バイナンスCZ氏、20億ドル以上の個人資産は「99%仮想通貨」 銘柄は?

CZ氏がバイナンスの運営状況などに言及
CZ氏が自身の保有資産額やバイナンスが日々受けるサイバー攻撃の実情などを語った。個人資産については、20億ドル以上の資産額を認めつつも、99%が仮想通貨であることを明かした。

CZ氏がバイナンスの運営状況などに言及

バイナンスCEOのCZ氏がロシアの仮想通貨メディアForklogの取材に応じ、バイナンスの稼働状況や保有資産などに言及した。

25億3,000万ドル以上の資産を保有しているとされた同氏は、20億ドル以上の資産額を認めつつも、99%が仮想通貨であることを明かした。サイバーセキュリティについては、1日に5〜10回ほどのサイバー攻撃があるという。

CZ氏が語るサイバーセキュリティ

バイナンスは2通貨目の法定通貨として、ロシアの通貨ルーブル(RUB)を正式に追加。法定通貨から仮想通貨への直接取引サービスを拡大している。

ロシア語圏での事業拡大する同社だが、通貨を採用した根拠として、同社のユーザー属性がある。バイナンスは、すでにロシアからのユーザー数は、間違いなくトップ10入りしていると考えているほどロシアのユーザー層が厚いという。

ユーザーベースも、ビットコインホルダーの地理的分布に強い相関関係があると言及しており、地域別に高い需要がある地域で戦略を組んでいるようだ。

また、話は取引所のセキュリティにも及んだ。

世界最大手の仮想通貨取引所であるバイナンスは、毎日5回から10回程度のサイバー攻撃を受けていることを明かした。対応としては、10人のホワイトハッカーのグループと共に対処しているという。

その上で、この業界でバイナンスほど「最も安全な取引所」はないと、安全性の高さに自信を見せた。

CZ氏の資産

25億3,000万ドル以上の資産を保有していると噂されるCZ氏は、20億ドル以上の資産がある事については同意したものの、明確な回答は避けた。またそれら資産の99%が仮想通貨であることを明かし、その仮想通貨のほぼ全てがBNBによって占められているとして、BNBの将来性にベットしていると強調した。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ビットコインキャッシュ、ハッシュレート急変動をBitMEXが調査
大手仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXの研究部門が、ビットコインキャッシュのハッシュレートの変動性が10月に入って増加したことを発表。変動性は高いが、操作が行われた直接的な証拠はないと結論づけた。
【速報】仮想通貨取引所コインチェック、ステラ(XLM)の新規上場を発表
仮想通貨取引所コインチェックは11月1日、新たに「Stellar Lumens(XLM)」の取扱い開始を発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら