イーサリアム再び急騰、背景に「DeFi市場」の指数関数的な成長

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場における分散型金融(DeFi)の人気が指数関数的に高まっていることを受け、DeFi貸付プラットフォームのAave(LEND)やKyber Network(KNC)など一部トークンが前週比60%高を超えるなど過熱しており、高値掴みのリスクも警戒される。時価総額2位のイーサリアム(ETH)の関心も高まっている。

20日には、イーサリアム上のマネー・マーケット(短期金融市場)を開発・実装する分散型金融プラットフォーム「Compound」上のUSDT賃借需要拡大の影響で、テザー(USDT)供給量が増加している可能性が指摘された。

分散型金融(Decentralized Finance:DeFi)とは

銀行のような中央集権を必要としない、ブロックチェーンネットワーク上に構築される金融エコシステム。ピアツーピア(P2P)方式の分散型アプリ(dApps)を通してアクセス可能で、全ての人々が平等に金融システムにアクセスし、資産管理できるようになる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Compoundは、仮想通貨マーケットとして機能する分散型オープンソース・プロトコルで、貸し仮想通貨(レンディングサービス)の利息(利子)収入や、担保による借り入れ(ローン組成)などを可能にするプラットフォームだ。預け入れ量に応じた「cToken(権利を有するトークン)」を獲得し、ロックした仮想通貨に対する利回りは、需要と供給に基づき自動的に調整される。

関連:Compoundでテザー(USDT)の供給量が200倍以上、仮想通貨COMPの受け取り競争が背景か

今年4月に発表された、ERC20規格のガバナンストークン「COMP」は、ICO系トークンではなく、プラットフォーム利用者の貸し・借りに応じて配布されていくもので、この仕組みが利用者や供給量の大幅増加をもたらしているとみられる。直近では、Compoundのドミナンスは38.25%に達し、コントラクトにロックされた(DeFiサービスに預けられた)総額を示す「TVL(Total Value Locked)」は、5.77億ドル(約620億円)もの規模に達した。

DeFi投資インターフェースを提供するZerionの創設者Evgeny Yurtaevは12日、新しいFinTechであるDeFiで、新しくデプロイされた資産の数が指数関数的に伸びていると強調。

DeFiを利用するユーザー数が急増しているデータを示した。

テザーでチェーンスワップ

テザー(USDT)公式は23日、サードパーティと調整して、29日に「トロン・ネットワーク(TRX)上で発行されたTRC20から、イーサリアム(ERC20)プロトコルへの大規模なチェーンスワップ(移行)を実施することを告知した。

イーサリアム(ETH)基盤のプロトコルや分散型アプリケーション(dApps)との互換性で相互運用が見込めるほか、分散型取引所(DEX)の流動性向上を含め、DeFi(分散型金融)領域での活用を見据えているものと思われる。

大型アップデートを控え思惑膨らむ

23日の仮想通貨市場は、ビットコイン(BTC)が前日比2.85%高の103.2万円(9650ドル)に。

直近では、新型コロナの第二波懸念で急落したNYダウ市場に連れ安するなど下落基調にあったが、9150ドルでトリプルボトムを形成してトレンドラインを上抜けると急伸、一時9800ドル目前まで上昇した。

米決済大手PayPalと傘下のP2P決済企業Venmoが、「仮想通貨の売買サービス」を計画していることなどが報じられたことも追い風となった。詳細は明かされていないものの、今後数ヶ月でサービス開始する可能性があり、実現すれば3億2500万ユーザーに仮想通貨取引を提供することになる。

同様に直近冴えなかったイーサリアム(ETH)は、前日比4%高の一時26,000円台を回復、ビットコイン相場をけん引した。

アナリストは、「ここ最近のイーサリアムの値動きは、9年前のビットコインのような”弱気相場”からの脱却を彷彿とさせる。DeFiバブルの崩壊でETHに資金が流れる可能性がある」などと言及。高騰しているDeFi関連銘柄が急落すれば、イーサリアム(ETH)にさらに資金が集中するとの見方を示した。

テクニカル分析では、2018年以降の強い下落トレンドを打ち破り、中・長期上昇トレンドに転換しつつあることを指摘している。

イーサリアムが材料視される背景には、2020年第3四半期に予定されている大型アップデート「Ethereum 2.0」の存在がある。

合意形成アルゴリズムが、ビットコインと同じプルーフオブワーク(PoW)からプルーフオブステーク(PoS)に移行、トランザクションの検証に関する暗号経済的インセンティブが大幅に変化する。

アップデート以降、ETH保有者は「ステーキング」により、ネットワークを安全に維持するための貢献に対して報酬を受け取ることができるため、株の配当報酬に近い性質を有することが、イーサリアム現物の中・長期保有につながる側面がある。今後のアップグレードでスケーラビリティ問題の解消へ動いており、DeFiに関わるソリューション開発が進めば、イーサリアムを使用したDeFi期待もさらに上昇するものと思われる。

関連:イーサリアムのステーキングは高利回り?株式配当と比較したリスク・リターンを独自考察

Santimentのデータによれば、ETHマイナーは過去数週間で保有残高を15,000ETHずつ増加させており、「100,000ETH〜1,000,000ETH」の大口アドレスの数は、月初からのビットコイン下落局面で5%近くも急増するなど、クジラとよばれる大口投資家による買い集めを示唆している。

一方、IntoTheBlockの「IOMAP(In/Out of the Money Around Price)」データによれば、235〜242ドル(25,000〜26,000円)の間で約114万アドレスが700万ETHを購入し含み損を抱えていることから、売り圧力となる可能性がある。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用