CoinPostで今最も読まれています

OECD:2020年までに仮想通貨税制の国際標準ルール制定へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

OECDが問題提起:新技術に対する枠組みの必要性
OECD(経済協力開発機構)は、仮想通貨に対して、国際的に標準化された税金の枠組み(グローバル・スタンダード)が必要であると提起。2020年までの施行を目指すとしています。

先進国による仮想通貨の共通税制

国際政府間によって組織される「経済協力開発機構」(以下、OECD)は、仮想通貨のような新たに台頭した技術に課税するため、新しい枠組みに関する基本合意を求めました。

OECD(経済協力開発機構)とは

日本、北米、欧州など先進国の国々によって、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関のこと。

三大目的として、1)経済成長 2)貿易自由化 3)途上国支援 に貢献することを掲げている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

3月20日にG20加盟各国の財務省や中央銀行規制機関に送られた報告書によると、OECDは仮想通貨や分散型台帳技術などの”新しい技術に対して課税が与える影響”に関して、税効果を調べる実用的なツール開発分野などで協力関係の構築を求めていることが明らかになりました。

同組織によると、この新しい取り組みは、OECDが取り組む「包括的な枠組み」の一環として、早期に開始される見通しです。

導入(施行)は、2020年を予定しており、2019年に別の更新が行われる予定だと語りました。

地域を超えた経済成長の促進を念頭に置くOECDは、ブロックチェーンのような新しい技術が多大な技術的優位性をもたらすことを認識する一方で、現時点では課税額の算出が曖昧なため、統一規格の枠組み(グローバル・スタンダード)を制定しようとしているのです。

さらに報告書では、以下のように言及しています。

「ブロックチェーンのような技術は、過去10年間における”税制の透明化”の発展という観点からリスクをもたらす仮想通貨を促進する一方、記録保管のための新しくて安全な方法の両方を生み出すことになる。」

このように、仮想通貨課税の分野は、さまざまな領域で議論の余地が多い問題です。

現時点で、仮想通貨取引が課税対象になるのか否かの、いわゆるグローバル・スタンダード(世界標準)のようなものはありませんが、アメリカや日本では、すでに「国内における”既存の税法”」を適用し始めています。

OECD to G20: Crypto Tax Policies Need Global Clarity

Mar 21, 2018 by Wolfie Zhao

参考記事はこちらから

CoinPost考察

仮想通貨の税制:日本の場合

2017年7月に「改正資金決済法」が施行され、政府によって、物ではなく一般的な貨幣と同じような財産的価値を持つ”通貨”として事実上認められたことで、消費税(8%)が非課税となりました。

日本の税法上は、原則「雑所得」に区分され、総合課税の対象となります。

仮想通貨に関する税率は、一律10%の住民税を合わせた累進課税となり、所得額に応じて「15~55%(最高税率)」が課税対象です。

つまり、所得(1年間で得た給与収入+仮想通貨収入から給与所得控除を差し引いたもの)が高いほど、税負担が重くなる計算です。

仮想通貨の雑所得の計算は、「収入-必要経費」 となりますが、マイナスが生じてもゼロ扱いの計算になるため、株式取引と異なり、「前年度との損益通算や損失の繰越」ができません。

株式取引の税制

株であれば、損益通算した際に控除しきれない場合、「翌年以後3年間にわたり、上場株式等の譲渡所得等の金額や上場株式等の配当所得等の金額から繰越控除」することが可能です。

また、株やFXの利益は、一律約20%(所得税15%:住民税5%:復興所得税0.315%)の税率であり、仮想通貨の税率(15〜55%)よりも大幅に優遇されていますが、これは「総合課税」ではなく、「申告分離課税(他の所得と分離して税額を計算、確定申告によって納税する課税方式)」として扱われることに起因しています。

株式投資は、企業の資本(時価総額)を形成すると共に、雇用の創出や市場の活況など、日本経済の成長と社会貢献性に直接寄与することになるため、政府によって優遇されやすいと捉えることもできます。

CoinPostの関連記事

1から学ぶ仮想通貨の税金の仕組み/確定申告ガイド
齋藤雄史公認会計士・税理士事務所 代表の齋藤雄史氏による、仮想通貨の税金の解説記事です。仮想通貨取引にかかる税金や確定申告の方法、考えられる節税方法などを掲載しています。
仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

仮想通貨の税制:アメリカの場合

アメリカ合衆国の連邦政府機関の一つで、連邦税に関する執行、徴収を司る「IRS(アメリカ合衆国内国歳入庁/米国国税庁)」が税制について発表しました。

IRSによると、仮想通貨は「資産(property)」として取り扱われ、「資産取引に関する一般的な税務上の理論に基づいた課税がなされる(general tax principles applicable)」としています。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア