CoinPostで今最も読まれています

米経済学者、「インフレ率」から半減期後のビットコイン(BTC)価格を考察

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

インフレ率の観点からBTC半減期を議論

2020年5月頃に半減期を迎える予定のビットコイン(BTC)

史上3回目となる半減期の重要性と、それに伴う価格上昇の可能性を、経済学者のピーター・C・アール氏は論じている。アール氏はアメリカ経済研究所の経済学者であり、米NYのウォール街でトレーダー、アナリストとして活躍してきた経歴の持ち主だ。

アール氏はインフレーションの観点から半減期について説明し、ビットコインは半減期後、法定通貨などに対しても、競争力ある価値保存手段となる「経済学的に明確な理由」を持ち得ると主張する。

インフレ理論で見るビットコインの価値向上

アール氏の主張と論点は、以下の通りだ。

半減期を迎えるとビットコインの採掘報酬は、現在の12.5BTCから6.25BTCに低下する。

現在のビットコインの「インフレーション」の年率は3.7〜3.8%であると考えられる。(1日あたり平均144ブロックで、約1800の新たしいBTCが生成されることにより)。

一方、半減期後のインフレ率は現在の半分となり、年間約1.8%の割合と低下するとの試算だ。この割合は理論的には、米国連邦準備制度(FRB)の目標である年間インフレ率=2%よりも低い割合に。

FRBやその他各国政府の中央銀行は、インフレ率の目標を立てるが、達成には失敗している状況にある。それでも彼らは経済に直接流動性を供給する量的緩和など、ハイリスク・ハイリターンな政策を続けていると、アール氏は指摘している。

その一方で、ビットコインの供給量が限られていることは、インフレが購買力に与える影響を熟知している投資家やトレーダーにとって常に魅力的だった。ビットコインでは、供給量が定められ、その発生を予測可能で透明なプロトコルに準拠させるという点で、量的引き締めとして知られる金融政策に極めて近似したものになる。様々な中央銀行が行う、量的緩和とは反対の政策である。

ビットコインのインフレ率は、名目インフレ率と実質インフレ率(物価変動を加味したインフレ率)のいずれよりも低いため、その利用がますます投機的ではなくなっていく可能性が高いとしている。

この仕組みはビットコインの魅力を増し、価値の保存手段としての側面を強調、BTC価格の上昇傾向を引き起こす可能性もあると、アール氏は指摘した。

したがって、価格上昇へと繋がる可能性もあると論じた。

BTC採掘業者の動きにも注目

過去の2回の半減期の後では大幅な価格上昇が観測されたことから、今回の半減期にも期待する投資家や有識者は多く見られる。2012年の半減期後には、ビットコイン価格は年間8200%上昇、2016年の半減期後には、18カ月間で2200%を超える高騰につながった。

一方で、当時のとの相場環境の違い市場の成熟度、2018年以降の相場低迷を背景に、今回の半減期では以前のような急激な価格変動は繰り返さないと意見する識者もいる。

著名アナリストWilly Wo氏は、マイニング業者による売り圧に注目し、昨年11月時点で「下落トレンドに加え、マイナーも売却を続けているため、現在の状況は以前とはまったく異なる」との見解を示している。

参考:アール氏の論点

CoinPostの注目記事

ビットコイン(BTC)大幅続落、ブルは影をひそめる|仮想通貨市況
仮想通貨ビットコイン(BTC)は19日の短期天井シグナルから一旦レンジ相場へと移行したものの、保ち合いを下方ブレイク。アルト市場も全面安となるなど、短期下落トレンド転換を鮮明にしつつある。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物のスニーカーと引き換え可能なNFTドロップを実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン Japan Open ChainのIEO実施を計画
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧