「中国軍の報酬に仮想通貨を」 公式メディアが提案

軍の報酬として仮想通貨を付与か

中国軍の情報を提供する公式メディア「PLA Daily」が12日、パフォーマンスに応じた報酬として中国の軍隊に仮想通貨を付与することができると提案したことが分かった。銘柄に関しては言及していない

中国では先月、習近平国家主席は国策としてブロックチェーン技術の活用を推進すると発表した。軍隊もブロックチェーンを導入するのであれば、報酬を仮想通貨で付与することができるとの提案だ。

中国では仮想通貨の取引は以前より表向きでは「禁止」されている。しかし最近、国営通信社である新華社は「ビットコインはブロックチェーン技術で最初に成功したアプリケーション」と報じた。中国政府の態度軟化ではないかと見られている。

関連中国情報通が語る 「デジタル人民元」の真意 中国の仮想通貨取引の事情とは 

ビットコインを始める仮想通貨の基幹技術として生まれたブロックチェーンは、技術力と汎用性の高さから、様々な分野で応用が進んでいる。データの改さんが事実上不可能とされ、こういった特長を利用するべく金融業界以外でも活用しようとする動きは世界でも見受けられる。

もちろん軍の運営にも応用は可能だ。PLA Dailyによると、軍事機密データの保存、また一般社会同様、物流を初めとするサプライチェーン管理にも活用できるだろう。ブロックチェーンに記録される情報には透明性が高いという特長もあるため、軍のトレーニングや試験の結果の保存にも役立つだろう。

参考:South China Morning Post

CoinPostの注目記事

中国『人民日報』、国策ブロックチェーンの巨大産業で「仮想通貨」の記述
中国共産党中央委員会の機関紙である「人民日報」は11日、ブロックチェーンの国内成長率に関する記事の中で、ブロックチェーン技術が可能にする多種多様なアプリケーションシナリオの一環として「仮想通貨」も含まれるとする文章を掲載した。
中国国営新聞社『ビットコインはブロックチェーン最初の成功事例』 仮想通貨関連報道に変化か
中華人民共和国の国営通信社である新華社が、『ビットコインはブロックチェーン技術で最初に成功したアプリケーションだ』と報じた。仮想通貨に関する報道内容に変化が見られている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら