CoinPostで今最も読まれています

XRP(xRapid)を利用するもう一つの国際送金業者は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

5大送金業者の候補
1月にリップル社は「世界の5大送金業者のうち3つの企業がXRPを使用する」と発表しましたが、その内2社は発表済み(MoneyGramとWestern Union)と仮定した場合、XRPを利用する残りの国際送金業者の候補は、PayPal(Xoom)、TransferWise、Ria、World Remitが挙げられます。

2018年1月、リップル社はTwitter上で、世界の5大送金業者のうち3つの企業が2018年中に自社のペイメントシステムでXRPを使用する予定であることを明かしました。

リップル社は3つの大送金企業が2018年度XRPを使用する見通しを公言
リップル社はTwitterで、今年世界規模の5大送金企業のうち3つの企業が、リップルのXRPトークンを会社の支払いシステムで使用することを明らかにしました。

巨大送金業者の中で、現時点では、MoneyGramはXRPを採用し、Western UnionがXRPを利用した送金システムであるxRapidをテストしています。

これらの2社がリップル社の言う「5大送金業者のうちの3社」に含まれている場合(Western Unionは現時点ではわかりません)、XRPを採用する残りの送金業者はどこでしょうか?

5大送金業者の候補

リップル社がどのような基準で送金業者の規模を規定しているかは不明です。

しかしながら、一般には以下の企業が世界の国際送金のトップ企業と考えられます。

  • Western Union→XRPを試験的に利用
  • MoneyGram→XRPを採用
  • PayPal (Xoom)
  • TransferWise
  • Ria
  • World Remit

Western Union

ウエスタンユニオンは、米国に拠点を置く、金融および通信事業を行う企業です。

160年以上の歴史を持ち、同社を通じて200以上の国の人々に、130もの異なる通貨で送金することができます。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場しており、米国の代表的な株価指数であるS&P500にも含まれています。

2月15日には、ウェスタンユニオンがXRPの送金テストを行っていることが明らかになりました

世界最大級の送金企業Western Unionがリップル社と共にブロックチェーン試用開始
世界最大の送金サービスを提供するWestern Unionが、ブロックチェーン基盤決済の試用をリップル社と行います。Western Unionは、160年の歴史を持ち、全世界の約200ヶ国で個人送金、企業支払と貿易業務を代行を行う企業です。

MoneyGram

マネーグラムは、米国に拠点を置く、国際送金ネットワークのサービスを行なっている企業です。

世界の200もの国と地域に23万拠点のネットワークを有しています。

マネーグラムは、10 minutes serviceと呼ばれる送金サービスを展開しています。

このサービスでは、国際送金を行なった際に送金者に送られた8ケタの番号を、受取人がマネーグラムの窓口で提示すると、送金を受取国の現地通貨で受け取ることができます。

これにより、安価で速い国際送金が可能になっています。

1月11日、マネーグラムはXRPを使用することを公式発表し、xRapidを実験的に運用しています

MoneyGram社、XRPを活用し決済迅速化へ
世界大手送金企業MoneyGram社がRipple社のxRapidを活用し、クロスボーダー決済の低コストかつ迅速化を目指します。XRPの活用によって多くの金融機関が長年抱えてきた流動性問題が解決するでしょう。

PayPal (Xoom)

ペイパルは、米国に拠点を置く、オンライン決済代行サービスを展開する企業です。

同社は、世界で2億人以上、1500万店舗以上で利用されています

ペイパルのサービスでは、電子メールアドレスだけで送金をすることができます。

ペイパルのサービスでは、同社が買い手と売り手の決済を仲介します。

これにより、買い手が売り手にクレジットカード情報を開示することなく商品を購入することができます。

また、売り手も買い手のカード情報が盗まれる心配がなくなります。

2015年には大手送金プロバイダーであるズームを買収しており、70の国にまたがり送金サービスを展開しています。

ペイパルの共同創業者であるピーター・ティール氏は、過去にビットコインの可能性について言及しています

ピーター・ティール氏のFounders Fund社が数百億円分のビットコインを所有
過去にfacebook等に有利な投資をしたFounders Fund社が数百億円分のビットコインを所有していることが話題になり、年末年始で落ち着いていたBTC価格が高騰しました。

また、リップル創始者であるクリス・ラーセン氏もペイパルの立ち上げに関わっています。

TransferWise

トランスファーワイズは、英国に拠点を置く、P2P送金サービスを展開する企業です。

200万以上の顧客をかかえ、毎月600億円以上の国際送金を行なっています。

トランスファーワイズのP2P送金サービスは、従来の国際送金のビジネスモデルを革新し、安くて速い国際送金を可能にします。

例えば、従来の国際送金では、日本から米国の口座へ送金する人(A)の円は、ドルに両替されてからAさんの米国の口座に振り込まれ、米国から日本の口座へ送金する人(B)のドルは、円に両替されてからBさんの日本の口座に振り込まれていました。

一方、P2P送金サービスでは、AさんとBさんをマッチングし、Aさんの円を両替することなくBさんの日本の口座に振り込み、Bさんのドルを両替することなくAさんの米国の口座に振り込むことで、実質的に国際送金を国内送金にすることができます

これによって、国際送金での為替手数料の無駄を大幅に削減することに成功しました。

Ria

リアは、米国に拠点を置く、送金業者です。

1987年に設立され、現在では146の国と地域に送金ができます

リアは主に、受取人が現地の代理店で現金を受け取る代理店モデルを採用しています。

これは、ウェスタンユニオンやマネーグラムなども採用するモデルで、(国際送金サービスの中では)古典的なモデルと言えます。

World Remit

ワールドレミットは、英国に拠点を置く、モバイル国際送金サービスを展開する企業です。

ワールドレミットは、50の国で200万以上の顧客を抱えています。

同社は、スマートフォンでインスタントメッセージを送るのと同じ要領で簡単に送金できることから「お金のワッツアップ」として広まり、途上国や新興国を中心に規模を拡大しています。

XRPを採用する企業は?

クロスボーダー決済システムを提供する英国の企業Earthportはリップルネットワークを統合しています。

そして、候補となるズーム、トランスファーワイズ、リア、ワールドレミットはそれぞれEarthportと提携しています。

したがって、これらのどの企業もXRPを利用する可能性があります

トランスファーワイズは革新的なサービスに敏感なので、XRPの利便性を理解できればいち早く採用に乗り出すでしょう。

リアは、ウェスタンユニオンやマネーグラムと同様に古典的な代理店モデルを採用しており、XRPを用いて送金コストを削減するインセンティブが高いと考えられます。

ワールドレミットは、「送金をメッセージと同じ要領で行う」というコンセプトがリップル社のポリシーと一致しています。

リップルニュース一覧
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05:50
Starknet(STRK)がコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア