ヨーロッパ中央銀行:G20より前に「仮想通貨規制が必要」と強調

仮想通貨に対するEUの見解
欧州連合(EU)は、仮想通貨に対するグローバルレベルの対応がない場合、自ら規制すると警告しました。
健全な発展のために
ドイツやフランスは、仮想通貨(ブロックチェーン技術)の可能性を信じている反面、投資家保護の遅れによる危険性を危惧しています。

欧州連合(EU)は、自主規制が必要不可欠であると判断

欧州連合(EU)が、ビットコインなどの仮想通貨が伴う危険が世界的に扱われることがなければ、自ら仮想通貨を規制することを警告しました。

3月の「G20首脳会合」で議論が行われることが決まっているものの、政策として実際に施行されるのは、2018年末から2019年初頭になる可能性が高いと思われます。

EU財務相「Valdis Dombrovskis」氏は、欧州中央銀行(ECB)や金融安定理事会(FSB)などが参加した、ブリュッセルでの会議を主催したのち、

「仮想通貨のリスク面が明らかなのに、国際的な対応が見られないようであれば、EUが(仮想通貨を規制するために)動かざるを得ないでしょう。」

「仮想通貨の問題は、世界的な事象であり、グルーバルなフォローアップが重要です」

と、見解を述べました。

規制強化に向けたEUの動き

G20の財務相および中央銀行は、3月にアルゼンチンの「ブエノスアイレス」で会合を開く予定で、協議事項として「仮想通貨」も含まれています。

EUは、2018年末から2019年初頭にかけて、仮想通貨問題に取り組むつもりのようです。

仮想通貨の規制は、国際的なマネーロンダリングやテロ対策として、財政法に沿って行われるものと思われます。

ただし、日本からの報告では、全米のマネーロンダリング事件のうち、「仮想通貨関連のものは、1%にも満たない」ことが報告されています。

その他の規制案としては、仮想通貨の取引を行う者に対して、より厳格な個人情報を結び付けることで、ビットコインなどの仮想通貨を違法行為や不正利用に悪用しにくくする方法も考えられます。

欧州議会の中道右派メンバーである「Markus Ferber」氏は、「Dombrovskis」氏に同調しており、

「国際ルールの遵守に向けた規約が確立するまで、何年も待っている猶予はない。EUによる一刻も早い規制が必要だ。」

「個人投資者が、市場操作や詐欺の餌食になることを防ぐためには、仮想通貨を他の金融商品同様に規制する必要がある。」

と、述べています。

欧州中央銀行(ECB)執行役員会の「Yves Mersch」氏は、中央銀行が国際決済銀行(BIS)の代表「Agustin Carstens」氏の意見に同調しているとし、仮想通貨におけるグローバルな取り締まりを呼びかけました。

Carstens氏は、ビットコインを「バブル、ネズミ講、ポンジスキームを組み合わせたものに過ぎない」と、激しく非難しています。

コインポストの関連記事

国際決済銀行の長Carstens氏がビットコインを激しく非難
国際決済銀行の長である「Carstens」氏が、ドイツにあるゲーテ大学の講演で、ビットコインを始めとする仮想通貨を酷評。銀行と密接に連携することで財政の安定を損ねる可能性があるとして、強い懸念を表明しました。

健全な発展のために

ヨーロッパの経済大国であるドイツとフランスは今月はじめ、「仮想通貨が(ブロックチェーン技術などで)新たな可能性をもたらす一方、適切な保護策を講じなければ投資家にとって大きなリスクが生じ、金融犯罪に遭う可能性が高い」と、危機感を露わにしています。

各国の政治家は、仮想通貨セクターを必要以上に厳しく取り締まることで”他分野の雇用や成長を止めてしまいかねない”ことを懸念しており、難しい舵取りを迫られそうです。

European Central Bank: We Cannot Wait for Global Policies, Cryptocurrencies Must Be Regulated Within EU

Feb. 26, 2018 by Thomas Delahunty

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加