ビットコインは唯一のライトニングネットワーク技術開発通貨ではない

ビットコイン以外の仮想通貨にもライトニングネットワークが?
取引処理をブロックチェーン外で行うことで、取引速度の大幅な向上が期待されるライトニングネットワーク技術。今やビットコインだけでなく、ライトコインやジーキャッシュ、イーサリアムといったメジャーアルトコインの開発陣らも、ライトニングネットワークのようなオフチェーン、セカンドレイヤーソリューションの開発に積極的です。
ライトニングネットワークの利点とは
ライトニングネットワークは取引の効率を上げるだけに留まらず、異なる仮想通貨同士を容易に交換できるクロスチェーン技術の実現にも影響を与えます。

ライトニングネットワーク技術(以下LN)が、仮想通貨の新技術として大きな注目を集めています。

LNは、ビットコインの雑多な取引処理をブロックチェーン外で行うことで、手数料を抑えつつ高速な取引を実現しようとする試みです。

仮想通貨の取引量が莫大に増加し、スケーラビリティ問題が差し迫った問題として認知され始め、他の仮想通貨の開発陣もLNの開発に着手しています。

ライトコインZcashイーサリアムなどが、ビットコインに続き技術開発に積極的です。

「ビットコインが金なら、ライトコインは銀」とも揶揄されるように、特にライトコインはLNの技術開発を手掛けるスタートアップのLightning Labsと協力し、この技術で最先端を走っています

他の仮想通貨も一歩出遅れてはいるものの、同様にLNに注目しており、直近ではステラがLNの採用を表明したことが記憶に新しいです。

ステラのLN開発を指揮し、ビットコイン開発にも参画したJeremy Rubinは、取引量の多い決済プラットフォームの確立にはLNが必須になるでしょうと述べています。

CoinDeskによるインタビューで、Rubin氏は以下のように語っています。

LNは、現在の仮想通貨技術で最も重要なプロトコル開発の一つでしょう

いずれビットコインのLNが完全にオンライン化され、LN開発を進めていなかった全てのコミュニティが時代遅れの産物として埋もれていくかも知れません。

様々なライトニングネットワーク

全ての仮想通貨がビットコインと同じLNの開発に着手している訳ではありません。

例えば、イーサリアムネオの開発陣はそれぞれRaidenTrinityと呼ばれる独自のオフチェーンテクノロジーの開発プロジェクトを立ち上げています。

プライバシーに特化した匿名通貨であるジーキャッシュの開発陣は、BOLTと呼ばれる、ネットワーク上の匿名を担保したマイクロペイメントテクノロジーの開発を手がけています。

ジーキャッシュと同様、匿名通貨の代表格であるモネロの開発陣は、プライバシーの保護技術をより強固にする開発が先決だが、セカンドレイヤー(基盤となるブロックチェーン上に構築される新しい層)を利用した規模拡張を行う予定だと述べています。

しかし、それでもベースレイヤーでのブロックチェーン拡大での解決を信じようとしている人々もいます。

Grinは今年後半にリリースされる予定のものですが、長期的に少ない容量しか必要としない技術によりブロックチェーンを構築しています。

IOTAは、DAG技術によりシステムの拡張を可能にする「ブロックチェーンのないブロックチェーン」を実現したと主張していますが、未だその技術には懐疑的な意見も多く挙がっています

それぞれが異なるコードによって運用が図られていますが、その開発目的はブロックチェーン上取引の利便性向上という点で一致しています。

また、他の仮想通貨ネットワークでは、LNのような新技術の開発をするリソースがないものの、今後の規模の拡大を図る上ではLNが必要不可欠であることを大いに認識しています。

リップル、ステラの見解

多くの開発者らは、この試みをスケーラビリティ問題の解決法の一つとして捉えている一方で、最も有望な手段であるとも考えています。

ステラやリップルのようなブロックチェーン事業を手がける開発者らは、自身が今運用しているプロトコル内でスケーラビリティ問題は解決すると考えています。

しかし、それにも関わらず保険としてLNの開発をも視野に入れているのです

ステラのロードマップでは、仮想通貨においてLNは必要ないとしているものの、スケーラビリティとセキュリティを長期的に鑑みると、LNが有益なものになり得るとも捉えています。

リップル社のCTOであるStefan Thomas氏は、LNに対してステラの開発者と同様の印象を抱いているようです。

リップル社による分散台帳は、すでにビットコインのブロックチェーンよりもスケーラビリティの面で優れているとThomas氏は考えています。

しかし、Thomas氏は、将来ユーザー数が増加することを見込んで、セカンドレイヤーでの決済を可能にするテクノロジーの開発も視野に入れていると述べています。

ライトニングネットワークの今後

可能性は未だ低いものの、複数のLNが相互に連結する「クロスチェーン」の可能性についても期待が集まっています。

Lightning Labsの共同創設者でありCEOのElizabeth Starkは、ビットコインやライトコインの開発とは別に、多くの新規事業がライトニング開発に取り組んでいることを明らかにしました。

しかし、Stark氏は、このテクノロジーが実用性を兼ねて使用された例を未だ見ていないと述べています。

そして以下のように語りました。

いくつかのコミュニティは、早い段階でLNへの開発に興味を示したものの、そのリリースには多くの時間と労力を要します。

しかし、多くの研究者がライトニングネットワークを研究することでそう遠くない未来に実現することが出来るかもしれません。

開発者たちは、新たなテクノロジーへの転換により、ユーザーが異なる資産をブロックチェーン間で取引できることを夢に見ているのです。

多くの通貨はクロスチェーンスワップと分散型取引所の技術に興味を抱いています。

また、それらを可能にする鍵はライトニングネットワークにあります

とStark氏は述べています。

Bitcoin Isn’t the Only Crypto Adding Lightning Tech Now

Alyssa Hertig・ February 15, 2018

参考記事はこちらから
ビットコインニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加