グレースケール、ビットコイン投資信託の普及活動を実施

ビットコイン投資信託を宣伝

米大手投資企業グレースケールが財務顧問向けのウェビナーを開催し、ビットコインを含む仮想通貨への投資の利点を紹介した。財務顧問に仮想通貨投資のメリットを教え、財務顧問が投資家にそのアドバイスができるようになることが目的で、ビットコイン投資信託の普及にも繋げたい考えだ。

ウェビナーで行ったグレースケールの顧客ターゲット層やGBTCプレミアムの仕組み、資産としてのビットコインについて、本記事で紹介する。

グレースケールのターゲット層

グレースケールによると仮想通貨投資信託の商品は主に機関投資家、大口投資家をターゲットにしたもので、ヘッジファンドが主なクライアントにあるという。一方、GBTCは大口を含む一般投資家も視野に入れていきたいとして、ブーマー世代やX世代の2世代にもリーチできる商品にする目標も掲げた。

大手ブローカーCharles Schwabのデータによると、ミレニアル世代(26〜40歳)の株投資においてGBTCは5位でディズニーやNetflix、マイクロソフトの株より人気だ。

一方、ブーマー世代(56〜76歳)やX世代(41歳〜55歳)のトップ投資選択肢にGBTCが入っておらず、主にアップルやアマゾン、フェイスブック、テスラなどの大手企業の株に資金が集中している。GBTCは、世代間の富の中心にあるこれらの2世代にもリーチしていく戦略を考えているという。

出典:グレースケール

ビットコインは「無形」

次に、ビットコインがゴールドやシルバーなどのコモディティと異なり、物理的な形を持たないことについても話した。

ビットコインを物理的に例える話を聞くが、それは間違いで、ビットコインは無形だ。テクノロジーとして理解する必要がある。

財務顧問がクライアントにビットコインの投資を説明するときに、注意すべき点については、「ビットコインを貝殻(古代のお金)と思っても構わないが、仮にクライアントがコインベースでビットコインを買った場合、なぜそれが長期的富につながるかアドバイスできることが最も重要だ」とコメントした。

GBTCのプレミアム

GBTCのプレミアム(原資産との価格乖離)についても、財務顧問に説明が行なわれた。

GBTCのプレミアムは、原資産のビットコインから発行されたGBTC株とセカンダリー市場で取引されているGBTCの価格との差で、執筆時では取引されているGBTCの価格は純資産総額(発行時価格)より+21.68%高くなっている。

グレイスケールは、機関投資家が利用する場合、そのプレミアムを稼ぐ手段があると紹介。機関投資家は直接所持するビットコインをグレースケールに預け、プレミアムのつかない純資産総額でGBTC株を取得できるため、所定のロックアップ期間後にセカンダリー市場で売却すれば、プレミアムを得ることができるとした。大口投資家による裁定取引の方法の1つになっているという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します