CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨Chainlink(LINK)が上場来高値を更新、高騰の背景に複数要因

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

LINKが高騰

coinmarketcap時価総額12位の仮想通貨Chainlink(LINK)は8日、過去最高値の5.88ドルに到達。年初来+200%の上昇率を記録した。今年3月のコロナショックで急落するも、価格をV字回復させながら続伸している。

出典:Tradingview

6月以降のビットコインが下落基調となる一方、主要アルトのなかでもLINKは、BSVやADAとともに2桁の上昇率を記録、上場来高値を更新している。高騰要因には、DeFi関連材料や、中国の国家ブロックチェーンサービスネットワーク(BSN)のオラクル導入など複数の要因が挙げられる。

DeFi利用の増加

LINKのオラクル機能が、DeFi領域で以前よりも採用されていることは確実に需要をもたらしている。オラクルは、DeFiにおけるDEXやレンディングプラットフォームでも正確な市場価格を取得するための不可欠なプロトコルだ。

LINKの主要保有企業Framework Venturesは先日、海外メディアCoinDeskにLINKの価格高騰について「LINKの過去半年間における価格の上昇推移は、主により多くのDeFiプロトコルがLINKのオラクルに頼ることになってきているからだ」との見解を見せた。

これまで、Kyber NetworkやSynthetix、bZxを含む複数の大手DeFiプラットフォームが、LINKのオラクル機能を採用し始めている。

中国のBSNによる導入

オラクル機能の導入について、直近で最も話題となったのが、中国の国家ブロックチェーン・プラットフォーム「BSN」だ。BSNは6月24日、LINKのオラクル導入を発表した。

中国政府に属する「国家情報センター」が4月にローンチしたブロックチェーンサービス「BSN」に対し、LINKの主要開発企業「SmartContract」はオラクルの統合を行うという。

関連中国の国家ブロックチェーンサービス、Chainlinkのオラクルに導入──過去最高値付近の仮想通貨の現在

これまでLINKはすでにテゾスイーサリアムクラシックBancorポルカドットなどの著名プロジェクトとも提携を締結していたが、政府系サービスに導入されたのは、BSNが最初の事例で、LINKのノード運用やステーキングによる需要の増加が見込まれている公算が高い。

また、昨年6月に世界的大手グーグルがLINKのオラクルを統合する発表を行なった際にも、一時+50%急騰した事例があり、ビッグネームとのシナジーが市場の思惑を加速させているようだ。

有識者の展望

ビットコインとの低い相関で独歩高をみせるLINKについて、Framework Venturesの責任者Vance Spencerは、LINKスマートコントラクトの重要性を語った。

今後、DeFi領域の需要拡大に伴うオラクルへの需要、およびセカンドレイヤーの成長などは、LINKが分散型の要素を特徴とする「Web3」のスタンダードとなり得る要素だ、と説明している。

DeFi、スマートコントラクトトークンに注目

現在アルトコインのドミナンスを牽引しているのは、イーサリアムなどの主要アルトコインでなく、LINKやKNC、COMP、LENDなどいわゆる「DeFiトークン/スマートコントラクトトークン」を含む一部の銘柄と見られている。

リサーチサイトMessariのリサーチスタッフFlorent Moulinはこのように、DeFiトークンの過去三ヶ月のパフォーマンスを集計し、掲載。すべてがERC20のスマートコントラクトトークンだが、ブロックチェーン基盤となるイーサリアムのETHこそそれらの上昇率に及ばなかった。

スマートコントラクトトークンの将来性について、米大手仮想通貨投資企業パンテラ・キャピタルの創設者 ダン・モアヘッドも期待を寄せている。

ミドルキャップのアルトコインや、スモールキャップのスマートコントラクトトークンは今後数年に渡って、ビットコインのパフォーマンスを上回り得ると我々は予測している。

先日にも、2017年のバブル相場と同様で、有望なアルトコインの台頭によって、21年末までにビットコインのドミナンスが大幅に縮小すると予測した。

出典:パンテラ

DeFiで20億ドル超え

CompoundのガバナンストークンCOMPの分配で始まった「イールドファーミング」の台頭で、DeFiプロトコルに預けられている資産の総額は初めて20億ドルの水準を突破している。

DeFiデータサイトDeFi Pulseの統計によると、2019年の7月には6.4億ドルほどの総額だったが、過去一年で+200%以上拡大してきている。

出典:DeFi Pulse

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧