CoinPostで今最も読まれています

「推定時価1兆円」を保有、サトシ・ナカモトによるマイニングの真の目的とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

サトシ・ナカモトのBTC保有量を推計

大口のオンチェーントランザクション分析を行うホエール・アラート(Whale Alert)は、サトシ・ナカモトによるマイニングパターンを分析し、過去に採掘されたビットコイン数を割り出した。総量112万5150BTC、執筆時のレートで1.12兆円相当に及ぶ。

この「最も正確な推計」に到達する過程で、ホエール・アラートはサトシがマイニングした目的も推察することができたと主張。それは、マイニングの速度を調整することで、まだ”幼い”ネットワークを守り育てようとする、ビットコインの生みの親の姿だったという。

分析の手法

サトシが所有するビットコイン量を推定する研究の中で、最も有名な分析の一つがビットコイン・セキュリティ研究者のSergio Demian Lernerが発見した「パトシ・パターン(The Patoshi pattern)」だ。

このパターンは、各ブロックのコインベース・トランザクション(採掘報酬が得られるトランザクション)でマイナーが使用するエキストラナンス値に見られる特徴的な型で、Lernerは3年の月日をかけて発見したという。Lernerはこの発見により、約110万BTCの採掘を行ったマイナーを突き止めたが、業界ではこの人物こそサトシだと見ている。

ホエール・アラートは、Lernerのパトシ・パターンを利用するとともに、一定のブロック間で各パトシチェーンの開始時にのみ使用される数字を特定、サトシが採掘しなかったブロックを除外することに成功し、その結果、明確な推計を得ることができたという。

分析の結果、最初にマイニングされた5万4316ブロックのうち、推定2万2503ブロックがサトシによるものだと考えられるという。使用されたブロックのうち、少なくとも18ブロックがサトシのものであると確認されており、取引されたのは907BTCになるとのことだ。(取引時レートは1BTC当たり0.01ドル未満)また、112万2693BTCは、まだ使用されていないとホエール・アラートは指摘している。

調査の目的

ホエール・アラートは、サトシの採掘したビットコインに関する調査の目的は、単にサトシ保有のビットコイン量だけではなく、なぜサトシがこのようなマイニング手法を選んだのか、ということを知るためだったと述べている。

分析により、ブロック5万4316=2010年5月を境に「パトシ」によるマイニングが停止されたとホエール・アラートは結論づけている。そして、この採掘停止のタイミングに加え、マイニング行動やマイニング速度の計画的な低下、またビットコイン使用量が極端に少ないことなどから、サトシは「若いネットワークを成長させ、保護することにしか興味がなかった」ことが読み取れるという。

前出のLernerもサトシは「利他的」であるとの印象を持っているようだ。

平均マイニング速度が裏付けるサトシの意図

「平均的なマイニング速度は、長期間にわたり、信じられないほど一定」

ブロック高2,000から16,000までの全範囲で、パトシが1時間に採掘したブロック数の平均は、マイナー数に大きなばらつきがあったにもかかわらず、10分あたり0.6ブロックとほぼ正確に保たれていたという。

レポートでは次の2点をサトシが平均値を維持する理由としてあげている。

1. 51%攻撃の阻止と他のマイナーへの配慮

ネットワークにとって脅威となる51%攻撃を阻止するため、処理能力を60%と一定に保つと同時に、他のマイナーが採掘するのにも十分なブロックを残した。ネットワークに参加する「誠実な」マイナーが増加するにつれ、サトシはマイニング活動を徐々に縮小していった。

2. 理想的なブロック生成時間

理想的なブロック生成時間は10分程度だが、処理能力をコントロールすることで、ブロック生成にかかる時間を一定に保つことが可能であると、サトシは述べていた。ネットワークが十分強力になったと判断すると、サトシはブロック生成時間の目標を減らし、他のマイナーへ採掘のチャンスを与えたという。

ホエール・アラートは、パトシは少なくとも48台のコンピュータ(1台は全体の調整用)で構成されており、攻撃に備えて、さらに多くのコンピュータが待機していたと考えられると述べている。

サトシによるビットコイン売却の可能性

サトシのビットコイン保有量は、まさに巨大なクジラそのものであり、仮想通貨市場の視点からは、大量売却が気になるところだ。

ホエール・アラートは、サトシの保有するビットコインはネットワークを成長させるための「副産物」にすぎず、未使用のビットコインが使われる可能性は低いだろうとしている。一方で、永久に使用できなくするよう「バーンしなかった」ことに疑問は残ると付け加えた。

出典:Whale Alert

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/02 木曜日
16:53
プロトレーダー向けNFT市場「Blur」の戦略とは
イーサリアムのNFT経済圏では、プロトレーダー向け NFTマーケットプレイス「Blur」のシェアが急拡大している。2月1日時点でBlurの出来高は7,248 ETH(15億5900万円)でOpenSeaを上回った。
16:35
平議員「なぜ日本の政策にweb3が必要なのか」 岸田総理は前向きな答弁
自民党web3 PT座長の平将明議員は、衆院予算委員会にてデジタル分野における国家課題(政府のweb3政策)について質問を行い、岸田総理は前向きな見解を示した。web3には暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン、NFT、メタバース、DAOなどが含まれる。
12:35
テザーCTO、セルシウスからの借入を否定 破産報告書に反論
テザー社のPaolo Ardoino最高技術責任者は、破綻した暗号資産(仮想通貨)融資企業セルシウスの破産報告書で指摘された融資内容について強く否定した。
12:20
ChatGPT、サブスクプランを発表
米OpenAIが、世界各国で流行するAI言語モデル「ChatGPT」の月額20ドルのサブスクリプションプラン「ChatGPT Plus」を発表した。ChatGPT無料版は引き続き提供し、ユーザー獲得に結びつける方針だ。
12:03
FOMC好感でビットコイン24000ドル台に上昇、イーサリアムは前日比5%超
警戒されていたFOMCおよびパウエル議長会見内容が市場に好感され株や暗号資産(仮想通貨)が反発。ビットコインが24000ドルを回復したほか、Shanghai(上海)アップグレードを控えるイーサリアム(ETH)が上昇した。
11:40
Stargate Finance、STGトークン再発行を提案
Stargate Financeは1日、すべてのSTGトークン再発行を提案した。アラメダリサーチのウォレットから資金が不正流出していることをリスクとして指摘している。
11:15
CoinbaseNFTの事業再編計画
米大手仮想通貨取引所コインベースのNFT電子市場「CoinbaseNFT」について、事業再編の中でクリエイタードロップ機能を停止することが明らかになった。CPOを務めたSurojit Chatterjee氏は2月3日に退社予定だ。
10:25
米メタ社、VRフィットネスアプリWithin買収に一歩前進=報道
米メタ社は、VRアプリメーカーWithinの買収に向けて一歩前進した。米地裁がFTCによる買収阻止の申し立てを却下した形だ。2022年第4四半期の決算報告も行った。
10:05
BTCの投げ銭が可能なSNS「Damus」が提供開始
分散型SNSアプリDamusは、アップル社のApp Storeで入手が可能になったことを発表。Damusはツイッターキラーとも呼ばれ、仮想通貨ビットコインの投げ銭もできる。
08:15
BNBチェーン、分散型ストレージを発表
BNBチェーンは、分散型ストレージBNB Greenfieldのホワイトペーパーを公開。バイナンスのCZ氏は、仮想通貨BNBの実用性が拡大するとコメントしている。
07:05
NYダウ・仮想通貨関連株全面高 FOMCで利上げ幅縮小を受け|2日
2/2(木)朝の相場動向(前日比) 伝統金融 NYダウ:34,092ドル +0.02% ナスダック:11,816ドル +2% 日経平均:27,346円 +0.07% 米ドル/円…
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア