BFT新検証方法の論文 リブラのCalibra開発チームが公開

BFTの新たな検証方法とは

仮想通貨リブラの公式ウォレットCalibraを開発するチームは新たな「ビザンチン・フォールト・トレランス(BFT)」に関する研究論文を発表した。

今回の論文はBFTの新たな検証方法を提案するもの。自ら革新的と表現するこの手法は「Twins」と呼ばれ、全てではないものの、大規模なビザンチン攻撃のシナリオを体系的に生成し、多くのビザンチン攻撃をカバーしていることが特徴だ。

特にコミュニティがプロトコルの欠陥を見つけるのに10年以上かかったという二つの攻撃を、Twinsは数分以内で発見したという。

論文では仮想通貨リブラが基づく「リブラBFT」に対しても検証を行った。その結果を以下のようにまとめている。

TwinsのリブラBFTへの実行は、設定不良と意図的に挿入された論理エラーを数分以内に検出できた。

ビザンチン・フォールト・トレランスとは

ビザンチン将軍問題=合意形成問題では、裏切り者がいるなかで、ビザンチン帝国の将軍たちが攻撃するか撤退するかを決める必要があるが、どちらか一つの選択で一致しないと失敗するという状況を想定。

例えば3人の将軍がおり、撤退、攻撃にそれぞれ1票ずつ投じられているとして、3人目の裏切り者の将軍は攻撃派に攻撃への投票意思を、撤退派には撤退へ投票したと伝達する。

するとそれぞれは自分たちの派が多数派と考え、行動し一致団結できずに失敗することになる。ネットワークを構成する個々(ノード)が故障や悪意などによって異なる情報を伝達する場合でも正しい合意を形成できるかを考える問題だ。

ブロックチェーンでは、検証ノードがブロック生成の中心となるコンセンサス(PoW・PoS等)を担保すること、つまり「ビザンチン・フォールト・トレランス(耐性)」が基本技術となっている。

新生リブラ

リブラ協会は、先日新なホワイトペーパーを発表、トークン設計に大きな変更を加え、単一通貨を担保とする複数のステーブルコイン発行へと舵を切った。

従来の複数法定通貨を担保とするバスケット型リブラは将来的な発行として保留するという。

より現実的な路線となり、当初の計画とは大きく異なる形となっているリブラだが、フェイスブックや大企業も多く参加するリブラ協会が開発しているという事実がもたらす影響は依然として健在だ。

参考:論文「Twins: White-Glove Approach for BFT Testing」


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用