CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨オントロジー、業界内外の企業とパートナーシップ提携を進める

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨メディアの技術パートナーへ

オントロジーは20年11月、最新の提携先として、仮想通貨メディア コインテレグラフが運営する企業向けソリューション提供プロジェクト、コインテレグラフコンサルティングの公式技術プロバイダーとして選出されたことを発表した。オントロジーは、分散型IDソリューションを中心に、様々な分野の企業に対して広範囲にわたるケーススタディの提供を行っていくという。

コインテレグラフコンサルティングでは、コインテレグラフが企業に向けて、提携を推奨できる組織を「技術プロバイダー」としてベンダーページに掲載している。これらプロバイダーは、過去の実績、技術力および認知度に基づいて選出されており、企業向けにブロックチェーン技術の実装を行う。オントロジーの他には、米リップル社など5社がこのリストに掲載されている。

出典:Cointelegraph

オントロジーは技術プロバイダーとして、主に以下の領域で、一連の企業向けソリューションを提供することが可能だという。

  • 自動車産業:コンポーネント認証、サプライチェーンの簡略化、および請求処理の自動化
  • データ市場:取引コスト低下、セキュリティレイヤーの追加、データ品質の改善、および適切なデータアクセスの保証
  • データ証明:データおよびアイデンティティの証明、ならびに存在の証明
  • デジタル金融:1秒あたり5,000回以上のトランザクション、およびONT ID(オントロジーが開発している分散型IDソリューション)を利用したKYCプロセスの簡略化

オントロジーの他企業との提携

ブロックチェーン技術を基盤に「信用の再構築」を目指すオントロジーは、今年1年間でブロックチェーン業界内外の様々な企業と提携を結んでいる。

dAppsゲーム領域にも注力

オントロジーは20年5月、国産ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」および「ブレイブフロンティアヒーローズ」との提携を発表した。

この提携により、オントロジーが提供しているウォレットアプリ「ONTO」を利用して、両ゲームにアクセスできるようになった。ONTOはNFT(Non-Fungible Token/非代替性トークン)に対応しているため、両ゲーム内でNFTの形で提供されているデジタル資産(ユニットや装備品など)のONTO上での取引が可能になり、ユーザーは以前よりも円滑にゲーム内経済に参入できるようになった。

関連:仮想通貨オントロジー、国産ブロックチェーンゲーム「マイクリ・ブレヒロ」と提携

バイナンス

大手仮想通貨取引所バイナンスは、オントロジーが開発している分散型IDソリューションONT IDのフレームワークを、セキュリティトークンオファリング(STO)プロジェクトに採用することを20年9月に発表した。

ONT IDは、Binance Smart Chain上のSTOで、STOのプロセスで必要な本人確認や資産承認プロセスなどに利用される。これにより、国籍にとらわれずに様々な地域の投資家にSTOに参加してもらえるようになるだけでなく、バイナンスへの上場プロセスもスムーズになることが期待されている。

関連:バイナンス、オントロジーと提携 「分散型ID」活用でSTO市場に新たな一手

ダイムラーモビリティ

オントロジーは、世界的自動車メーカーであるダイムラーモビリティと提携を結び、ブロックチェーンを活用した安全かつ快適なドライブ体験提供に取り組んでいる。

この提携の一環として、オントロジーおよびダイムラーモビリティが共同で開発を行っているサービス「ウェルカムホーム(Welcome Home)」の詳細が、今年10月に発表された。ウェルカムホームでは、ブロックチェーン技術に基づいたオントロジーの分散型IDプロトコル(DeID)や分散型データ取引フレームワーク(DDXF)を活用することで、ユーザー(ドライバー)のデータプライバシーを保護しつつ、車内のカスタマイズおよびパーソナル化が可能になるという。

関連:オントロジーとダイムラーモビリティ共同開発の「デジタルドライバーサービス」を概説

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:20
バイナンスラボ、ビットコインステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。
12:14
ビットコイン高騰で56000ドル台に、機関投資家によるETF買いが加速
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが前日比10%高と高騰し56000ドル台に達した。ブラックロックやフィデリティの運用するビットコインETFへの資金流入は過去最高を記録している。
11:25
ビットコインETF資産額がゴールドETFを追い抜かす可能性 識者が議論
アナリストらは、ビットコインETFの運用資産がゴールドETFを上回る可能性や時期について議論している。ビットコインETFの取引高は最高値を更新した。
09:50
AstarやOasys、BackPackら、能登半島地震で2,000万円寄付
株式会社グラコネら日本のブロックチェーン団体は能登半島地震で仮想通貨による寄付募集キャンペーンを実施。約2,000万円の寄付金を集めた。
08:40
コインベース前日比+16.8%、日経平均バブル超え
仮想通貨関連株はビットコインが54000ドル台を回復したことで大幅に上昇。世界の半導体No.1であるエヌビディアが先週木曜日に発表した好決算を受けAIセクターを中心にナスダックなどは先週押し上げられたが、投資家は今週の高官発言やインフレデータに慎重な姿勢で臨もうとした格好だ。
07:50
コスモス開発企業AiB、「Cosmos Hub」をフォークへ
Cosmos Hubをフォークするため、仮想通貨コスモスの開発企業All in Bitsが最初にガバナンスチェーンのローンチを計画。フォークの背景や目的などを説明している。
07:15
コインベース、AI・DePIN関連銘柄を新規上場候補に 前日比約15%高
AI関連銘柄は今年に入って大きく値上がりしている。半導体大手エヌビディアの株価高に連れられRenderやWorldcoin、FET、NOSなどが先週トレンド入りした。
06:45
モジュラーCelestiaのライバルAvail、Founders Fundなどから40億ドル調達
Availのメインネットの具体的なローンチ予定日は開示されていないが、ローンチされればこれまでテストネットのユーザーはエアドロップが付与されると期待されている。
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧