米リップル社、ローンサービス提供へ事業拡大か

ローンサービスの責任者を募集

米リップル社が、ローンサービス提供に向けて事業拡大を計画していることが分かった。

現在リップル社は、ローンサービスの責任者を募集。求人内容から特に、国際送金ネットワーク「リップルネット」の新規顧客や顧客となる見込みのある企業に、運転資金を融資するサービスを計画しているとみられる

新事業の詳細はまだ明らかになっていないが、リップル社は協業する金融機関が多いことから、サービス内容にも期待が高まる。またブロックチェーンを活用すれば、借入までの時間短縮や業務効率と透明性の向上も期待できる。

今月に入り、リップル社は金融通信メッセージの国際規格である「ISO20022」の標準化団体に加盟したことが分かった。金融領域において、グローバルな相互運用性を高める取り組みも行っている。

関連リップル社、ISOの標準化団体に加盟

なお本サービスに仮想通貨(暗号資産)リップル(XRP)が利用されるかはまだ不透明だ。

参考資料 : リップル


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用