CoinPostで今最も読まれています

「2100万BTC」 仮想通貨ビットコイン発行上限の真実、バイナンスブログ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Never 21million

半減期まであと10日」を前に、仮想通貨取引所のバイナンスは、「ビットコインは絶対に2100万枚にはならない」と題したブログを公開した。

ビットコインの発行上限は通常、2100万枚として世間では多く広まっているが、今回投稿されたブログ内では、その情報には誤りがあるとの指摘を行っている。

ブログによれば、ビットコインを割る際に丸め誤差が発生することから、無限にブロック報酬が半減できないため、実際のビットコインの発行上限数は20,999,999.9796 BTCとなるとのことだ。つまり、0.0204BTCという誤差がある。

この計算を踏まえた上で、ブログでは以下のように説明する。

経済学的に言えば、通貨が効率的に無限に割り切れたとしても、通貨の発行上限が固定されている限り、正確な発行量は関係のないことだ。(あらかじめ知られているため)

このように、ビットコインの発行上限は正確には2100万枚ではないが、これがビットコインに与える影響は無いだろうと結論づけている。

2100万枚の背景

ビットコインの発行上限が約2100万枚となった背景について、バイナンスはブログ内で説明を行っている。

「21」は三角数で、三角数とは、点を正三角形の形に並べた際に、点の個数としてあらわれる数字のことを指す。

これは、より簡単かつ効率よく計算を行える値だという。こうした数理的な理由から、「21」の値を利用し、ビットコインの4年を周期とした半減期のプロトコルが決定された、としている。

これを基に、4年ごとに生成されるブロック数を計算すると以下のような数式であらわされる。

6(一時間当たりのブロック生成数)* 24(一日あたりの時間)* 365 (1年あたりの日数)* 4(年数)

=210,240 ≒ 210,000

それぞれのブロック報酬の合計は以下の計算で求められる。

50 + 25 + 12.5 + 6.25 + 3.125 + 1.5625 = 100

こうして求まった値を掛け合わせると、およその発行上限が分かる。

210,000 * 100 = 2100万

こうした経緯で発行上限が決定されたが、『サトシ・ナカモト』が過去に送った電子メールの内容を確認すると、この結論に至るまでには多くの苦悩があったことが読み取れる。そのメールには、以下のように記述されている。

コインの発行上限と半減期に関する私が下した選択は、知識に基づく推測によるものだ。

一度ネットワークがロックされてしまえば後戻りができないため、これは難しい選択だった。

半減期の意味とは

ビットコインのネットワークにおいて、半減期が担う役割にはどういったものがあるのだろうか。この問いにも、バイナンスはブログ内で言及している。

法定通貨の場合、無限に通貨を発行することが可能であるため、インフレーションが発生する可能性がある。これにより、その通貨が持つ資産価値が減少するリスクが常に付きまとい、購買力も下がりうる、という。

一方で、仮にビットコインの発行数が設定されなかった場合、無限にビットコインが発行されることになるが、発行上限と半減期が存在することで、20,999,999.9796 BTC以上のビットコインが市場に供給されることがなくなる。

このようにビットコインと法定通貨を対比したうえで、半減期の意味について同ブログでは二つの役割を挙げている。

  • 通貨インフレのリスクの排除
  • 半減期のたびに、BTCの供給減少により需要の高まりが見込める

さらに統計データの試算によると、秘密鍵紛失などの人為的過誤ですでに400万BTC(総発行数の20%ほど)は永久ロスになっている。

過去にサトシが送信したメールには、将来0.001BTCが1ユーロと同等の価値が付くことを想定していたが、現在は0.001BTCは約8ユーロとほぼ同等の価値となっている。サトシの予測の8倍になったわけだ。

新型コロナウイルスの影響から、現在、混沌とした市場環境は続いているが、そんな中、4月30日にはビットコインが再び9000ドル台に突入、コロナショック時の暴落から相場は全回復。年初来対ドル変化率で、ゴールドを上回り、一位を記録している。

リーマンショックによる金融危機で誕生したビットコイン、その真価が今試されているのかもしれない。

*今後の半減期予定表

出典:Binance

参考:There Will Never Be 21 Million Bitcoins.

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/08 木曜日
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。
13:30
RTFKT、実物スニーカーと引き換え可能なNFTドロップ実施
メタバース上のスニーカーNFTなどを制作する「RTFKT」は、デジタルと現実を融合する初のスマートスニーカー「Cryptokicks iRL」のリリースを発表。現物スニーカーと引き換え可能なNFTとして販売される。
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン、Japan Open ChainのIEO実施へ
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧