クリプト大国マルタの表裏:マルタ海外ツアー体験記

世界中から注目されるデルタサミット

マルタのデルタサミットはBinanceのCZなどクリプト系では大変有名な方々が集まるようなイベントですが実際に参加してみていかがでしたか?

はい、10月2日にブロックチェーンカンファレンスで有名なデルタサミットに参加しました。今までで一番会場運営がしっかりとされていましたね。ブロックチェーン業界でとても有名なイベントなだけありました。海外企業が運営するイベントなので会場設営もユニークで会場中心部にスクーターのボルトが置かれていたり、ブロックチェーンイベントですが、参加者が楽しめる体験型アトラクションもありとても魅力的でした。

また、登壇の反応がよかったです。終わった後もブースに来てくださった方も多くいらっしゃいました。そして、そういった方々から我々のやろうとしている、トークンとビジネスモデルであるブロックチェーンの融合ができそうだと共感もいただいております。既存のビジネスモデルに当てはめたときにそこまで乖離が生まれなさそう、あるいはゼロから既存の仕組みを壊していくような方法ができそうだねというような声をいただきました。

クリプト大国マルタの意外な一面

ヨーロッパでいうとマルタがクリプト大国、アジアでいうとシンガポールがクリプト大国のようなイメージがありますが、どのような方々が参加されていましたか?

ヨーロッパ系の方々が多かったですね。ただブロックチェーン大国、マルタに対する評判が思っていたのより悪かったのは驚きでした。実はマルタを危険視している人が多いようです。 なぜかといいますと、マルタはやはりタックスヘイブンみたいな扱いを受けており、そろそろアメリカが規制をかけるのではないかということをみなさん話されていました。

私もこの出張中にスイスそして、ロンドンにも訪問しています。その際は規制や政府の対応などもしっかりとされているという声を現地の方から聞きましたが、マルタはある意味オープンになりすぎていて、ビジネスをするにはおすすめしないと言われたことが印象的でした。

ただ個人的には国としてとても好きです。

なぜならマルタには3年間連続で3つの大きな法律を立てているという背景があるからです。

1つ目は、2017年に成立したブロックチェーンの法案です。ブロックチェーン、暗号資産の関係の法案を立てました。そして取引所をライセンス化しました。細かな規制面はこれからですがただ大枠は決まっています。

2つ目は、2018年に成立したAIの法案です。その法案を立てた後、ブロックチェーンイベントはAI、ブロックチェーンサミットのように一緒に行われることが多くなりました。

3つ目は、2019年に成立させる予定になっている宇宙開発に関する法案です。 その3個の大きな法案を3つ毎年掲げ「やります。」と国として注目を引こうという施策がマルタのやり方で、さらには税率も安いということをアピールしています。ただ、実際はブロックチェーン企業がマルタ内で働いていることは少なく、本拠地の籍を置くだけの企業が多いそうです。

やはり、これではまだまだインフラが整っていないということになるでしょう。マルタはヨーロッパの人がバカンスに訪れるような国であり、仕事の場所としては見られていなかったです。国として法案や税金で、企業の場所を作りはするのですが実際には人がそこで働いていないので報道されている姿とはだいぶ違うと感じました。

マルタで展開できる事業の向き・不向きとは

シンガポールはどちらかというと金融の都市というイメージがありますが、マルタはまだタックスヘイブンの小国というイメージでしょうか?

そのイメージから抜け出せていないでしょう。抜けるためにはおそらく、AIやブロックチェーン全部に手を広げるのではなく、1個に集中した方が良いと思いました。マルタの大手銀行のチーフビジネスディベロプメントオフィサーの方と知り合いなのですがマルタ人はお金になったら何でも平気でするよと言われました。良い意味でも悪い意味でも裏表がある国だなと思います。さらにこの国の人々は絶対に政党や政治のポリシーに関しては口外しない国なので、少しビジネスをやる怖さがありました。なので、他国の企業がマルタを選ばない理由が分かったような気がします。その文化が変わらない限り我々もビジネスとしては難しいと思っております。

やはりビジネスをするなら、ロンドンみたいな雰囲気が良いでしょう。根底としてはトークンは別にお金儲けの道具ではないと考えつつも取引所が点在している、このような状況が本来あるべき姿であり、インキュベーションのお手本になりうるところです。確かにトレーディングも大事ですし、技術的な話も大事です。マルタではどちらもやらないと駄目だよねという印象があります。もしかするとクリプトの人はそちらの方が好きなのかもしれないと私は思いました。デブコンのようなブロックチェーンではなく。どちらかというとマルタではクリプトを正しくやる人がいそうな感じでした。

CoinPostの関連記事

国内外を繋げる橋渡しをしたい!AIreが目指すインキュベーションとは
ブロックチェーン業界交流イベントを開催 現在弊社ではインキュベーションを国内で作っていけたらと考えております。国内企業が海外に繋がれる...
クリプトアイランドを目指す韓国市場:韓国ツアー体験記
韓国のブロックチェーンイベントD.FINEの特色とは 韓国のブロックチェーンイベントD.FINEに参加された時のイベントの雰囲気や...


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用