CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨の価格推移で重要な投資者の感情をSNS上で集計するBOTが話題に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

市場の感情分析
Twitterでリアルタイムで更新される情報を元に、特定の通貨に対する好意や嫌悪感を可視化させるWatson’s Reportsというbotが話題になっています。これは、毎時間更新され、市場でどの仮想通貨に対して、どのような感情が向けられているのかを把握することができます。
市場の感情分析とBTC価格
12月に公開された「市場の感情がビットコイン価格推移の説明に繋がる」という研究論文でBTCの価格は市場の感情分析を用いて正確に説明することができると述べられています。
botの使用用途
botは様々な用途で使用されるようになってきています。今後、AIやbotがさらに普及してくると、多くのトレーダー達が今まで以上に、コンピュータで兆候を読み取るようになってくるでしょうと述べられています。

市場の動きを予測したい投資家にとって、分析できるデータが多いに越したことはありません。

トレンド分析及び、ファンダメンタル分析で使われるような従来の検索パラメーターとは別に、オンライン上には多くの手がかりが散在しています。

その一つが、Twitterなどの公共ネットワーク上で仮想通貨に対する一般的な感情を識別する社会分析です。

あるbotは、これを毎時間行い、どの通貨がポジティブな感情を向けられているか、どの通貨がネガティブな感情を向けられているのかを公開しています。

社会分析が市場の感情を明らかにする

Twitterはbotで溢れかえっています。

数あるbotの中には、悪意があるものやスパムユーザー、偽のニュースを拡散するようなbotもありますが、それら以外には非常に有益なものも存在しています。

例えば、Watson’s Reports は、人々が仮想通貨に対してTwitter上でどのようなことを呟いているのかを毎時間公開します。

このトレンド分析botは、データ分析者のCrypto Watson氏によって開発され、仮想通貨で何が話題になっているのか、さらに、市場の感情を分析し、どの仮想通貨がポジティブな、または、ネガティブなリプライを受けているのかが公開されています。

この記事の執筆時点での最新のアップデートによると、予想通りにビットコインが3000件以上ものリプライに使用され、頭一つ抜きん出ています。

それに続いて、Waves(1491件)、Ethereum(1407件)、そして、XRP(1030件)が続き、さらに、Litecoin、NEO、Verge、TRON、Stellar、Bitcoin Cashが続いています。

ビットコインは変わらずその地位に止まっていることが多いものの、このリストの上位10通貨は、その時のニュースによって他の通貨が出たり入ったりしています。

しかし、特定の通貨が話題になっていることと、人々がその通貨を所有または、実際に投資するかどうかは別問題なのです。

実際に、話題になっている通貨のいくつかは、一番嫌われている通貨の一つであったりもします。

12月に公開された「市場の感情がビットコイン価格推移の説明に繋がる」という研究論文では、このトレンドについてより詳しく記述されています。

論文作成者は、以下のようにまとめました。

「メトカーフの法則の概念も取り入れると、BTCの値動きはSNS上でのポジティブと識別された市場の感情量を用いて正確に説明することができます。

予測として、BTCの価格は取引者の需要と供給のバランスで結成され、市場の感情によって大きく左右されます。

さらに、市場の感情は、その価格自体にも大きく左右されることからも、循環的な双方向の再帰性を持つと言えるでしょう。」

嫌われても無視されるよりは良い

Watson’s Report bot によると、ビットコインは1時間単位で最も多いネガティブな感情量(11.5%)を記録しています。

ビットコインの独占率を考慮しても、結局嫌う人は嫌うのです。ポジティブと識別されたものとネガティブと識別されたもののランキング上位通貨を見てみると興味深い通貨があることがわかります。

ポジティブと識別されたリプライが多かったのが、シア(20.6%)、ジークラシック(19.5%)、デジバイト(18.7%)で、ユービック、ステラが続き上位5通貨を形成しています。

ネガティブと識別されたものは、ビットコインの次に、イーサリアム(6.1%)、ライトコイン(5.3%)、ビットコインキャッシュ(4.9%)、テンエックス(4.6%)が上位に入っています。

botは、毎時間分析をアップデートするため、このトレンドはある程度動的でビットコインを除き、多くの仮想通貨が出たり入ったりしています。

社会分析が市場トレンドの仲裁になり得るかどうかは、投資家の器量にかかっています。

多数のbot

何GBもの摘出可能なデータをリアルタイムで提供するTwiterのような公共データベースは、botの情報を活用するのに最適です。

例えば、プログラマー達は、もしTwitterトレーダーのアドバイスに従い自動的に売買を行なった場合の投資家の収益を分析するためにもbotを開発しました。

他のbotは、ある通貨の買い出来高が急激に増加した際にツイートしたり、TelegramのbotであるCryplerは、新しい通貨が取引所に追加された際にツイートします。

AIやbotの使用が高まれば、トレーダー達は少しずつその兆候をコンピュータから取ってくることが増えるでしょう。

しかし、少なくとも当分の間、最良のトレーダーは、本能や直感、特性というbotが感知できない要素を持ち合わせている人々のことを指すでしょう。

Trend Analysis Reveals the Most Loved and Hated Cryptocurrencies

Jan 23, 2018 by Kai Sedgwick

参考記事はこちらから
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア