CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨Lisk、GitHubの開発状況で年間1位に──2020年7月マンスリーレポート【公式寄稿】

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2020年7月におけるLiskの実績

毎月末に、Liskのトップニュース、更新、および成果をまとめて報告します。この記事では、7月の技術面やコミュニティにおける活動内容を紹介いたします。

目次
  1. Lisk開発関連のアップデート
  2. コミュニティの動き
  3. その他の活動

Lisk開発関連のアップデート

開発進捗

これまでにLisk SDK5.0.0の11エピック(開発プロジェクト用語で、いくつかの作業をまとめたものを意味する)がクローズされ、そのうち5つは2020年の7月にクローズされましたが、3つのエピックはまだ実装されていません。

1、新しいブロックスキーマの実装

新たに定義されたジェネシスブロックスキーマが実装され、Lisk SDKで作成された新しいブロックチェーンの初期アカウント状態を、よりシンプルでコンパクトな形式で指定できるようになりました。このエピックにおける10個の問題の詳細については、GitHubをご覧ください。

2、lisk-treeの実装

lisk-tree と呼ばれる新しいLisk Elementsライブラリが実装されました。一般的なMerkleツリー構造と、Liskプロトコルのさまざまな部分で使用できる包除原理(proof-of-inclusion)フォーマットを定義するものです。これにより、1ブロックに格納される前のデータ検証にてその対象となるデータの量を大きく削減できます。このエピックにおける10個の問題の詳細については、GitHubをご覧ください。

3、LiskフレームワークのIPCサポート

IPCとはInterProcess Communicationの略で、プログラム間のデータをやりとりする方式のひとつです。これをサポートしたことにより、Liskフレームワークとサードパーティのモジュールが他のモジュールと直接通信できるようになります。このエピックにおける8個の問題の詳細については、GitHubをご覧ください。

4、HTTP APIの簡素化

HTTP APIモジュールは簡素化され、最も重要なエンドポイントのみをサポートするようになりました。また、Lisk Frameworkから独立したライブラリとして組み込まれたため、拡張が簡単になり、モジュールごとのインストールも可能になります。このエピックにおける8個の問題の詳細については、GitHub をご覧ください。

5、フォージャープラグインを作成

Liskフレームワークプラグインと呼ばれる新しいコンセプトを構築しました。このコンセプトで初めて作成されたフォージャープラグインは、Liskトークンの鍛造(承認作業)をするノードに提供するデータから冗長なデータを除くことで、ブロックチェーンの処理能力を高めます。このエピックにおける13個の問題の詳細については、GitHub をご覧ください。

LiskドキュメントのUI改善

Liskのドキュメントは、新しいコンテンツと機能を追加してさらに改善されました。新しいLiskプロトコルのドキュメントの追加し、Lisk Coreに関する詳細の変更、Liskドキュメントのユーザインタフェースを改善するなどの変更を加えました。

IDシステムの改善

LiskプロトコルロードマップのNetwork Longevityフェーズで導入された、新しいLisk IDシステムに関して主な改善点の概要を紹介するブログ記事を公開しました。このブログ記事では、技術的コンセプト、Liskエコシステムの新しいアドレスシステムの説明、Liskのトランザクションとブロックの新しいIDフォーマットの詳細を紹介しています。

7月24日(金)には、Lisk.chatでライブAMAを開催し、Iker Alustiza研究員がLiskの新しいIDシステムについてコミュニティメンバーからの質問に答えました。

スマートインベントリプロジェクトの構築

Lemiiは、Liskビルダーズプログラムの一環として、スマートインベントリプロジェクトについての記事をLiskのブログで公開しました。

Lemiiが進めるプロジェクト「スマートインベントリプロジェクト」は、高価な品物の履歴やライフパスを追跡するブロックチェーンアプリケーションになることを目的としています。

ユーザーはある物品の所有権を主張したり、所有している物品を別のユーザーに譲渡したりすることができます。アクションが行われると、あるアイテムのデータセットを格納するメタデータが提供されます。これを用いて、ユーザーは物品の取引履歴を確認できます。

コミュニティの動き

7月はLiskビルダーズプログラムでも活発な動きがありましたので紹介いたします。

Arcadoネットワークの構築

EndroとMichiel Muldersは、Liskビルダーズプログラムの一環として、Arcado Networkについての記事をLiskのブログで公開しました。

Arcadoプロジェクトはゲーム開発者に汎用APIを提供。マルチプレイヤーゲームでの分散型報酬システムとしての利用が想定されています。このAPIは、Lisk SDKを通してLiskネットワーク上で多くの操作を可能にします。

Lisk DAOプロジェクトの構築

Korben3は、Liskビルダーズプログラムの一環として、Decentralized Organization Chainプロジェクトについての記事をLiskのブログで公開しました。

「Decentralized Organization Chain」は、スタートアップ企業が資金調達を行ったり、投資家が企業の意志決定に影響を与えることを可能にします。

企業は自社のブロックチェーンを立ち上げ、トークンを販売することで資金調達を行うことが可能で、投資家の側は投票を行って企業の決定に影響を与えたり、分散型チェーンを作成してフォージングノードを実行し、報酬を得ることができます。

月間コミュニティヒーローの発表

Raphael Cornelis (Lisk.chat ユーザー名: @Raphael | Moosty) が今月のコミュニティヒーローに選ばれました。彼のLiskプロジェクトへの絶え間ない貢献、さらにLisk Center Utrechtチームの一員としてのオンライン・オフラインのイベントでのサポートは非常に高く評価されています。

リスクビルダーズプログラムに2名の新しい参加者

今月私たちは、Liskビルダーズプログラムの参加者を新たに2名選出しました。助成金を受けた1番目のプロジェクトは、南極研究所のセバスチャンが主導しています。プロジェクトの目的は、高度にスケーラブルな食品トレーサビリティネットワークを提供することです。

2020年6月のLiskビルダーズプログラムで選ばれた2番目のプロジェクトは、Jurre(Lisk.chatユーザー名:@Jurre | Moosty)によって実施されています。これは規制されたクラウドファンディングシステムのための概念実証型ブロックチェーンアプリケーションです。

Lisk上で稼働させたいブロックチェーンアプリケーションのアイデアをお持ちの方は、Liskビルダープログラムに参加できます。詳細はこちらで確認できます。

その他の活動

Proof of Stake Blockchain Expoに参加

ChainTalkTEAMZが主催するオンラインのProof of Stake Blockchain Expoに参加しました。Iker Alustiza研究員が私たちの代表を務め、Liskの委任型Proof of Stakeアルゴリズムについて話しました。プレゼンテーションの様子は、Chaintalkのウェブサイトで見ることができます。

LiskがCryptoMisoで1位にランクイン

ブロックチェーン業界に属するプロジェクトのGitHubでの活動状況を比較するサイト「CryptoMiso」によると、241のプロジェクトのうち、すべての時期においてLiskは常にトップ3にランクインしていました。

7月現在、Liskはすべての期間(過去3・6・9・12カ月)において1位であり、最も活発に開発が進んでいる仮想通貨プロジェクトとなっています。開発の進捗状況はGitHubで見ることができます。

サプライチェーンマネジメントにおけるブロックチェーン活用

今月初め、Liskの事業開発担当者Jan Brekerは、ブロックチェーン技術が様々な産業に与える影響を紹介するシリーズを開始、最初のブログ記事を公開しました。

この記事では、サプライチェーンマネジメントのトピックを深く掘り下げ、ブロックチェーン技術によってどのような問題が、どのように解決されうるかを詳しく説明しています。今後数ヶ月で、ブロックチェーンが企業に与える影響についての記事がLisk Enterprise Portalに追加される予定です。

 

今月のマンスリーレポートは以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました。来月のマンスリーレポートでも、着実な進捗を報告できるよう精進してまいります。

詳細情報

Lisk公式サイト

Lisk日本語ページ

Lisk公式ブログ

 

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア