CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨の正しい価値を判断する新たな時価総額計算方法が話題に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

時価総額をはかる現在の方法
時価総額は企業の発行済みの株式の総市場価格です。簡単に言うと、1つの株式の価格が会社の発行済み株式全体に影響を与えるということです。
時価総額の正常化
2つの仮想通貨を比較するために測定単位を定めねばならず、通貨の正しい供給量を把握するには「割り切れる単位」である必要があります。仮想通貨の場合は「サトシ」が最小単位であり、定められた単位を使うことで「供給正常化」と呼ぶ現象を生み出すことができます。

トップ15の時価総額とReal Market Capの使用比較
従来の評価方法と大きく異なる点は、ETC、DASH、Monero、Tronがより高いランクを付けられる一方で、ADA、EOS、IOTA、NEM、Rippleがランキング上位に現れない部分です。

今回紹介するRealCoinCapは既存の時価総額の指標とは違う方法で仮想通貨の価値を評価しており、海外で話題になっているため、1つの通貨参考資料として掲載いたします。

あくまでも市場で最も使われている時価総額(Coin Market Capなど)評価方法とは異なります。

RealCoinCap指標とは

RealCoinCapは、仮想通貨の時価総額をはかる既存の方法とは反対に、仮想通貨の価値を比較する革新的な指標です。

ドイツに拠点を置く企業家「Axel Pinckert」氏(以下ピンケート氏)によると、どんなコインの市場キャップでも計算されることになる通常の方法は不適切です。

現在の時価総額計算方法では、現在の仮想通貨のランキングに直接的な影響を与えてしまうほど仮想通貨の価値を膨れ上げてしまうからです。

それゆえに起業家は、より効果的かつ正確に仮想通貨の時価総額を比較することができる「RealCoinCap」を導入、使用しています。

この新しい方法は、インフレに影響を受けないコインの本当の市場価格を与えると、ピンケート氏は主張しています

時価総額をはかる現在の方法

提案されたコンセプトを理解して比較するために、時価総額と、既存の計算方法を知ることが重要になります。

Investopediaによると、時価総額は企業の発行済み株式の総市場価格です。

簡単に言うと、「会社の発行している株式数と、1株の価格を掛けたもの」です。

したがって企業価値(仮想通貨の価値)を測る指標として機能します。

仮想通貨業界は、デジタル資産の価値を測定するのと同じ方法を採用しています。

ただし、このコンセプトは「異なるコインの価値を比較する」ときには、あまり効果的ではありません。

現状、仮想通貨市場の投資家の大半は、時価総額の変動に従って仮想通貨を選んでいます。

しかし現在のコンセプトでは、「ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン」のような主要なコインを含む、どんなコインの公正な市場価格を見つけることは不可能です。

なぜなら、仮想通貨は従来の資産と大幅に異なる性質のものであり、従来の方法で評価することは公平ではないからです。

時価総額の操作

ピンケート氏は、現在使われている時価総額の算出手法だと、価格と時価総額の操作は難しくないと主張しています。

市場操作の例としては、「Pump and Dump」、FUD、クジラなどが挙げられます。

時価を算定するには、価格が重要な要因であるため、時価総額に影響を及ぼす可能性があります

ピンケート氏は、通貨の供給方法でどのようにして巧みに操られているかという例を挙げています。

りんご1つの価格が1ドル、一方でオレンジ10個が10ドルがかかったのに対して、どちらがより安く見えますか?

という問いを行っています。

『近づいてよく見てみると、「リンゴを1個が1ドル、オレンジ10個で10ドル」で得ることができると気付きます。』

と、彼は言いました。

つまり見え方の問題であり、1個のリンゴは1個のオレンジは同等(すなわち、1ドル)の価値であることを意味します。

時価総額の正常化

しかし、仮想通貨に関しては、提供される例ほど単純でありません。

主な理由は、すべての仮想通貨の供給が等しいというわけではないので、その分慎重を要するようになるからです。

時価総額を計算するために現在の方法を使用する大きなデメリットは、測定単位が定まっていないことです。

一方で、従来の金融市場では、株式市場などに使用されている測定単位を標準化しています。

このシステムの欠点をさらに説明するため、ドイツに拠点を置くピンケート氏は、2100万コインに1億を掛けた膨大な供給量を持つ通貨「NoSatoshicoin」があると想定しています。

そのトークンが取引を開始し、価格がわずかに上昇した場合に「0.00000001BTC」としましょう。

そうすることで、おそらく主要仮想通貨の時価総額を上回ることができ、通貨の時価総額を操作することが非常に簡単になります。

これが新しいマイナー通貨が、時価総額上位20-30位にリストされる理由です。

RealCoinCap =時価総額を決める新しい計算方法

RealCoinCapの計算方法での時価総額は、通貨の価格に正しい供給を乗じたものに等しくなります。

つまり、このようになります。

RealCoinCap(より正確な時価総額)=通貨の値段 x 正しい供給

正常供給とは何でしょうか?

2つの仮想通貨を比較するには、測定単位を定義しなければなりません。

通貨の実際の供給を得るためには、少なくとも割り切れる単位を使用する必要があります。

仮想通貨の場合には、サトシが最も小さな単位です。

定義された測定単位を使うことで「供給正常化」と呼ぶものが生成されます。

したがって、トークンの時価総額を比較するためには、測定単位としてSatoshisを用いて供給を正常化し、数式を使用する必要があります。

新しい公式に推定されたNoSatoshiCoinを適用する前に、供給単位間の関係を設定する必要があります。

ピンケート氏による内訳は、次の通りです。

  • 1 NoSatoshi 単位= 100,000,000サトシ 単位
  • 次に両側を100,000,000(ビットコイン単位)で割ります
  • 1 NoSatoshi単位/100,000,000サトシ単位= 1
ピンケート氏はさらに、NoSatoshiCoin供給量をSatoshisに乗算することで算出された結果を使用することができ、この場合、10⁸によってNoSatoshiCoinの供給を割ることを意味します」と、述べます。

時価総額と実際の時価総額を用いたトップ15通貨比較

下の画像は、RealCoinCap時価総額に基づく、通貨ランキング比較画像です。(2018/02/19時点)

CoinMarketCap画像(2018/02/19時点)

大きな違いは、RealCoinCapの方では「ADA,EOS,IOTA,Ripple,TRON」が上位に表示されず、「イーサリアムクラシック,DASH,Monero」は双方で上位にリストされている点です。

RealCoinCapは測定単位が変更されないため、より正確な時価総額を得るために適した方法と言えます。

ただしこの方法は、市場供給量の既存の計測より難しいものとなります。

興味がある方はこちらで RealCoinCapをみることができます。

An Alternative Method to Accurately Assess Different Cryptocurrencies

Feb. 17, 2018 by Pratik Makadiya

参考記事はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/19 日曜日
11:30
オプション市場では6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中、翌週の展望は?|bitbankアナリスト寄稿
CPI発表後のテクニカル分析や6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中するオプション市場を踏まえ、bitbankのアナリスト長谷川氏がビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊ニュース|金持ち父さん著者キヨサキ氏のBTC投資推奨に高い関心
今週は、金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏による仮想通貨ビットコイン・金・銀投資の推奨、ジャック・ドーシー氏のビットコインについての発言、GameStop株やミームコインの暴騰に関するニュースが最も関心を集めた。
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア