バイナンスが韓国仮想通貨企業に出資 韓事業計画の一環で

バイナンスが韓国に

バイナンスは韓国の仮想通貨企業BxBに出資、株を所得した。出資と同時に、同国でのカスタマーサポートセンターの運営提携も行うという。

公式発表で判明した提携に関して、Coindesk Koreaの報道によると、バイナンスは約43万ドルの資金を投じた。CZは出資と提携に関して、「現在、BxBとの協力のもと、韓国の市場で事業計画を進めている」と説明した。

バイナンスは2019年に、韓国で法人を設立。韓国の顧客に対応できるカスタマーサポートスタッフの募集を行なっていた経緯がある。

今回の出資および提携は、バイナンスが韓国の法定通貨「ウォン」を取り入れるための施策、または取引所としての進出の可能性が指摘されており、その理由には韓国では登録された取引所のみがウォンの銀行口座利用できるという制度がある。

BxBは2019年、ウォンにペッグするステーブルコインをローンチしており、法定通貨ウォンと仮想通貨に関わるサービスを提供している。

現在本家バイナンス取引所では、計24の法定通貨に対応している。一方、韓国ウォンと日本円には未対応だ。

参考:バイナンス

CoinPostの注目記事

仮想通貨取引所バイナンス、欧州3ヶ国の法定通貨に新規対応 
全180法定通貨を目指すバイナンスは引き続き、3つの法定通貨に新規対応。
豪州の森林火災で、バイナンスが100万ドル相当の仮想通貨BNBを寄付
豪州森林火災で8000頭のコアラが犠牲になるなど、深刻な被害に対して、世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスは仮想通貨の寄付を募集開始した。自ら100万ドル相当のBNBを寄付する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用