廃棄天然ガスをビットコイン採掘に利用 新たなマイニングファームが誕生

7000万ドル調達、余剰ガスをマイニングに利用

廃棄天然ガスをエネルギー集約型コンピューティングに再利用するサービスを提供している米クルーソー・エナジー・システムズ社 (本社デンバー) が、新しいビットコインマイニング施設を建設することがわかった。

来年にも約1メガワットのマイニング機械を70台設置予定で、プロジェクトために新たに7000万ドルを調達したという。

資金調達では、エクイティで3000万ドルとプロジェクトファイナンスで4000万ドルという2つのラウンドから成っており、エクイティのラウンドでは既存の投資家であるベインキャピタル・ベンチャーズと新たな投資家であるKCKグループが主導、Founders Fund、Winklevoss Capital(ウィンクルボスキャピタル)、Polychain Capitalなども参加した。4000万ドルのラウンドは、ニューヨークを拠点とするクレジットファンドであるUpper90が主導したという。

Winklevoss Capitalは5月、ベインキャピタル・ベンチャーズがリードしたクルーソーの450万ドルのシードにも参加している。

ガスフレアリング

クルーソーはビットコインマイニング施設などのプロジェクトを通じて、深刻化するガスフレアリング(パイプラインの十分な容量がない場合にエネルギー会社が余分なガスを焼却処分すること)の問題を解決しようとしている。同社は世界銀行の「Global Gas Flaring Reduction Partnership」のデータを引用し、「米国では年間約4970億立方フィートの天然ガスが焼却されており、これは1000万世帯に電力を供給するのに十分な量だ」と述べている。

クルーソーはビットコインマイニング施設などで廃棄されていたはずの約1000万立方フィートのガス(日毎)を利用する計画だとしており、「これは石油・ガス産業の環境・経済問題を解決する非常に創造的な方法だ」とUpper90の最高投資責任者Alex Urdea氏は述べている。

発表によると、クルーソーは2020年前半までに最大40台のDigital Flare Mitigation(DFM)システムを配備する計画だという。同社は現在、ワイオミング州のパウダー川盆地、コロラド州のデンバー-ジュレスバーグ、ノースダコタ州とモンタナ州のバッケンの3つの油田でフレア緩和プロジェクトを実施している。同社のDFMシステムは1日に数百万立方フィートまで拡張可能で、米国やカナダのどこにでも設置できるという。

米国は新たな「中国」になりつつあるか?

米国は仮想通貨(暗号資産)マイニングのための新たな「中国」になりつつあるようだ。つい先月、米WhinstoneとNorthern Bitcoin AGが合併し、テキサス州に100エーカーのビットコインマイニングファームを開設したばかりだ。中国のマイニング会社大手Bitmainも「世界最大のビットコインマイニング施設」と標榜し、最近50メガワットのマイニングファームをテキサス州に立ち上げた。Digital Currency Groupが支援するLayer1は、最近テキサス州でのマイニング用チップの製造と専用の変電所の運営のために5000万ドルの資金調達を行なった。

The Blockは最近、テキサスにおけるビットコインマイニングの利点の一つは豊富な電力資源と安価な電力価格であると報じた。しかし、それがビットコインマイニング会社が州に群がる主な理由ではない。むしろ、規制の安定性が重要な推進力であると、当時複数の業界関係者がThe Blockに語った。Iterative CapitalのリサーチリーダーであるLeo Zhang氏は、中国のビットコインマイニング業者は通常、地元の政治的・社会的文化を深く理解し、マイニング事業を立ち上げるために相当なコネを持っている必要があるという事実に言及、「中国ではマイニングは汚いビジネスだ」と述べた。

しかし現在、仮想通貨マイニング市場の約70%は中国のマイナーによって支配されており、上位5つのマイニングプールもすべて中国に拠点を置いている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。