トレンドマイクロ、東南アジアで仮想通貨マイニングのマルウェア感染を約8割抑止

ASEANでクリプトジャッキング対策

サイバーセキュリティ企業トレンドマイクロ社は8日、インターポール(国際刑事警察機構)と協力し、東南アジアでマイニングのマルウェアに感染したユーザーの数を78%減少させたことを発表した。

トレンドマイクロ社は今回、インターポールのサイバーセキュリティに特化した機関「INTERPOL Global Complex for Innovation(IGCI)」と協業。シンガポールにある同機関と共に、クリプトジャッキングをターゲットに対策を講じた。クリプトジャッキングとは、他者のコンピューターのリソースを使って不正にマイニングを行う犯罪行為だ。

トレンドマイクロ社は昨年6月、ASEAN(東南アジア諸国連合)の法執行機関と会議を行い、クリプトジャッキングの規模や対策について議論を開始。その数ヶ月後に、「Cryptojacking Mitigation and Prevention」というガイダンスを作成した。

ガイダンスでは、MikroTik社製のルーターの脆弱性を指摘し、ハッカーがマイニングに使うCoinhiveのJavaScriptを発見・削除する方法を説明。ASEAN10カ国の専門家や警察が、マルウェアに感染したルーターの発見や被害者への周知に取り組んだ。被害が確認されたルーターは合計2万台を超え、11月までに被害者の数を少なくとも78%減少させたと説明している。

クリプトジャッキングの攻撃は、ハッカーの収入源として増加傾向にあるいう。

その理由は、被害者がマルウェアに感染していることに気づきにくいからだ。マルウェアは機器の中に潜み、バックグラウンドで24時間仮想通貨のマイニングを続ける。企業のITシステムやクラウドサーバーを狙うハッカーの数も増えているが、比較的セキュリティが弱い家庭のコンピューターシステムをターゲットにするハッカーが多いと説明している。

参考:トレンドマイクロ社

CoinPostの関連記事

中国セキュリティ企業、Google Chrome対応マルウェア「Ledge Secure」に警告
中国のブロックチェーンセキュリティ企業は、Google Chrome対応の拡張マルウェアLedge Secureユーザーに対し、仮想通貨の「秘密鍵」盗難被害があると警告を発した。
現在も絶えない仮想通貨モネロ(XMR)「マイニングマルウェア」の脅威|独自考察
トレンドマイクロ社が、仮想通貨モネロ(XMR)をマイニングするマルウェアの脅威について報告書を公開した。当該脆弱性の分析、そして現在も存在している端末に侵入してマイニングを行うマルウェアについて確認していく。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら