台湾HTCのスマホで仮想通貨モネロをマイニング、採算の取れる形で

スマホで仮想通貨モネロをマイニング

台湾の大手電子機器メーカーHTCは10日、ブロックチェーンを搭載した同社のスマートフォンEXODUSで、仮想通貨(暗号資産)モネロ(XMR)のマイニングができるようになることを発表した。

HTCは高性能ASICチップを設計するMidas Labs社と提携。Midas Labs社が現在、DeMinerというアプリを開発しており、2020年Q2(4月から6月)のリリースを予定している。このアプリをインストールすることによって、自動的にマイニングを行えるようになる仕組みだ。

HTCの責任者は「仮想通貨のマイニング業界は、大手マイニングプールに独占される脅威がある。この問題を解決する最も効率的な方法は、より多くの人がマイニングできるようにすることだ」と説明。

また「モバイル端末で気軽にマイニングができることも重要。さらにこのアプリは低コストでマイニングができるため、個人マイナーでも参加ができる。これはネットワークの非中央集権性の向上にもつながるだろう」と語った。

Midas Labs社によれば、モネロのマイニングにパソコンを利用するのはコスト面で非効率だという。平均的なノートパソコンだと、1日に65ワットの電力で0.06ドル(約6.5円)相当のモネロをマイニングすることになる。これでは1日におよそ0.156ドル(約17円)のコストがかかる計算になり、採算が取れない。

一方EXODUS 1Sの機種では、1日に平均でおよそ0.0038ドル(約0.4円)相当のモネロをマイニングすることになり、電気代はその額の50%以下に抑えることが可能だという

HTCは仮想通貨やブロックチェーンに関する事業に積極的に取り組んでいる。先月にはブロックチェーン技術を活用したルーターの開発を行っていることが分かった。このルーターは、自宅でビットコイン(BTC)のフルノードを立てられる機能を持つ。

関連台湾HTC、仮想通貨ビットコインのフルノード対応ルーターを発売へ

CoinPostの注目記事

バイナンス版ブロックチェーンスマホが5日に販売開始 仮想通貨決済も可能
世界最大手仮想通貨取引所バイナンスが版ブロックチェーンスマートフォンが、 HTCのホームページで5日から販売開始。「バイナンスチェーン」が統合されており、仮想通貨ウォレットも搭載する。
台湾の最大手HTCが仮想通貨スマホなどの製品に注力、人員削減へ
台湾HTCは再び従業員を削減するが、ブロックチェーンを活用したスマートフォンEXODUSなどに製品を絞り、技術革新に注力することを目的とする。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

THE BLOCK とは

Cryptoにおける”最初で最後の言葉”であること。
The BlockはCryptoにおける最高クオリティで最重要のシグナルをお届けします。日々、Website、Newsletter、Podcast、イベントを通じて、業界で最も影響力のある人々にリーチしています。