テレグラム、ICO調達資金の送金・保管にBNYメロンとクレディ・スイスを利用

BNYメロンとクレディ・スイスが関与

独自仮想通貨Gramの有価証券問題で米証券取引委員会(SEC)と係争中のメッセージアプリ大手「テレグラム」だが、 昨年のトークンセールで調達した17億ドル(約1800億円)の資金の送金と保管に、カストディ世界最大手BNYメロンと大手投資銀行クレディ・スイスを利用していたことがわかった。

米仮想通貨メディアCoinDeskは、12月10日に公開された裁判所への提出書類に含まれていたテレグラム社員のメッセージを引用し、どのように調達資金が処理されたか報道しているが、その内容は以下の通りだ。

投資家の独自トークンGram購入交渉過程におけるメッセージで、テレグラム社員であるShyam Parekh氏は、スウィフトネットワーク経由でクレディ・スイスに資金を送金するための国際銀行コードを提供するとともに、次のように説明したという。

「BNYを通じて資金を受け取るが、BNYは資金をCS(Schweiz)AGに送付し、最終的にはクレディ・スイスAGに入金される」

この件について、BNYメロンとクレディ・スイスはコメントを控えている。

さらに、提出された他の一連のメッセージからは、投資家の名前と投資金額など、17億ドルの資金調達の詳細も明らかになってきている。主なものは以下の通りだ。

  • Kleiner Perkins (投資ファンド) 3,000万ドル
  • Lightspeed China (Lightspeed Venturesの中国支部) 2,500万ドル
  • FBG Capital     1,000万ドル
  • Elysium Ventures管理ファンドを介した個人投資家 総計 1,200万ドル

    Matt Mullenweg (Wordpress 創設者)

    Naveen Selvadurai (Foursquareの共同設立者 )

    Jeremy Stoppelman (Yelp共同設立者CEO)

    Om Malik (True Venturesパートナー)

    Alexia Bonatsos(TechCrunchの元共同編集長 )

    Lee Linden(モバイルコマースプラットフォームKarma )

    Silas Chou(香港服飾界の億万長者)

さらにテレグラム社の元最高投資責任者であるJohn Hyman氏のメッセージからは、テレグラム創設者兼CEOのPavel Durov氏との関連から、ロシアをはじめとする独立国家共同体諸国(旧ソビエト連邦の共和国群)やイスラエルから多額の投資が行われていることが明らかになった。

イギリス在住のJohn Hyman氏に対しては、SECは国際司法支援を通して、イギリスの高等裁判所に出頭し証言を行うよう米地方裁判所へ要請、承認されている。

訴訟の背景

SECは10月、テレグラムの独自仮想通貨Gramが未登録の有価証券にあたるとして、10月31日に予定されていたローンチの緊急差し止め命令を裁判所に要請すると同時に、テレグラム社を証券法違反で提訴した。

それを受けてテレグラムは、投資家に資金の返済かTONメインネットローンチの延期かの選択を委ねたところ、大半の投資家がローンチの延期を希望する結果となった。

テレグラム側は、再三アドバイスを仰いだにもかかわらず、有価証券の定義と証券法への違反行為を明確に示さなかったSECに落ち度があると主張し、真っ向から裁判で争う姿勢を示している。

法廷での審議は2020年2月18日、19日の両日が予定されているが、それに先立ち、テレグラム社副社長の Ilya Perekopsky氏は12月16日にロンドンで、またCEOのPavel Durov氏は2020年1月7日もしくは8日に、非公開の場所で、それぞれ質問を受ける予定となっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します