「ビットコイン1億円予想」で知られるマカフィー、脱税で逮捕

マカフィーを告発・逮捕

米SEC(証券取引委員会)が過去のICO販売プロモーションでジョン・マカフィーを告発したことがわかった。脱税の疑いでスペインで拘束(逮捕)され、米国への引き渡しが予定されている。

SECの文書によると、少なくとも2017年11月〜2018年2月の間、マカフィーは個人の知名度を利用し、ツイッターで7つのICO(トークン販売)のプロモーションを行い、計2300万ドル(約24億円)以上を稼いだ。「これらのICOはデジタル証券の販売に関わるもので、マカフィーの投資助言は投資家をミスリードしていた」と指摘している。

ミスリードした1つの重要なポイントとして、マカフィーは自身がICO発行側に雇われたことを投資家に公表していなかったことだとしている。また、それぞれのICOの「投資家」もしくは「技術アドバイザー」と謳い、持っていたICOトークンを投資家に売ることを隠蔽していたことなど、いくつかの違法行為を働いていたとされる。

また、マカフィーのボディガードを務めるJimmy Gale Watson, Jr.も、マカフィーに協力したことで告発。文書では、「マカフィーはビットコインとイーサリアムで合わせて1160万ドル、宣伝するICOトークンでは1150ドルを報酬として支払われていた。本人はボディガードに316,000ドルを支払った」としている。

マカフィーは2018年6月に、「SECの脅迫を受けている、今後ICOのプロモーションを行わない」、「ICOを行うものは逮捕される可能性が高い」とSNSで発言したことでも知られており、その当時から捜査の対象となっていた可能性が指摘されている。

SECは今回の告発で、不正利得の返金、民事罰のほか、マカフィーとWatson, Jr.氏が今後デジタル証券の発行・購入・発売に参加することを禁止することも裁判所に求めている。

スペインで逮捕

これらの発表に際し、米司法省はマカフィーが脱税した疑いで告発し、スペインで逮捕されることがわかった。米国に引き渡される予定だという。

こちらの告発は、SECにも関連したもので、ICOプロモーションで得た利益に係る税金を逃れたとしている。

脱税する目的で、マカフィーが所有する不動産や自動車、ヨットを他人名義に変更していたという。

仮に有罪判決となれば、1つの脱税起訴につき、5年の禁固刑が科せられ、また1つの税申告の故意的不履行に付き、1年の禁固刑が科せられると、司法省は説明している。

マカフィーは以前、ビットコインが100万ドルに到達する予想をし、然もなくば、自分のイチモツを食べるなど大口を叩いていたが、今年の6月には予想が冗談だったと発言を撤回していた。

関連司法省文書


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します