CoinPostで今最も読まれています

「LINE Blockchainの展望と未来の経済圏」LVCインタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

LINEのブロックチェーンビジネスとは

LINE株式会社の暗号資産(仮想通貨)事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社は19年9月、暗号資産取引サービス「BITMAX(ビットマックス)」の提供開始を発表した。

今回、LVC(株)でBITMAX事業を推進する「暗号資産事業部」の事業部長である米山氏、ブロックチェーン事業部のマネージャーである田中氏にインタビューを実施。LINEのブロックチェーン事業における展望と未来の経済圏について見解を伺った。

LVCの主な事業内容は

<米山氏>

まず、私たちがどんな仕事をしているのかと言いますと、LINEが「トークンエコノミー」をやるんですよという内容の絵(「LINEトークンエコノミー構想)を2年前に発表しました。発表してからこれまで、この絵を達成するために必要な部品を順次準備してきただけで、私たちの戦略は2年前からブレていません。

LVCは、LINEグループの中で「ブロックチェーンビジネス」を展開している会社であり、以下の4つのビジネスドメインに分かれております。

  1. 暗号資産「LINK」
  2. デジタルアセット管理ウォレット「BITMAX Wallet(ビットマックスウォレット)」
  3. 暗号資産交換業者として、日本ではBITMAX、グローバルではBITFRONT(ビットフロント)
  4. クリプト関係のスタートアップ企業に投資するトークンベンチャーファンド「unblock ventures(アンブロックベンチャーズ)」

共通点は、LINEのブロックチェーンプラットフォーム技術を使っている点です。

事業戦略について

海外では、すごく先端的なサービスがどんどん広がっています。 弊社は、すでにグローバル展開するエクスチェンジが出来ており、BITFRONTは海外、BITMAXは国内という事で、国際的なデジタルアセット市場にアクセスしやすい強みがあります。それを上手いこと国内の顧客向けに提供していきたいと考えています。

トークンエコノミーに関しては、リワード(報酬)プログラム「LINK Rewards Program」が始まりました。例えば、LINEのモバイル送金・決済サービスである「LINE Pay」で、クレジットカードの家族カードを発行頂いた場合に、LINKに転換可能な「LINKリワード」をプレゼントするというような施策です。過去に同様のキャンペーンは他社でもあったのですが、暗号資産の報酬は斬新ではないかと思います。

ブロックチェーンプラットフォームも色々とサービス展開をしております。 LINEグループは、LINE証券、LINE Pay、準備中ではありますが銀行事業等の金融サービスを幅広く持っています。社内で幅広く金融免許を持っている事になり、それらの領域とブロックチェーンを掛け合わせられる可能性があり、そこも強みと言えます。

LINEのトークンエコノミー(独自経済圏)では、「LINK」を「貢献に対するインセンティブとして配布」しますが、これを弊社では「コントリビューション(貢献)マイニング」と呼んでいます。ビットコイン(BTC)であれば、ネットワークの維持の貢献者に「マイニング手数料」を支払いますが、これを一般の方にお支払いしようと。LINE Payの家族カード作成への還元施策も一種のマイニングだと考えています。

顧客に対しては「ユーザーエクスペリエンス(体験する価値)」を徹底的に提供していきたいと思っています。中には、暗号資産ウォレットの「秘密鍵」を失くしてしまい、自己保有資産にアクセスできなくなった事がある方もいらっしゃると思います。

その点弊社のBITMAX Walletは、慣れていないユーザーでも簡単に利用頂く事が出来るサービスです。BITMAXでの暗号資産購入も至ってシンプルです。

また、「LINE Blockchain Developers」のメリットとしては、以前までブロックチェーンエンジニアがいないとブロックチェーンゲームなどが作れなかった状況を打破すべく、APIさえ叩いて頂ければLINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」上のトークン発行が簡単できるようになった点です。開発会社には楽しいところだけやっていただき、日本から世界へと広げていきたいと考えています。

イーサリアムチェーンの利用率が高い中で、LINE Blockchainのテーマは

<米山氏>

初期からdApps開発に参入してる方は、イーサリアム基盤の開発経験をお持ちの方が多いです。しかし、イーサリアムベースのものですと、書き込みの反応が10〜20分掛かってしまうなどのボトルネックが存在します。これをLINE Blockchain基盤に書き換えただけで解決できたという話もいただきます。

LINE Blockchainは、反応速度がとても速いというメリットがあります。それだけなら他のチェーンでも代替出来るのですが、APIのコールが簡単だったり、開発用ドキュメントのリファレンスがとても分かりやすいというお声もいただき、すぐ馴染めるという特長があります。

さらに言えば、LINEで代替ログイン可能にできます。このようなサービスを展開する上で、IDが分からなくなってしまってもBITMAX Walletに1:1で紐付く。それだけで十分魅力があると思います。

交換業者やカストディー規制をクリアしているこその強みもあるか

<米山氏>

そうですね。ライセンスと直接関係はないのですが、私たちは金融業を営んでいる会社ですので、法律で認められた暗号資産をることが出来るレベルの業者が、「秘密鍵」を預かってゲームアイテムなどの管理しているのは大きな強みです。

私たちのシステムでデジタル資産を送るのは本当に簡単で、LINE上の「友だち」になっているだけで良い。相手がBITMAX Walletのユーザーじゃなくても対応できます。

未来を考えていく中で、トークンエコノミーはどのような姿に?

<田中氏>

将来的には、「LINEスタンプ」を送るのと同じようなライトな感覚でデジタル資産が行き来したりとか、LINE上でアイテムが届くとか、そのような世界観が当たり前になっていくのではないかと。

その入口として、一番初めのブロックチェーンとの接点を我々が提供していくとともに、サービス会社に対して「LINE Blockchain Developers」も提供することで、”ブロックチェーンのある生活”というものに馴染んでいく。社会に貢献していく所を目指して運営していきたいと思っています。

<米山氏>

おかげさまで、暗号資産取引サービスであるBITMAXはサービス開始から1年経ちましたが、お客様には暗号資産取引の未経験者が非常に多いです。ユーザーの約7割の方が未経験者でした。

金融ビジネスの目線で見ても、定期預金に預けるのが当たり前という世代から、ビットコインを買ってレンディングサービスで高利回り運用するなど、今までとは異なる世界になりつつあると感じます。

投資関連では、第2弾・第3弾と面白いサービスをご用意できますので、フィンテックという新しい投資領域がスタンダードになってくるというところもお見せできるのではないかと。

例えば、ブロックチェーンゲームで一生懸命育てたキャラクターのNFT(非代替性資産)を売却することで入手した「LINK」。これを弊社サービスの活用でさらに増やしていただき、将来的には「ゲームアイテムのトレードで稼いだお金で、ちょっと美味しいごはんでも食べに行こうかな」という世界が出来るかもしれないと思っています。

LINEのトークンエコノミーの構想について

<米山氏>

トークンエコノミーを語る上で、一番大事なのが「LINK」です。

LINKは2020年8月、弊社の暗号資産取引サービスBITMAXに上場しています。このLINKが、どういう風にトークンエコノミーで使われるのかといった点が重要です。

エコシステムへの貢献度に対してLINKを発行することを「コントリビューションマイニング」と呼んでいるのですが、BTCのようにネットワークの維持の貢献者に発行するとか、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)のようにお金を払った方にLINKを発行するといった考え方ではなく、LINKを増やしていく基盤は、必ずトークンエコノミーにポジティブな活動をしていただいた方、その活動量によってLINKを発行していくというポリシーを持っています。

LINK価格そのものも、みなさまの働きによって成り立つという仕組みとなっておりますので、貢献に応じてLINKをお渡しし、そのLINKを使ってさらにサービスを楽しんでいただく・・・この循環を作っていくのが、私たちの考えるトークンエコノミーです。

さいごに、日本の方にメッセージを

<田中氏>

私たちは、「LINE ID」をお持ちの8,600万人の方々に、ブロックチェーンを使っていただける入口を提供していきます。BITMAX Walletでは、ゲームアイテムやトレーディングカードなど、ブロックチェーン上のトークンをデジタル資産として管理することが可能で、LINEの友だち登録さえしていれば、ウォレットに登録してない人でもデジタル資産を送り合うことができます。

さまざまな企業により、これからも魅力的なブロックチェーンアプリを提供していただけることでしょう。LINEを通して、みなさまが「ブロックチェーンの世界」へと一歩踏み出すお手伝いが出来たらと考えております。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:43
ブロック社、アフリカのビットコイン採掘企業に出資
ジャック・ドーシーCEO率いるブロック社はアフリカのビットコイン・マイニング企業Gridlessのシードラウンドに出資した。マイニングやP2P取引、国際送金などの場面でアフリカでの仮想通貨利用は急速に普及しつつある。
12:26
FTXグループ、7400億円規模の投資先リスト公開
フィナンシャルタイムズが破綻した大手仮想通貨取引所FTXとアラメダリサーチの投資先リストを公開した。流動性の不十分な投資への出資額は合計は7400億円に上る。
12:05
パラグアイ議会、仮想通貨マイニング関連の法案を否決
パラグアイ共和国の下院議会は、ビットコインなど仮想通貨マイニングの税制と規制の枠組みを作るための法案を否決した。電力消費などが懸念されていた形だ。
11:55
ビットコイン採掘難度は大幅下落、ChatGPT流行でAI銘柄に思惑買い
FTX破綻で軟調な相場環境を受けビットコイン採掘難度調整は大幅下落。TwitterでChatGPTが高い関心を集めたことでAI(人工知能)銘柄が物色された。
10:50
フォビジャパン Japan Open ChainのIEO実施を計画
暗号資産取引所フォビジャパンは7日、IEOの実施計画を発表した。
10:30
英財務省、仮想通貨に対する追加規制を策定か
英国財務省は、仮想通貨の販売や広告などを管理する包括的な規制パッケージを策定しているところだ。金融サービス・市場法案の一部として構想しているとみられる。
09:48
経産省、NFTの実証事業イベント開催へ
経産省は、NFTとメタバースの実証事業イベント第一弾を12日に実施する。NFTを通じたイベント空間への入場やプラットフォーム間の連携を実証して、技術的課題の整理を行う。
08:20
メタマスク、顧客データの保存期間を制限へ
仮想通貨ウォレット「Metamask」を開発する米ConsenSysは、RPCノードが顧客のデータを保存する期間を7日に制限する意向を示した。
07:50
米コインベース、3銘柄の新規取扱いを実施
米国の大手暗号資産取引所コインベースは7日、NFT関連銘柄を含む3銘柄の新規上場を実施した。
07:28
ワーナー・ミュージック、ポリゴンと提携
米音楽エンターテインメント企業のワーナー・ミュージックは、ポリゴン、LGND.ioとパートナーシップを締結。仮想通貨に馴染みのないファン層も対象にしてNFT音楽プラットフォームをローンチする。
07:00
7日朝|NYダウ・仮想通貨関連株全面安
今日のニューヨークダウは米連邦準備制度理事会の利上げが長期化し景気が悪化するとの懸念が根強く大幅に続落し一時500ドルを超えた。仮想通貨・ブロックチェーン関連株も全面安になった。
12/06 火曜日
18:03
ゴールドマンサックス、仮想通貨企業の買収に意欲=報道
金融大手ゴールドマンサックスが不特定多数の仮想通貨関連企業の買収を検討していることがわかった。デジタル資産部門の責任者は、インタビューで長期視点では将来性を評価する姿勢を崩していないと語った。
17:28
Maple Finance、FTX破綻の余波で42億円の不良債権か
DeFi融資プラットフォームMaple Financeは、ヘッジファンドOrthogonal Tradingが債務超過に陥り、M11 Creditが約42億円の不良債権を負ったことを発表した。
14:45
ブテリン氏が期待寄せるイーサリアムの活用法5選
イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブログで、イーサリアムのエコシステムの中で最も「エキサイティング」だと考えるユースケースを五つ選んで紹介した。
14:19
分散型永久オプション市場「Panoptic」、6億円を調達
イーサリアムブロックチェーン上で永久オプションを構築するDeFi(分散型金融)プロトコル「Panoptic」は、約6億円を調達したことを発表した。gumi Cryptos Capitalがリードインベスターを務めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧