CoinPostで今最も読まれています

ライトコイン(LTC)の価格上昇が期待されている理由

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新しい決済サービスとAliantの統合
LitePay及び、LitePalによるライトコイン(LTC)は、新しい決済処理サービスがLTC加盟店のさらなる増加や、Aliantの決済システムがLTCと統合することで、一層の注目を浴びています。
下落期のハッシュレート上昇
ライトコイン(LTC)は、仮想通貨が下落期にあった中でも、史上最高のハッシュレート及び、セキュリティを記録、130TH/秒で日々強固になってきています。

LitePay及び、LitePalによるライトコイン(LTC)は、新しい決済処理サービスがLTC加盟店のさらなる増加や、Aliant決済システムがLTCと統合されることにより、一層の注目を浴びています。

またライトコイン(LTC)は、仮想通貨が下落期にあった中でも、史上最高のハッシュレート及び、セキュリティを記録しました。

実際、Eコマースの大手であり、WordPressの所有者でもあるWooCommerceは、加盟店が自身のビジネスで決済を受け取ることができる複数のプラグインを持っており、ライトコインが競合の中で頭一つ抜きん出ていると語っています。

下記にあるのが、Litecoin FoundationのFranklin Richard氏のツイートです。

ライトコインのハッシュレート及び、ネットワークセキュリティは史上最高値を更新しており、130TH/秒で日々強固になってきています。

LitePay、LitePal

LitePayは2月中に、LitePalは2018年後半に開始予定です。LitePalは、下記の記述にもある通り、おそらく最も注目されるものとなるでしょう。

「LitePalは、ライトコインで最初の決済処理機能を担います。私達は、一つに合理化され、シンプルで、複雑でない過程を持つライトコインが世界中の加盟店によって使用されている仮想通貨の世界を見据えています。@SatoshiLite LTCを作ってくれて、ありがとう、私達はみんなこの通貨が好きです!」

新しい取り組みは、潜在的な利用者数に着目するべきですが、Paypalや、ウエスタンユニオン、ビットコイン(BTC)との互換性を持ち、LitePalが多くの新規参加者をライトコインネットワークに引き入れると公約していることからも、期待感が伺えます。

Aliantの決済システムとの統合

アメリカ基盤の決済代行及び、決済処理サービスを提供するAliantは、Litecoin(LTC)での決済サービスを提供することを公表しました。

彼らは、2017年後半にビットコイン(BTC)及び、イーサリアム(ETH)での決済を追加し、ブロックチェーン技術に適応した最初の”既存の銀行”システムの一つでもあります。

AliantのCEOであるEric Brown氏は、ライトコイン及び、一般的な仮想通貨について興味深いコメントをしています。

彼は、Charlie Lee氏が献身的な支持者であったように、ライトニングネットワーク及び、SegWitの採用に対して興味を持っていると語りました。

「私達は、ライトコインが日常的な支払いの方法の一つとして発展すること、レストランや、バー、ガソリンスタンド、カフェなど、日常的に行く場所にて、ライトコインで支払いが可能になることを望んでいます。」

AliantのCEO、Eric Brown氏は、現在ライトニングネットワークに加え、ビットコインとライトコインの間でアトミックスワップが開発されており、ビットコインを利用する加盟店がLTCを拒否する理由がないことを主張しています

市場調査

ライトコイン(LTC)は、2017年で最も成功した通貨の一つであり、その値上がり率は7500%を超え、時価総額を第4位に押し上げる場面もしばしば見受けられました。

この背景としては、ライトコイン(LTC)が「可能な選択肢の中で、最も低い送金手数料であった」ことが挙げられます。

”可能な選択肢の中で”というのは、ライトコインの取引所採用率が全仮想通貨中で第3位に位置付けており、多数の取引所がライトコインの取引を行なっていることに起因しています。

多くの人が、Ripple(XRP)やステラー(XLM)が最も低い手数料であると主張するかもしれませんが、これらのトークンはライトコインと同等の採用率にまでは達していません。

仮想通貨初期に作られた通貨として、大きな利点を獲得している点も魅力です。

今のところ、SEC(米証券取引委員会)及び、CFTC(米商品先物取引委員会)が、仮想通貨全体を次のステージに導くような対応を取るかは定かではありませんが、仮想通貨全体が上昇トレンドを維持した場合、数ヶ月に渡ってLTCが注目されることになりそうです。

Why will Litecoin (LTC) reach $1000 USD Sooner than you think – Newcomers

Feb 7, 2018 by Pedro Bernardo

参考記事はこちらから
ライトコインニュース一覧
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア