CoinPostで今最も読まれています

65%の価格下落でビットコイン富豪者達が更に多くのBTCを獲得

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインクジラについて
ビットコインクジラと呼ばれる上位100の富豪ビットコイン所持者は価格変動のたびにビットコイン数を増やしています。
財産分布の間違い
主流メディアが発表するビットコイン資産分布は所持者、ウォレット、そしてアドレスの関係を考慮していないため間違っている可能性があります。Bambou Clubは別の集計方法を用い、より正確な分布を発表しました。

昨年、ビットコインは驚異的な上昇を経て12月中旬、1BTC19600ドル(約210万円)という最高記録に達しました。

しかし過去数週間、価格は下落し(2月5日には1BTC5900ドル、約63万円)、短期間で65%近くの価値を失いました。

下落は多くの仮想通貨取引者に打撃を与えましたが、裕福なビットコイン所持者はこの価格変動を最大限に利用することで儲けました

ビットコインクジラが価格変動を利用し、財産をさらに蓄積

仮想通貨熱狂者はデジタル通貨の価格が度々変動することを理解しており、取引者はここ数年それを利用してきました。

本質的には取引者が最高価格を予想してビットコインを売り、最低価格になったときにまた買い戻すことができれば利益を得られます。

上位100の富豪ビットコイン所持者(ビットコインクジラ)は何度もその価格変動を利用してきました

ビットコインクジラと呼ばれるその個人やグループは巨額の仮想通貨を保持しており、ときにはその資産を利用して「市場を動かす」こともできます

Bitinfocharts.comが集めたデータによると、最近の65%下落により損をした上位100ビットコイン所持者はいません。実際、彼らのビットコイン量は急増しました。

最も裕福なビットコインアドレスは2016年以来、急激なビットコイン数を獲得

例えば、一番のビットコイン所持者は一つのアドレスに167000(約1500億円)ビットコインを所持しています。

そのウォレットは2年前、約840ドル(約9.1万円)相当のビットコインを預けたことから始まり、現在14億ドル(約1500億円)相当のビットコインがそのウォレットに保管されています

そのビットコインクジラは価格急上昇およびそれに続く下落のたびにビットコインを増やしてきました。

2017年には30%以上の価格下落を伴う6つの大調整があり、そのたびに資金を増やしているようです。

クジラの思想の共通点

最も裕福なビットコインアドレス(何年も活動していないウォレットを除く)の多くは同じパターンに従っています。

彼らは好期に高値と安値を予想することでビットコインを増やしてきました。

上位100アドレスを解析すると、その多くが2017年11月と12月の間に同時に数千ものビットコインを売り払ったことがわかりました

ビットコイン熱狂者は多くの「クジラの動き」を目撃し、価格急上昇およびそれに続く下落のたびにフォーラム投稿やツイッター対話においてその「クジラたち」が話題になっていました。

例えば2017年11月12日、仮想通貨の価格が新たな最高記録い達していたとき、ブロックチェーンを見物し通貨の動きを見ていた人々はBitfinexに25000ビットコインが送られていることに気づきました

裕福なビットコイン所持者については長い間、論争が絶えませんでした。

主流メディアは1000のアドレスが市場の40%以上を所持していると推測しています。

思索家の一部はクジラがお互いに連絡を取り合っていてビットコイン市場を動かしていると考えています。

Multicoin Capital業務担当社員Kyle Samaniは以下の仮説を信じています。

「数百の裕福ビットコイン所持者がお互いに連絡を取り合っていると思います」

財産分布を表すために最も裕福なアドレスからデータを集めても必ず失敗する

しかし、昨年秋に発表された調査報告が「1000人がビットコイン市場の40%を所持している」という仮説を否定しています。

Bambou Clubによると所持者、ウォレット、そしてアドレスの比率は「必ずしも1:1:1の比率ではない」とのことです。

「すなわち、一人の人間がただ一つだけのウォレット及びビットコインアドレスを所持している訳ではありません

「まず第一に、一人の人間が複数のビットコインウォレットを所持している可能性があります。そして一つのウォレットは複数のビットコインアドレスを利用できます(実際ウォレットを匿名性の理由から利用する場合、新たなアドレスの生成が推奨されています)。つまり、その比率は 1:複数:複数 かもしれません」

Bambou Clubの分布データによると、ビットコイン所持者の1%しか15BTC以上を所持していません

上位1%に入るには15ビットコイン以上所持していれば良い

Bambou Clubは本質的に違うデータ集め方法を用い、ビットコインの世界的財産および所持分布を得た後、財産分布をさらに調査し、より正確なビットコイン分布を計算しました。

その調査によるとビットコイン所持者は2500万人以上いて、0.153ビットコインあれば上位30%に入れます

その上、データから「上位1%に入るには15ビットコインだけ所持していれば良い」ことが明らかになりました。

真のビットコインクジラが経年的にビットコインを蓄積する間、主流メディアが思う上位1%は異なった解析法によれば少しゆがんでいます。

クジラが価格を変動させるために協力しているかどうかはわかりません。

しかし、数年にわたる複数の市場変動により(特に最近の70%下落)、そのクジラの多くがビットコイン財産分布において一層大きくなったことは確かです。

The 65 Percent Price Dip Has Made “Bitcoin Whales” A lot More BTC

Feb. 11, 2018 by Jamie Redman

参考記事はこちらから
ビットコインニュース一覧
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア