CoinPostで今最も読まれています

年初来騰落率、ビットコイン・ゴールド(金)がプラス域を維持|各市場の変動率推移

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週の仮想通貨市場の動きは

今週の各経済指数、仮想通貨等の動きを見ていく。

ビットコインは半減期を迎え、ハッシュレートなどの動向に変化が生じている。価格も週の後半にかけ持ち直したが、先週金曜の終値には届かなかった。

重要なニュースをまとめた記事は以下から閲覧できる。

関連:ビットコインなど、今週の重要ニュースまとめ


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. 5/11(月)| CMEビットコイン先物で巨大窓、大口建玉も増加
  3. 5/12(火)|ビットコイン半減期、仮想通貨ヘッジファンド運用額が増加
  4. 5/13(水)| ビットコイン強気で推移へ
  5. 5/14(木)| イーサリアムの大口保有が減、ビットコイン無期限契約、DeFiで
  6. 5/15(金)| ビットコインでメモリプール急増、ハッシュレートの先物も

各市場の騰落率一覧

今週の騰落率は以下のようになった。

CoinPostで作成(5/11~5/15)

月初来の騰落率

CoinPostで作成(4/30~5/15)

年初来の騰落率

CoinPostで作成(12/31~5/15)

(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算している)

5/11~5/15のビットコインチャート

出典:Tradingview

5/11(月)| CMEビットコイン先物で巨大窓、大口建玉も増加

ビットコイン暴落後の動向は、ハッシュレート比は2016半減期より7000%増=仮想通貨市況

仮想通貨ビットコインは10日、9,700ドルから8,100ドル(85.8万円)まで、一時-15%以上暴落した。CryptoDifferのデータによれば、大手取引所で計12億2000万ドル(1300億円相当)のロスカットが確認され、内30%がHuobi、BitMEXが23%を占め、OKEx、Binanceが続いた。(記事はこちら

米CMEビットコイン先物、1265ドルの「窓」確定 今年最大

CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン先物で、新たな「窓(ギャップ)」が確定した。先週末の終値が10,085ドル(1,076,593円)に対し、始値が8,820ドル(941,552円)と半減期前に1265ドル(135,041円)の大きなギャップで取引が開始した。(記事はこちら

米CMEビットコイン先物、大口建玉保有者が過去最高水準 コロナ危機で仮想通貨の見方に変化か

CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)で大口建玉保有者が66人と過去最高を記録したことが、米規制当局CFTCのデータで明らかになった。(記事はこちら

ビットコイン半減期前に「テザー」発行量が歴史的ペースで急増した背景

ビットコイン(BTC)の半減期まであと1日を切った。直近の四半期ではBTCやBTC半減期への投資家の注目が高まるとともに、テザー(USDT)の発行枚数が歴史的なペースで急増している。(記事はこちら

5/12(火)|ビットコインで半減期、仮想通貨ヘッジファンド運用額が増加

ビットコイン半減期直後のマイナー動向は、デジタルゴールドとして試される真価=仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)は、2020年5月11日19:23UTC(日本時間12日4時頃)、#630,000ブロックに到達したことで「半減期」を迎えた。(記事はこちら

速報 ビットコイン3度目の半減期 実行ブロックに到達

ビットコインは2020年5月12日4時23分、3度目の半減期を実行した。半減期の実行ブロック#630,000の生成が確認された。半減期ブロックを生成したマイニングプールは、Bitmain傘下のAntPoolとなった。(記事はこちら

仮想通貨ヘッジファンド運用資産額、19年に20億ドル超 ビットコイン他、イーサリアムやリップルなども取引

大手会計事務所PwCとElwoodアセットマネージメントの共同レポートによると、2019年の仮想通貨(暗号資産)ヘッジファンドの運用総額は、20億ドルを超え、18年比で2倍水準まで増加した。(記事はこちら

5/13(水)| ビットコイン強気で推移へ

半減期後ビットコインに強気シグナル、仮想通貨のCM再開がもたらす好影響とは=仮想通貨市況

13日のビットコイン(BTC)は、前日比+2.96%高の95.9万円(8,940ドル)に。強含んで推移している。依然として思わぬ急落にも警戒が必要な状況にあるものの、13日昼時点では下値を切り上げ、再び9,000ドル台の上値を伺う展開となっている。(記事はこちら

ビットコインの未来 コロナ禍で投資したチューダー・ジョーンズの影響力

著名ベンチャーキャピタリストのチャマス・パリハピティヤは12日、CNBCの番組内で、ヘッジ・ファンド業界の大物「ポール・チューダー・ジョーンズ」のビットコイン市場参入の重要性を説いた(記事はこちら

5/14(木)| イーサリアムの大口保有が減、ビットコイン無期限契約、DeFiで

半減期のビットコイン乗り換え需要も、イーサリアムの大口保有者数が減少

イーサリアムを1万ETH(2億円相当)以上保有するアドレスの数が減少していることが分かった。ETHの大口保有者が、半減期による価格上昇を期待してBTCに資金を移したとの見方がある。(記事はこちら

マネックス松本会長「コロナ対策の資産インフレが起これば、ビットコインへ資金流入も」

マネックスグループの松本会長は12日、ブログで、資産インフレについて言及。「新型コロナ対策で世界中の中央銀行が、リーマンショック時の比ではないほどお金を刷っている」ことを挙げ、「どうしても資産インフレが起きる」との見解を示した。(記事はこちら

DeFi初のビットコイン無期限契約、大手ベンチャーキャピタル出資のdYdXが提供へ

大手VC「a16z」が出資する仮想通貨(暗号資産)分散型取引所兼DeFiプラットフォーム「dYdX」が、ビットコインの無期限契約デリバティブ商品をリリースした。(記事はこちら

5/15(金)| ビットコインでメモリプール急増、ハッシュレートの先物も

半減期後に高騰していたビットコイン急反落、メモリプール急増とマイナーへの影響は?=仮想通貨市況

15日のビットコイン(BTC)は、前日比+2.15%高の102万円(9,515ドル)に。 106万円(9,850ドル)で推移していたが、上値を重くすると11時過ぎに一時100万円(9,200ドル)まで約6万円幅急落。その後大きくリバウンドするなど乱高下している。(記事はこちら

ビットコイン半減期から3日、見えてきた「最新状況」 100万円突破の裏でマイナーの適者生存競争

仮想通貨市場は14日〜15日にかけて、ビットコインが急伸。再び100万円の大台に達し、米ドル建て1万ドルも視野に入る。(記事はこちら

ビットコインのハッシュレート先物「BTC-HASH」が登場、FTXで取り扱い開始

海外仮想通貨デリバティブ取引所FTXは、ビットコインの採掘ハッシュレートに連動する独自の先物「BTC-HASH」の取引を開始した。ハッシュレートのデリバティブとしては、業界初となる。(記事はこちら

米コインベースPro、仮想通貨OmiseGOを新規上場

米取引所コインベースProが、OmiseGO(OMG)の新規上場を発表した。18日より、OMGの入金が開始予定。取引ペアは、OMG/USDとOMG/BTCとの2つだ。(記事はこちら

米投資家、ビットコイン購入後に「アルト買い」 Coinbaseが語る仮想通貨投資家傾向

米取引所コインベースのユーザーが、特に強気相場の時は、ビットコイン(BTC)以外のアルトコインも購入している実態が明らかになった。(記事はこちら

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧