CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム創設者、PlanB提唱のビットコインS2Fモデルの有効性を疑問視

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

S2Fモデルを疑問視

イーサリアム(ETH)の共同創設者ヴィタリックが、PlanBなどがビットコイン価格の指数関数的高騰を裏付ける希少性を提唱するストック・フローモデル(S2F)によるビットコイン価格の高騰を否定した。ビットコイン半減期に伴う希少性が価格の上昇の裏付けになっているかは明らかではないと指摘し、ストック・フローモデル(S2F)は個人的に支持していないとの見解を示している。

関連「半減期と仮想通貨ビットコインの高騰」なぜ一緒に語られる? ストック・フロー比率から算出する理論価格を用いて解説

ストック・フロー比率(S2F)

ストック・フロー比率(S2F)は、貴金属(金や銀)などの希少性と価値を測るモデルとして利用されるもの。ほとんどの商品は、生産量が急増することで市場流通量が急増し、価格が暴落する。一方、金などの一部の希少性が高い商品は、市場に存在する量に対して年間の生産可能量が小さく、供給過多によって価格が暴落することがない。

PlanBのストック・フロー比率(S2F)

同氏が、2009年12月から2019年2月のビットコイン相場データをもとに計算した、月々のBTCのS2FとBTCの時価総額をプロットしたところ、一定の規則性を発見。S2Fと時価総額の両方について対数をとり線形回帰を行うと、S2Fと時価総額の間に統計的に有意な結果が確認された。

S2Fモデルを用いるPlanBは、2020年の半減期後のBTC理論価格が2024年までに(4回目の半減期)、1BTCあたり288,000ドル(約3000万円)に到達すると見ている。

このモデルを支持するユーザーが多い一方で、懐疑的態度を持つ著名インフルエンサーも多くいる。例えば5月にツイッターから撤退したBitfinex上の大口トレーダーJoe007はその一人だ。

そして今回、イーサリアムの共同創設者として知られるヴィタリックもこの価格予想モデルに対して疑問視する見解を示した。

ヴィタリックによると、「半減期がビットコインの上昇要因となる」という理論自体は、むしろ「反証可能性のない理論」で、S2Fモデルは科学的な検証ができないと指摘する。

疑問点

S2Fモデルの科学的根拠に懸念を示したヴィタリックが、このように疑問点をあげた。

  • 半減期上げとは、半減期が実行するまでに一度天井(ピーク)に達していたか (期待上げか、需給変化か)
  • 仮にそうであれば、半減期への期待で相場が高値になる。この場合は、S2Fモデルは有効になる。
  • しかし、このように天井を打つ相場はビットコイン過去の相場にも数回あり、どれが「本物の期待上げ」か判別できない
  • 半減期前か、その後かも立証できない

ヴィタリックは一例として、ビットコインが最高値=約2万ドルをつけた2017年12月が、2016の半減期と2020の半減期のおよそ中間地帯にあることを指摘し、それが2016年半減期後の発行数低下による希少価値の価格上げなのか、それとも2020年半減期に対する期待上げなの、見分けることができないとしている。

こうした上で、ヴィタリックはS2Fモデルの有効性に同意しないと指摘、「価格の高騰が半減期と一貫性のないことだけでは、S2Fモデルの有効性を十分に証明できない」とコメントした。

PlanBの反論

ヴィタリックのコメントをうけ、PlanBは価格の天井について、あくまでビットコインや金、銀など発行数が限られている有限資産がさらに希少性をあげることで、その他の無限資産に比べ、より価値を高めることができる原理があると返答した。

特に2017年FOMOなどによって発生していた急騰のような値動きとは関係性が薄く、主に平均的な価値の上昇推移を示している、と説明した。

PlanBは今月2日、S2Fモデルが4年ぶりに強気サインを示す「赤信号」が点灯したことを説明している。

3月にはPlanBは、2020年の半減期後のS2Fモデルは、2012年と2016年の半減期同様の結果になることを指摘していた。(下図が3月時点)

2020年3月5日時点

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。
13:30
Oasys、戦略的投資ラウンドとパブリックセール完了
日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクトOasys(OAS)は戦略的投資ラウンドとパブリックトークンセールの完了を発表。MZ Web3 ファンドやNexonなどが出資ラウンドに参加した。
12:03
米株下落でビットコイン連れ安、アクシー(AXS)は一時前日比20%
ISM非製造業景況指数を受け米株指数が売られたことで暗号資産(仮想通貨)も冴えない。国内取引所bitbank上場が発表されたブロックチェーンゲームのアクシー(AXS)が一時20%高まで上昇した。
12:00
Aave、SonarをLens Protocolに統合
分散型ソーシャルメディアプラットフォームLens Protocolが、ソーシャルモバイルメタバースSonarの買収を発表した。今後Sonarは同プロトコルを統合していく予定だ。
11:25
米サークル社、SPACによる上場を延期へ
主要ステーブルコインのUSDCを提供する米サークル社は、ニューヨーク証券取引所にSPAC上場の相互的な解消を発表した。長期的な上場企業になる目標は依然として変わらない。
10:00
米リップル社とSEC、裁判所に最終書類を提出
米リップル社とSECは、仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判で、略式判決の動議書に対する回答を提出。約2年継続した裁判は、最終局面に入ったとみられる。
09:32
ツイッター、独自仮想通貨発行か
米ツイッター社は、独自通貨Twitter Coinを開発している可能性が浮上。仮想通貨に対応した投げ銭機能で使用されるとみられ、ツイッターコインは仮想通貨である可能性がある。
09:30
レンディングのNexo、米市場から撤退
仮想通貨融資企業Nexoは、米国から数か月をかけて段階的に撤退すると発表した。米国の州および連邦規制当局との対話に行き詰まったことを理由としている。
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中のAAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧