ビットコインモチーフのNFTアート、予想上回る高額で落札──著名オークションハウスで初競売

予想上回る約1400万円で落札

著名な美術品オークションハウス「クリスティーズ」でビットコイン(BTC)を題材としたNFT(非代替性トークン)による作品が競売にかけられた。

作品はBTCの発明者、中本聡のデジタルなポートレートという設定で「Block 21」という名前。NFTによる作品が名のあるオークションハウスで販売されたのは今回が初で、事前予想を上回る約13万ドル(約1400万円)で落札された。

この作品を作ったアーティストは芸術史家からブロックチェーンアーティストに転身したRobert Aliceだ。

ナカモトサトシの「心の肖像」

「Block 21」は、「Portraits of a Mind(心の肖像)」と総称される、合計40の作品からなるシリーズの一部である。

ドーナツ型のオブジェで、ビットコインのv0.1.0コードの一部が記載されており、シリーズ全体で約322,048桁が刻まれた。シリーズは合計40人のコレクターに「分散化」される予定で、1人の個人がすべてのコードを保持することはない。

このコンセプトは、中央銀行や金融当局の監視なしに発行・取引されるビットコインの分散型の性質に触発されたところがあるという。

作品は物理的なオブジェに、NFTによるデジタル形式のオブジェも付属してくる仕組み。NFTとは、ビデオゲームのアイテム等に用いられるトークンで、ブロックチェーンによりそのアイテムを唯一無二のものとする。

「心の肖像」のNFTは、物理的なオブジェと同様の形をしており、昼と夜の循環に反応して、時間の経過とともに外見が変化する。

購入者は、作品が物理的に置かれる場所のタイムゾーンに合わせて、NFTの位置座標も調整することが可能だ。

暗号資産(仮想通貨)の未来を強く信じているというRobert Aliceは、CNNのインタビューで「このプロジェクトの中心的なアイデアは、ビットコインの領域で実際に文化的価値のあるものをどのように作成するかということだった」と明かしている。

バイナンスCZ氏、Matthew Roszakも既に購入

バイナンスCEOのCZ氏、BTC初期への初期投資家でブロックチェーンスタートアップBloqの創業者Matthew Roszak、ブロックチェーン投資企業創設者Jehan Chuなどが「心の肖像」シリーズを既に購入済だ。

Jehan Chuは、仮想通貨の初期の開拓者達は自分達を非常に誇りに思っているが「これまで文化的オブジェクトを欠いていた」という。そして初期からのビットコイン採用者として、このアートを、ビットコイン革命の歴史を示すために壁に掛けることを誇りに思うと語った。

また、クリスティーズは、「ニューヨークのギャラリーで過去の多くの傑作と並んで配置されたこの革新的に新しい芸術メディアが、美術史上でNFTが占めるスペースの成長について、様々な議論を引き起こせることを願う」とコメントしている。

NFTトークン市場に期待高まる

NFTトークンはアート業界のみならず、ゲーム内アイテムやトレーディングカード・芸術・骨董品・著作権物・電子債権など多岐の用途に渡って可能性があるものとして注目を集めている。

日本でも、一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会が「NFT部会」を発足し、10月2日に第1回会合を開催したばかりだ。

暗号資産関連ビジネス業者から、広告代理店、弁護士法人、税理士法人、監査法人など35社の会員企業から57名が参加し、 NFTトークンの市場概要や、課題、アウトプットの方針について議論が行われたという。

関連:日本暗号資産ビジネス協会、新発足「NFT分科会」の第1回会合を開催


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します