CoinPostで今最も読まれています

ヨーロッパ中央銀行:G20より前に「仮想通貨規制が必要」と強調

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨に対するEUの見解
欧州連合(EU)は、仮想通貨に対するグローバルレベルの対応がない場合、自ら規制すると警告しました。
健全な発展のために
ドイツやフランスは、仮想通貨(ブロックチェーン技術)の可能性を信じている反面、投資家保護の遅れによる危険性を危惧しています。

欧州連合(EU)は、自主規制が必要不可欠であると判断

欧州連合(EU)が、ビットコインなどの仮想通貨が伴う危険が世界的に扱われることがなければ、自ら仮想通貨を規制することを警告しました。

3月の「G20首脳会合」で議論が行われることが決まっているものの、政策として実際に施行されるのは、2018年末から2019年初頭になる可能性が高いと思われます。

EU財務相「Valdis Dombrovskis」氏は、欧州中央銀行(ECB)や金融安定理事会(FSB)などが参加した、ブリュッセルでの会議を主催したのち、

「仮想通貨のリスク面が明らかなのに、国際的な対応が見られないようであれば、EUが(仮想通貨を規制するために)動かざるを得ないでしょう。」

「仮想通貨の問題は、世界的な事象であり、グルーバルなフォローアップが重要です」

と、見解を述べました。

規制強化に向けたEUの動き

G20の財務相および中央銀行は、3月にアルゼンチンの「ブエノスアイレス」で会合を開く予定で、協議事項として「仮想通貨」も含まれています。

EUは、2018年末から2019年初頭にかけて、仮想通貨問題に取り組むつもりのようです。

仮想通貨の規制は、国際的なマネーロンダリングやテロ対策として、財政法に沿って行われるものと思われます。

ただし、日本からの報告では、全米のマネーロンダリング事件のうち、「仮想通貨関連のものは、1%にも満たない」ことが報告されています。

その他の規制案としては、仮想通貨の取引を行う者に対して、より厳格な個人情報を結び付けることで、ビットコインなどの仮想通貨を違法行為や不正利用に悪用しにくくする方法も考えられます。

欧州議会の中道右派メンバーである「Markus Ferber」氏は、「Dombrovskis」氏に同調しており、

「国際ルールの遵守に向けた規約が確立するまで、何年も待っている猶予はない。EUによる一刻も早い規制が必要だ。」

「個人投資者が、市場操作や詐欺の餌食になることを防ぐためには、仮想通貨を他の金融商品同様に規制する必要がある。」

と、述べています。

欧州中央銀行(ECB)執行役員会の「Yves Mersch」氏は、中央銀行が国際決済銀行(BIS)の代表「Agustin Carstens」氏の意見に同調しているとし、仮想通貨におけるグローバルな取り締まりを呼びかけました。

Carstens氏は、ビットコインを「バブル、ネズミ講、ポンジスキームを組み合わせたものに過ぎない」と、激しく非難しています。

コインポストの関連記事

国際決済銀行の長Carstens氏がビットコインを激しく非難
国際決済銀行の長である「Carstens」氏が、ドイツにあるゲーテ大学の講演で、ビットコインを始めとする仮想通貨を酷評。銀行と密接に連携することで財政の安定を損ねる可能性があるとして、強い懸念を表明しました。

健全な発展のために

ヨーロッパの経済大国であるドイツとフランスは今月はじめ、「仮想通貨が(ブロックチェーン技術などで)新たな可能性をもたらす一方、適切な保護策を講じなければ投資家にとって大きなリスクが生じ、金融犯罪に遭う可能性が高い」と、危機感を露わにしています。

各国の政治家は、仮想通貨セクターを必要以上に厳しく取り締まることで”他分野の雇用や成長を止めてしまいかねない”ことを懸念しており、難しい舵取りを迫られそうです。

European Central Bank: We Cannot Wait for Global Policies, Cryptocurrencies Must Be Regulated Within EU

Feb. 26, 2018 by Thomas Delahunty

参考記事はこちらから
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア