仮想通貨イーサリアムのASIC対策「ProgPoW」移行スケジュールが決定

「ベルリン」アップデート後にProgPoW導入予定

イーサリアムの次期アップデートで、ProgPoWへの変更が行われるスケジュールが決定した。一方、イーサリアム創始者Vitalik Buterin氏は今回の決定プロセスに憤慨しているという。

ProgPoW(Programmatic Proof-of-Work)はイーサリアム用のマイニングASICに対抗するために考案されたPoWアルゴリズムで、昨年初頭に実装が決定、監査が行われていたが実装次期は未定であった。

イーサリアムの現行PoWアルゴリズムであるEthashにはASIC耐性が備えられていたが、2018年ごろからBitmainの「Antminer E3」をはじめとするEthashに対応するASIC開発が相次ぎ、コミュニティ内でASICへの対応が議論されてきた。

関連仮想通貨イーサリアムのASIC対策「ProgPoW」の実装に大幅な遅れか

そういった背景がある中、イーサリアムハードフォークコーディネーターのJames Hancock氏が21日、Twitter上で6月の「ベルリン」アップデート後の3週後の水曜日にProgPoWへ移行するとのスケジュールを発表した。

これに対し、Vitalik氏は以下のようにツイートし、批判している。

ProgPoWが隠れて再承認されるようなやり方では、人々に安全なガナバンスへの信頼を感じさせるには難しい。コミュニティに聞き入れてもらうためには、もっとシンプルで大きな声を張り上げなければならないとTwitterユーザーに思わせることになった。

なお、Vitalik氏はProgPoW自体の導入には中立的であり、今回はその「意思決定プロセス」のみを批判している。

参考:Vitalik Buterin Criticizes the “Ninja-Reapproved” ProgPoW

CoinPostの注目記事

仮想通貨ETC「ハッシュレート大幅下落」の原因が判明 イーサリアムも4月に警戒か
仮想通貨イーサリアムクラシックのハッシュレートが大幅に低下した原因が明らかになった。ビットコイン含め重要なマイニングハッシュレート、今後の影響を解説。
イーサリアムの開発者コミュニティ、新アルゴリズム「ProgPoW」に関して再び議論
15日に開催されたイーサリアム開発者会合にて、ASICマイニングの耐性を強化する新たなアルゴリズム「ProgPoW」について意見が交わされた。ETH保有者が投票できるコミュニティサイトによると大多数が新アルゴリズム導入に賛成の見方である。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら