CoinPostで今最も読まれています

米FinCEN、国際取引データ収集の閾値引き下げを提案 仮想通貨も対象に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

国際送金に関する情報収集ルールの修正案

米財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)と連邦準備制度理事会(FRB)は、新たに、米国を起点または終点とする国際送金に関する情報収集要件の変更を提案した。

この修正案が承認されると、国外との送受金に関する情報の収集と保持義務の対象が、現行の3000ドルから250ドルに引き下げられることになる。さらに同規則が暗号資産(仮想通貨)にも適用されるよう、規則の明確化が盛り込まれている。

銀行秘密保護法およびトラベルルールの改正

10月23日に発表された提案は、銀行秘密保護法(BSA)の記録保持規則の下、金融機関に義務付けられている、「米国外で開始、または終了する資金の送金」に関する情報収集と保持の閾値を修正するもので、現行の3000ドルから250ドルへ引き下げられる。

また、FinCENが発令した、金融機関間で共有すべき、送金に関する情報要件を定めた「トラベルルール」の閾値(最低ライン)も同様に修正されることになる。ただし、閾値の修正は国際送金に限定され、国内送金に関しては現行の3000ドルに据え置かれることが明記された。

さらに、この修正案は、同規則で使用されている「お金」の定義を明確にすることで、仮想通貨やデジタル資産を利用した送金にも改正ルールが適用されることを確実にすることも目的の一つである。デジタル資産についての記述は以下の通り。

「兌換可能な仮想通貨(=Convertible virtual currency =CVC):通貨と同等の価値を有する、もしくは通貨の代用として機能する、暗号通貨のような交換媒体。ただし法定通貨としての地位は有していないもの。」

修正案の必要性

銀行秘密保護法の記録保持規則及びトラベルルールは、資金移動に関する情報を追跡可能にする仕組みを作ることで、マネーロンダリングなどの金融犯罪を摘発することを目的としている。

現在、3000ドルを超える資金移動に関する情報収集及び保持が義務付けられているいるが、当局が入手した情報によると、実際には、テロリストの資金調達や麻薬取引などの不正な資金の移動は、現在の閾値を大幅に下回る金額で多発しているという。

FinCENは2016年から2019年の間に送金業者から提出された、約2000件の「マネーロンダリング等の不審行為に関する報告書(Suspicious Activity Reports=SAR)」から得られたデータを分析。参照された129万件の送金のうち、その約99%が米国外との送受金だったという。

そして、これらの報告書の送金額の平均は509ドル、中央値は255ドルだった。

  • 71%が500ドル以下 (合計金額1億7900万ドル)
  • 57%が300ドル以下 (合計金額1億300万ドル)

文書では、テロ資金供与に関わる犯罪者の手口は「創造的」であり、上記の分析から判明したように、小額の送金を行うことで、金融システムの弱点を悪用しようと試みていると説明した。

FinCENはSARsプログラムだけでは、違法な資金の移動を把握するのは十分ではないと考えており、閾値の引き下げが不正なネットワークの調査には欠かせないと主張している。

さらに、米司法省の資金洗浄及び資産回収部門が閾値引き下げを助言していること、また、金融活動作業部会(FATF)が、特にテロ資金供与の調査において、小額取引の記録が法執行機関にとって重要だと指摘していることを、修正案の根拠としている。

仮想通貨業界にも適用されるトラベルルール

昨年11月、FinCENのKenneth Blanco局長は、CVCにもトラベルルールが適用されるため、その利用者もこのルールを遵守する必要があるとの見解を示した。つまり仮想通貨取引所やウォレットサービス提供などの暗号資産サービス業者(VASPs)にもトラベルルールが適用される。

トラベルルールでは、金融サービス提供者に、送金先や送金元に関連した顧客情報を規制当局と共有することが求められている。

仮想通貨業界でも、トラベルルール準拠のための通信規格の開発などが進められてきており、6月に行われたFATFの全体会議でも、技術ソリューション開発面で、準拠対応に向け進展が見られると評価された。

FinCENは、閾値引き下げ提案に対するパブリックコメントを募集しており、特に、次のような点に関してのコメントを歓迎するとしている。

  • 情報の収集がFinCENの適切な役割遂行のために、実用性があり、必要であるか
  • 情報収集関連で発生するコストの見積もり
  • 収集される情報の質の向上方法
  • 自動化された情報の収集技術など、IT技術の適用によるコスト削減方法

国際送金に関する個人のプライバシーという問題は、ここでは論議されていないが、規制準拠のための技術開発が活発化することも見込まれ、テクノロジー企業にとっては、新たなチャンスと言えるかもしれない。

参考:FinCEN 修正案

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/21 日曜日
18:28
大手仮想通貨取引所BingX CPO、ビットコイン半減期の影響を語る
暗号資産(仮想通貨)業界で4年に1度のビットコイン(BTC)の半減期が訪れる中、TradingViewの「ベスト暗号資産取引所2021 & 2022」の受賞歴を持つBingX(ビンエックス)のヴィヴィアン・リン氏にインタビューを実施しました。
11:30
ビットコイン6万ドルの維持が焦点、半減期で相場は不安定になる可能性|bitbankアナリスト寄稿
4度目の半減期を迎えるビットコイン。半減期後はネットワークが安定するまで相場は不安定となるか。国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|税制などの自民党web3PTの提言に高い関心
今週は、自民党web3PTのホワイトペーパー2024の発表、JPモルガンによる半減期後のBTC相場分析、香港におけるビットコインとイーサリアムの現物ETF承認に関するニュースが最も関心を集めた。
04/20 土曜日
18:00
TON、Telegramのユーザーに照準 トンコイン奨励金を提供
Telegramのウォレットがサポートするブロックチェーン「TON」の手数料削減と、1,100万TONのインセンティブプログラムを開始。特に500万単位の暗号資産(仮想通貨)TONがTelegramユーザーに報酬として付与される。
16:30
日銀、CBDC戦略の中間報告を公表 想定モデルと5つの課題
日本銀行が公表したCBDC中間整理報告書の主要論点や影響について解説。CBDCの導入方針やデジタル通貨の未来についての展望を探る。
12:30
コスモス基盤のInjective、Web3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能提供
レイヤー1ブロックチェーンInjectiveは、Jamboテクノロジーと提携してWeb3スマホ「JamboPhone」でDeFi機能を提供すると発表した。
12:00
知らずに損しているかも?取引所選び 3つの注意点
ビットコインなどの投資初心者に大事な暗号資産(仮想通貨)取引所選びと、後悔しがちな代表的な失敗事例3つを解説。手数料、価格、取扱銘柄の違いを比較し、最適な仮想通貨取引所を見極めるポイント、賢い投資戦略と失敗回避のためのチェックリストも提供。
10:30
ソラナWeb3ゲーム「Nyan Heroes」、Epicのストアでトップ30入り
ブロックチェーンゲーム「Nyan Heroes」はEpic Games Storeで最もプレイされたゲームでトップ30以内に入った。今後NFT機能や独自の仮想通貨も導入する予定だ。
09:15
ビットコイン、4度目の半減期完了 報酬が3.125 BTCに
直近の米経済指標(3月の雇用統計やCPI等)が景気の堅調さを改めて示しているため、FRBが利下げを急ぐ必要がなくなりつつあるとの観測が高まってきており、仮想通貨や株のようなリスク資産をさらに押し上げる力は弱まってきたようだ。
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧