前インド準備銀行総裁が語る「仮想通貨XRPが規制懸念に強い理由」:Swell2019

前インド準備銀行総裁がXRPに言及

Swell 2019のゲストスピーカーとして登場した前インド準備銀行総裁のラグラム・ラジャン博士は、仮想通貨XRPとステーブルコインの違いを語った。

ラジャン博士は、「私は、XRPの役割を理解している」と話した上で、銀行規制に相当するステーブルコインを引き合いに論じた。

ステーブルコインでは、ペッグする価値を維持するために、裏付け資産の保持を含む一連の規制懸念が生じてしまう。

規制との仕組み上では、銀行とほぼ変わらず、取引コストなどの費用も考慮する必要がある。

一方、XRPは送金・為替の仲介手段として機能しており、裏付け資産で価値を約束するステーブルコインとは根本的に仕組みが異なる。

これは、Ripple・利用する金融機関・監督する政府にとっても、コンプライアンスのハードルが大幅に軽減することを意味する。

フェイスブックが主導する仮想通貨リブラをはじめ、いわゆる「グローバルステーブルコイン」は各国政府から懸念され、EUなどの地域では、ステーブルコインがもたらし得るリスクを制限する政策の動きも出ている。

以下Swellに参加している方が撮影したビデオ。

CoinPostの注目記事

「今年がベストイヤー」リップル社、SWELL開幕で最新発表 仮想通貨XRPも高騰
リップル社が主催するSWELLが開幕、早速新発表が行われた。CEOのGarlinghouse氏は、「2019年はRippleの最も良い年だ」コメント。仮想通貨XRPの市場も期待感で価格常用を記録している。
リップル最重要カンファレンス『SWELL 2019』、注目ポイントと仮想通貨XRPへの影響
米リップル社主催の最重要カンファレンス「SWELL 2019」が迫るなか、仮想通貨相場に影響を与え得るポイントを特集した。前回、前々回のSWELL時のXRP価格推移も掲載。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら