CoinPostで今最も読まれています

インフレ加速するベネズエラ、決済手段としてBCHが有望視

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ベネズエラの原油減産に歯止めかからず、ハイパーインフレが進む
外貨収入のほとんどを石油産業に依存するベネズエラで、石油の減産が進んでいます。この状況が続けば、ベネズエラの経済は悪化し、インフレを加速させることは避けられません。
国内でビットコインの需要増、マイナーも10万人規模に
国内に外貨が枯渇する中、個人の資産を守るためにビットコインに注目が集まっています。ベネズエラの電気代は非常に安価で、マイニングで生計を立てようとする人も増えてきています。
政府が発行予定の仮想通貨、ペトロには法的な危険性も
近い将来、ベネズエラ政府も独自の仮想通貨「ペトロ」を発行するかもしれません。しかし、経済制裁を課している米国政府はそれを容認しないでしょう。
送金手数料の安いビットコインキャッシュが決済手段として脚光を浴びる
経済危機に直面するベネズエラにおいて、送金手数料は重大な問題です。送金手数料の安いビットコインキャッシュが決済手段として普及するかもしれません。

外貨収入のほとんどを石油産業に頼るベネズエラで、石油産出量が減少し続けています。

インフレが加速するベネズエラでは、仮想通貨に注目が集まっていますが、その中でもビットコインキャッシュは決済手段として有望視されています。

ベネズエラの原油減産に歯止めかからず、ハイパーインフレが進む

石油輸出国機構(OPEC)が1月18日に公表した集計によると、2017年のベネズエラの原油生産量は日量207万2000バレルで、2016年比で約13%減少しました。

産油国は昨年、OPEC主導の協調減産を2018年末まで延長することで合意しましたが、ベネズエラは6年続く原油生産の減少に歯止めを掛けることができずにいます

ベネズエラは外貨収入の96%もを石油産業に依存しています。

したがって、石油生産が減少することは、自国の景気後退とハイパーインフレを引き起こすことにつながります

原油生産がさらに減れば、外貨収入の道を絶たれたベネズエラは完全な債務不履行に陥るかもしれません。

ベネズエラの法定通貨であるボリバルは信用を失いかけており、国際通貨基金(IMF)は2018年のベネズエラのインフレ率は2300%を超えると予想しています。

ビットコインマイナー10万人規模に

ベネズエラにおけるハイパーインフレーションが進む中、中央主体がおらず、マイニングできる仮想通貨に注目が集まっています。

ベネズエラの電気代には助成金が出ており、人々は実質無料で電力を使用できるため、ビットコインマイニングへの参入者が増加しています。

ベネズエラ政府はビットコインマイニングをする人々に対してオンラインでの登録を要求していますが、現状ではマイニングは禁止されていません。

一方、ベネズエラ国内ではビットコインの需要は急増しており、ビットコインの売買を仲介するLocalbitcoinsでは10月の出来高が645億ベネズエラ・ボリバルの高値をつけました。

これは、実質レートでは200万米ドルほどの計算になります。

ペトロトークンは安定したベネズエラの自国通貨となり得るか?

一方、ハイパーインフレに悩まされるベネズエラ政府も、近い将来、独自の仮想通貨を発行する可能性があります。

「ペトロ」と名付けられたそのトークンは、石油に裏付けされるのではないかという憶測が飛んでいます。

ロイター通信によると、ペトロトークンのホワイトぺーパーはまだ公式に発表されていませんが、二コラ・マドゥロ大統領は、近いうちにホワイトペーパーを作成すると述べています。

しかし、ベネズエラへの経済制裁を行なっている米国はペトロトークンを容認しておらず、米国財務省は、ペトロトークンを購入した投資家には法的干渉を行う可能性があると警鐘を鳴らしています。

ビットコインキャッシュが決済手段として脚光を浴びる

ハイパーインフレを経験しているベネズエラ国内で、仮想通貨が注目を集めていることは間違いありません。

しかし、ビットコインは、そのトランザクションスピードと送金手数料の問題から、決済手段には向いているとは言えません。

また、政府が発行を目指す独自の仮想通貨ペトロにも、法的リスクが存在します。

そのような中で、ビットコインキャッシュが今後、決済手段として注目され始めています

ビットコインキャッシュは、ビットコインよりもトランザクションスピードが速く、送金手数料も安価です。

石油の基盤を失い、貧しくなったベネズエラでは、送金手数料は非常に重要な問題です

多くの仮想通貨と同様、ビットコインキャッシュも法定通貨に対して高いボラティリティを持っていますが、多くの店舗でビットコインキャッシュでの支払いが受け入れられ、国内の経済活動がビットコインキャッシュ同士で行われるようになれば、ビットコインキャッシュはベネズエラの安定した決済手段となるでしょう。

Can Bitcoin Cash Rescue Venezuelans?

January 16, 2018 3:58 pm by TRUSTNODES

参考記事はこちらから

Venezuela says ‘false information’ published about petro cryptocurrency

JANUARY 18, 2018 by REUTERS

参考記事はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、「ビットコイン2024」で円卓会議の資金調達を予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア