ビットコイン先物絶好調のバイナンスが仮想通貨BNB大量バーン、世界中で事業拡大を加速

仮想通貨市況

最大手仮想通貨取引所バイナンスは、バイナンスコイン(BNB)について、四半期ごとのバーン(焼却)を実施。 3,373,988BNB(5246万ドル=58.8億円相当)を焼却。これまでに、総供給量の10%もの量が燃やされていることがわかった。

バイナンス公式サイト

バイナンスは、株式会社が株主還元策のひとつとして実施する「配当」という形ではなく、時間経過とともにトークンを焼却させることで供給量を減少させ、中・長期投資における希少価値を上昇させることを目的としている。

バーン量は、過去3か月間にBinanceの取引数に基づいて計算、四半期ごとに実施されるため、バーン量が増加しているということは取引量の増加や利益増を示唆している。

バイナンスによると、「株式市場における歴史的な暴落でBTC価格も大幅に連れ安となったが、一方で仮想通貨取引所の出来高は急増。Binance Futuresでは取引量と市場シェア1位に上昇するなど、5倍以上のトラフィックに達した。」「通常、価格急落で取引量も低下するが、今回はクラッシュ後からBTC取引量が大幅増加、1ヶ月足らずでほぼ回復した。」などと主張。

各国における緊急事態宣言などで在宅を余儀なくされていることから、仮想通貨市場への関心が上がっている可能性があると言及し、流動性の主要ハブとなれるよう努力を続けると表明した。

バイナンスは直近、仮想通貨ランディングページであるCoinMarketCap買収を発表したほか、イーサリアム(ETH)と互換性がありイーサリアム仮想マシン(EVM)に基づく分散型アプリ構築用のバイナンススマートチェインを発表、バイナンスクラウドに基づく韓国の仮想通貨取引所ローンチなど、事業拡大の勢いは衰えを見せない。

バイナンスは経営方針として、毎年利益の約25%を(買収などの)投資機会に費やしており、Binance Futuresやブロックチェーンゲームでも重宝されるバイナンスの公式仮想通貨ウォレットのTrust Walletはその最たる成功例だ。Trust Walletは、Android版が100万DL、iOS版も数十万DLに達している。

2020年の終わりまでに、180の法定通貨をオンボード(現時点で42)する計画を立てているほか、今後は取引だけでなく、事業ポートフォリオ拡大も強化する。

現在対応している通貨ペア

バイナンスチャリティーでコロナ対策支援

新型コロナウイルス(COVIT-19)感染拡大に伴う慈善活動にも積極的だ。バイナンスチャリティーでは「Crypto Against COVIDプロジェクト」を設立。バイナンス慈善団体として最大500万ドル規模の取り組みを実施予定。

すでに、欧米圏で特に感染者や死者数の多いイタリア、トルコ、中国、米国を含むさまざまな国や地域の支援に積極的に関与、医療関係機関に対し大量の医療用品を支援している。

Binance Charityは、支援品が正しく届けるため、米ニューヨークでブロックチェーンの概念を試験運用するなど、ブロックチェーン技術も導入した取り組みを行なっている。

ビットコイン(BTC)

仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比0.54%安の77.6万円で推移。

一旦調整したものの、18日には、200ドルを目指して反騰中のイーサリアム(ETH)急騰に連れ高するようにして一時300ドル幅の上昇もみられるなど、大型アップデートなど材料の控えるメジャーアルト先導で上値を追う展開も再び増え始めた。前月比12.5%高のビットコイン(BTC)に対し、イーサリアム(ETH)は35.2%高と大幅に上回っている。

6600〜7600ドルのレンジは昨年末に揉み合った価格帯であり、BTC半減期まであと23日と迫る中、一筋縄ではいかない展開も想定される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用