざるを得ない理由
米大手仮想通貨取引所コインベースは、システムの脆弱性を発見・報告する「バグバウンティプログラム(報奨金制度)」の方針を再考すると発表した。背景に法的リスクの問題点が浮上している。
12:31
「仮想通貨技術の将来性は評価」ブラックロックCEOがFTX騒動に言及
破綻した仮想通貨取引所FTXに出資していた米投資大手ブラックロックCEOが直近の情勢についてコメント。FTXの状況を静観すべきと呼びかけつつ、仮想通貨自体は「非常に重要」と評価した。
12:04
米株指数リスクオン、MONAやXYMは思惑先行の急騰
パウエル講演のFOMC利上げ減速示唆により米株指数が大幅上昇。暗号資産(仮想通貨)市場ではバイナンスの日本進出発表を受け、モナコイン(MONA)やシンボル(XYM)が思惑先行の急騰を見せた。
12:00
NEAR財団、南米の加工食品会社と提携
仮想通貨NEARプロトコルを支援するNEAR財団は、南米の大手加工食品会社Grupo Nutresaのポイントプログラムを支援する計画を発表した。その他にも様々な組織と提携を進めている。
11:35
OpenSea、22年のロイヤリティ総額が10億ドル越え
NFT電子市場大手OpenSeaは、同サービスを利用するNFTクリエイターが獲得している手数料(ロイヤリティ)の総額が、22年に10億ドルを突破したことを発表した。
10:05
アニモカ、2,000億円規模のメタバースファンドを計画
Web3大手企業アニモカブランズは、メタバース企業に投資する最大約2,750億円のファンドを計画している。同社は仮想通貨市場が低迷する中、活発に資金調達を行っているところだ。
09:45
「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分
関東財務局は、仮想通貨交換業を営むエクシア・デジタル・アセット(旧LastRoots)に対し、行政処分を行なった。交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていないとし、処分の内容や理由を説明している。
08:15
通信アプリ「テレグラム」、独自のDEXを開発へ
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧