3/16(金)|仮想通貨の下落相場は落ち着きを見せる・マイニング採算ラインの重要性

仮想通貨市場
数日続いた深刻な売り相場が落ち着きを見せたが、短期トレンドでは依然として地合いが悪い状況が続いている。売りが強い状況の中、DigixDAO(DGD)は価格を続伸させました。
仮想通貨関連銘柄
アクセルマークが「ブロックチェーン×ゲーム」のdApps事業への本格参入を発表したことで価格を続伸。dAppsの注目が日本市場にも波及して来ています。
NY市場
ダウは4営業ぶりの上昇でしたが、トランプ政権の貿易摩擦懸念や、米NEC委員長の次期委員長にラリー・クドロー氏が指名された事などが引き続き話題となり、警戒感から上値は限られました。

仮想通貨市場

本日の仮想通貨市場は、数日続いた深刻な売り相場が落ち着きを見せたが、短期トレンドでは依然として地合いが悪い状況が続いています。

依然として売り優勢の状況が続いているものの、ビットコインはサポートラインを見つけ、昨日まで続いた下落のレベルからひと段落落ち着いた印象を受けます。

この下落の状況を受け、ビットコインマイニングの収益性にも影響が出る可能性が懸念されるレベルにまで来ていることが報告されています。

マイニング事業の採算ラインは、仮想通貨価格の重要なポイントとされており、仮に更なる下落が続いた場合は、反発ラインとして重要な指標となるでしょう。

CoinPostの参考記事

ビットコイン価格下落でBTCマイニング収益が激減・稼働停止の価格ラインは?
米国の独立系調査会社が、現在のビットコイン価格と独自のマイニングモデルによる概算結果を照らし合わせ、現在ビットコインはマイニングによる採算が釣り合わないほど価格が低下していると指摘しました。

執筆時(22時)では、落ち着いてしまったものの、Liskが待望のCore1.0α版を発表したことで、開発の進展が期待され一時的に価格を伸ばしました。

CoinPostの参考記事

Lisk Core 1.0のα版リリースの影響で仮想通貨LSK価格上昇か
Lisk Core 1.0 α版が発表されました。この発表による期待感からか、LSK価格が上昇しました。今後α版のアップデートを重ねてβ版、そして正式版という流れになる予定です。

また仮想通貨市場全体の地合いが悪いときに価格を伸ばしているDigixDAO(DGD)は昨日の市場全体の大暴落の中40%以上の価格上昇を記録し逆行高となり、本日も価格を続伸させています。

CoinPostの参考記事

市場全体が暴落している中で安定性を持つ仮想通貨4選
12月下旬から仮想通貨全体が暴落し始め、どのように自分の資産を守っていくか試行錯誤されていると思います。その暴落の中でも安定している通貨(ペッグ通貨)や金本位制に似た仕様を持つ通貨など紹介します。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

仮想通貨関連銘柄では、「ブロックチェーン×ゲーム」のdApps事業への本格参入を発表したことで、前日に寄らずのストップ高を付けたアクセルマーク<3624>が、本日も+4.00%と続伸したほか、ファステップス<2338>が+7.56%の上昇。

同社は、子会社の株式会社ビットワンが採掘(マイニング)事業の開始、日本国内並びに香港にて「仮想通貨取引所事業」の開始に対する取り組みを進めている、としています。

ブロックチェーンの仕組みを使用した「dApps」に関する詳しい情報は、以下の記事にまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

アクセルマークがブロックチェーンゲームdApps参入|話題のCryptoKittiesとは
ソシャゲ銘柄として知られる「アクセルマーク」が、仮想通貨とブロックチェーン技術を活用したdAppsの参入を発表、株価が高騰しています。dAppsの海外成功例として、イーサリアムを使用したCryptoKittiesがあり、ゲーム内取引が盛んに行われた結果、ETHの総取引量の内30%を占めるまでに急成長を遂げています。
仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【9/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

NY市場

  • NYダウ 24,873.66(+115.54)
  • ナスダック 7,481.74(-15.07)
  • S&P500 2,747.33(-2.15)

日本時間16日に引けたNY市場(米国時間15日)は、高安まちまちで取引を終了しました。

ダウは4営業ぶりの上昇でしたが、トランプ政権の貿易摩擦懸念や、米NEC委員長の次期委員長にラリー・クドロー氏が指名された事などが引き続き話題となり、警戒感から上値は限られました。

ラリー・クドロー氏は、14日に行われたCNBCのとのインタビューの中で、「強く安定したドルが米経済の成長にとって重要で、大統領もそれに反対する理由はない」との見方が市場の話題になっており、1月のムニューシン財務長官の「弱いドルは良い」との発言以降、政権はドル安志向であるとの見方が一般的だったのですが、クドロー氏の発言は市場にとってサプライズとなりました。

個別では、マクドナルドが2.13%上昇とダウを牽引した一方で、インテル、ダウ・デュポンが足を引っ張りました。

東京市場

  • 日経平均 21,676.51(-127.44)
  • TOPIX 1,736.63(-6.97)
  • マザーズ 1,234,64(-16.11)

東京市場は主要三指数揃って下落。日経平均は寄り付き直後はプラス圏で推移していたもの、東京時間にマクマスター報道官の解任に関する報道がされ、円高が進行したことを悪材料に徐々に下げ幅を拡大する展開になりました。

週間を通して海外ではトランプ政権の動き、国内では森友問題など政治リスクが意識される1週間でしたが、本日も引き続き投資家からは政治リスクを懸念する声が聞かれました。

また、G20で貿易摩擦の問題や仮想通貨の規制に関する問題などで、米国及び国際社会に自国の立場や考えを伝えなければならないにも関わらず、発言力が麻生財務大臣がG20を欠席することが報道されるなど、政治リスクが経済に影響する懸念があがっております。

個別ではリクルートHD、ヤマトHD、コナミなどが上昇していた一方で、ファナック、TDK、東京エレクトロンなど値がさ株が大きく下落し、日経平均を押し下げました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加