香港とタイの中央銀行 CBDC通貨の共同レポート発表へ

CBDC通貨の研究で協力

香港金融管理局(中央銀行:HKMA)とタイ中央銀行(BoT)は、中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)の有用性をリサーチし、共同で作成したレポートを2020年第1四半期(1〜3月)までに発表する予定と判明。

HKMAが先日に本内容を発表したと、現地メディアEJ Insightが報じている。HKMAとBoTは今年5月、中央銀行発行のデジタル通貨のローンチによるメリットやリスクの研究を共同で行うことを検討していることが明らかになっていた。

関連香港金融庁とタイ銀行がフィンテック分野でのパートナーシップ締結へ

HKMAとBoTはそれぞれ「LionRock」と「Inthanon」というプロジェクトで、企業レベルでのCBDCの利用について別々にリサーリを行なってきた。HKMAは2017年からLionRockプロジェクトに、BoTは2018年からInthanonプロジェクトに取り組んでいる。また共同で、香港とタイの銀行間でCBDCを利用し、多通貨同時決済(payment-versus-payment:PvP)をどのように円滑に行えるかも研究しているという。

EJ Insightの報道によるとHKMAは、中国人民銀行(中央銀行)のデジタル通貨リサーチ機関とも共同でプロジェクトをいくつか行なっているという。

HKMAの幹部Edmond Lau氏は現状について「我々はデジタル通貨の機関利用に特化している。小売対象の消費者に向けた発行の必要性は考えていない。言い換えれば、HKMAは銀行間や企業レベルの支払いと証券決済に向けた利用を計画している」と説明した。

関連中国人民銀行、デジタル人民元の発行を正式に示唆


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら