CoinPostで今最も読まれています

高騰するビットコイン、半減期後の「損益分岐点」を新旧マイニングマシン別に分析

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

最新マシンでは十分な利幅、旧型マシンの収益環境は厳しい

暗号資産(仮想通貨)ビットコインは5月12日、ブロック承認の報酬が12.5BTCから6.25BTCに半減する「半減期」を迎え、マイナーの収益環境も大きく変化した。

マシン製造最大手Bitmainは、新型マシンAntminer S19シリーズの出荷を開始しており、マイニングマシン間での収益格差も広がる可能性がある。

そこで今回、半減期後の収益環境をマイニングマシン別に分析した。

マイナー利益の決定要因

マイナーの収入は、マイニングの報酬として付与されるBTC、マイナーの費用はマイニングマシンの購入費用や電気代が該当する。

そしてマイナーの収入に大きな影響を与えるのは、BTC報酬数、BTC価格、ネットワークのハッシュレートである。

BTC報酬

マイナーは、ネットワークのブロック承認時に必要な計算を行うことでBTC報酬を受け取る。BTCではプログラム上で4年に一度この報酬が半減する設定がなされている。単純計算すれば、マイナーの収入は4年ごとに半減することになるため、マイナーの収入(収益)や行動にも重大な影響を与える。

BTC価格

BTC価格が高騰すれば、半減期に伴うBTC報酬の減少を補うことができる。歴史的にはBTC価格の大幅な上昇がマイナー収益の増加に寄与してきた。

ハッシュレート

ネットワーク全体のハッシュレート(計算能力)が上昇すれば、それだけブロック承認のための計算競争が激しくなるため、BTCの価格が変わらなければマイナーの収入が減少傾向となる。

一方、マイナーの費用に大きな影響を与えるのは、マシン費用と電力コストだ。

マシン費用

マイニングマシンの購入時に一括で発生する(固定費)。しかし、現在のマイニング環境では、マイナーはマシンを短期(約2年)で交換する必要があるため、マシン購入費を耐用年数で分割して変動費として計算することもできる。

電力コスト

マイニング時にマシンが消費する電気代であり、変動費としての性質を持つ。電力コストはマシンの電力消費効率、地域や季節ごとの電気料金によって変化する。7〜8割の運営コストが電気代に当たるとされている。

マシン別マイナー利益

まずはじめに、マシン別の収入と費用構造を分析する。

中国マイニングマシン大手BitmainのAntminerシリーズ、マイクロBTのWhatsminerシリーズから6台を抽出し、マシン性能と5月末時点の販売価格をもとにマシン1台当たりの年間利益を計算した。

BTC価格を1万ドル、ネットワークのハッシュレートを100EH/s(=100,000,000TH/s)、電力コストを0.05ドル/kWh、マシン購入費を2年間で償却するという設定で計算を行うと、新型モデルと旧型モデルで収益環境が大幅に異なることが分かる。

Bitmainが2020年3月に発表した最新モデルAntminer S19シリーズでは1台当たりの年間利益が800ドルを超える。これらのマシンは高い計算能力(90~100TH/s、現行モデルでは60~80TH/s)を持ち、効率的にマイニング報酬を稼ぐことができる。これが利益のドライバーになっている。

2019年に販売されたAntminer S17+やWhatsminer M20Sも半減期後に利益を確保できている模様だ。ただし、これらのマシンは電力コストやBTC価格などの条件が悪化すれば利益を出すのが困難になる可能性が生じる。

一方、2017年から2018年にかけて普及したAntminer S9では半減期後の収益環境がかなり厳しくなっている。一般に、マシン販売業者は競争優位性が低下した旧型モデルの価格を引き下げるが、S9モデルでは販売価格がすでに100ドルを下回っている。マシン償却費を除いたとしても、電力コストがBTC報酬を上回り、操業を停止させるべき水準に達している。

BTC価格変動とマイナー利益

上記の利益は現在のBTC価格などから算出したものに過ぎず、将来BTC価格が変動すればマイナーの収益環境が大きく変化する可能性がある。そこで、市況の変動に対してマイナー利益がどう変化するかを分析する。

その他の条件を固定して、BTC価格を8000ドルから12000ドルまで変化させたときのマシン別年間利益は以下のようになった。

注目すべきは、BTC価格が1.2万ドルの水準まで上昇してもAntminer S9の利益が出ない点だ。

また、Antminer S17+やWhatsminer M20Sなどのモデルでも、BTC価格が8000ドルまで低下すると利益を出すのが困難になることが分かる。

電力コスト変動とマイナー利益

BTC価格だけでなく、電力コストの変動もマイナー収益への影響が大きい。今から中国四川省の雨季による水力発電供給の増加、米テキサス州など電力料金が安い地域へのマイニングファームの進出によって電力コストが低下する可能性もある。

そこで、次に電力コストの変動に対してマイナー利益がどう変化するかを分析する。

その他の条件を固定して、電力コストを0.03ドル/kWhから0.07ドル/kWhまで変化させたときのマシン別年間利益は以下のようになった。

現行モデルでは、電力コストが40%減少すれば、利益が約2倍になる。ただし、電力コストが大幅に改善してもS9で利益を上げるのは難しい状況だ。

マシン別損益分岐点

マシンが利益を上げることが難しくなれば、合理的なマイナーはマシンの稼働をとめることになる。一部のマシンの稼働が止まれば、ネットワーク全体のハッシュレートが減少することになる。したがって、ネットワークのハッシュレートの動向を分析する際には、各マシンの損益分岐価格(利益が0になるときのBTC価格)を把握することが重要になる。

その他の条件を固定したとき、各マシンの損益分岐価格は電力コストの変動に対して次のように変化する。

最新のAntminer S19シリーズでは、BTC価格が下落した局面でもマイナーが利益を確保できる。したがって、旧型モデルから新型モデルへの移行が進めば、相場急落時にもハッシュレートが安定する可能性が高い。

マシン別投資回収期間

マシン費用を固定費として考える

これまではマシン費用を変動費とみなし、マシンを一定期間(2年間)で減価償却してきたが、マシン費用は固定費とみなすこともできる。

マシン費用を固定費とみなした場合、時間経過とともにマイニングの総収入と総費用は以下のように変化する。

マイニング報酬が電力コスト(変動費)を上回れば、マイナーはいずれマシン費用を回収することができる。以下では、この回収期間を算出し、各マシンの収益性を分析する。

BTC価格変動と投資回収期間

その他の条件を固定して、BTC価格を8000ドルから12000ドルまで変化させたときのマシン別投資回収期間は以下のようになった。

BTC価格が1万ドルの水準では、投資回収期間はAntminer S19・S17で約1年、Whatsminerで約1.5年となる。

一方、マイニング報酬が電力コストを下回るAntminer S9では、マイニングを続けるほど収益が悪化し、マシン費用を回収することがほぼできないことが分かる。

電力コスト変動と投資回収期間

その他の条件を固定して、電力コストを0.03ドル/kWhから0.07ドル/kWhまで変化させたときのマシン別投資回収期間は以下のようになった。

Whatsminerの各モデルでは、投資回収期間が電力コストの変動に対して比較的大きく変動する。一方、Antminerの最新モデルでは電力コストが上昇しても回収期間を2年以内に抑えられる。

まとめ

マイニングの競争環境の激化と半減期によるBTC報酬の半減の結果、Antminer S9などの旧型モデルではマイナーが利益を上げるのが困難になっている。

一方、新型モデルでは十分な利幅が確保できている。新型モデルはBTC価格や電力コストなどの変動にも強く、優位性がある。新型モデルは現在中国国内で出荷が開始されており、今後普及が拡大する可能性が高い。

また、中国の雨季やマイニングファームの米国進出などにより、電力コストのさらなる低下が期待されている。その場合、1年を下回る短期でマシン費用を回収できる可能性もある。

今回はマイニング費用をマシン費用と電力コストの2つに絞って分析を行った。しかし実際には、人件費、マイニングファームの管理費、マイニングプール手数料などを加味することによってマイニング費用がさらに増加することに留意する必要がある。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。
10:50
国内初上場、bitbankがOasys(OAS)の取り扱いを発表
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ネイティブOasys(OAS)について、暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankへの新規上場が決定したことを発表した。
10:30
LayerZero、脆弱性に関する指摘に反論
LayerZero LabsのCEOは、同社プロトコルのスマートコントラクトに脆弱性があるとの指摘に反論。仮想通貨の盗難につながる可能性もあるが、これは仕様であると説明している。
10:05
東欧モンテネグロ、リップル社とデジタル通貨の実証実験へ
モンテネグロのアバゾビッチ首相は、リップル社と協力してデジタル通貨またはステーブルコインを構築する実証実験プロジェクトを開始したと発表した。
08:30
マスターカード、ブラジルでバイナンスのプリペイドカード発行へ
仮想通貨取引所大手バイナンスは金融大手マスターカードと提携し、ブラジルでプリペイドカードを発行開始。
07:45
ツイッター、仮想通貨の決済機能導入か
ツイッターは、決済機能の導入に向けてソフトウェアを開発をしていることがわかった。Elon Musk氏は、仮想通貨機能を追加できるようにしたいと考えているという。
07:20
米株市場・仮想通貨全面安|31日金融短観
本日のニューヨークダウは7日ぶりに反落し、ナスダックや金先物なども全面安。ドル相場はFOMC政策金利や米雇用統計などの重要発表を前に買い戻された。
01/30 月曜日
17:15
YGG Japan、プライベートラウンドで4億円相当を資金調達
株式会社ForNは、YGG Japanがプライベートラウンドでスクウェア・エニックスやセガなど18社から4億円相当の資金調達を完了したことを発表。環境整備し「職業ゲーマー」の輩出を目指すとした。
15:47
岸田総理、メタバースなどデジタル技術用いた地方活性化に意欲 予算委員会の答弁で
自民党の神田潤一議員が衆院予算委員会で政府の「Web3政策」について質問し、地方創生に関するデジタル化推進提案を行った。これに対し岸田総理は、メタバースなど最先端デジタル技術を取り込んだ地方活性化に前向きな姿勢を示した。
12:43
米バイデン政権、仮想通貨のリスク軽減に関するロードマップを発表
米ホワイトハウスは仮想通貨のリスクを軽減するためのロードマップを発表。米議会に対し規制整備のための努力を強化するよう要請する一方で、仮想通貨と既存の金融システムの融合については「重大な誤り」と警告した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア