ECOChainの独自DeFiプロトコルモデル、EFGとは

DeFIプロジェクトの熱狂、そして課題

分散型金融(DeFi)は2020年でブロックチェーン業界において最も注目を浴びたコンセプトと言っても過言ではないだろう。実際、分散型金融に預けられた総資産額は、3ヶ月という短い期間で10億ドル以下から50億ドル(約5250億円)まで急増したことからDeFIの熱狂ぶりが伺える。

DeFIが注目される大きな要因としては、高い収益を可能とする価格変動性(ボラティリティ)が挙げられる。スマートコントラクトによって投資、貯蓄、レンディング機能などを統合することに、それぞれのアプローチで取り組むプロジェクトが互いに競い合っている状況だ。

その一方で、急速な発展により、業界自体の成長に資する持続的なアプローチに欠けるプロジェクトが出てきたのも事実だ。ECOChainは独自のソリューションで、DeFI分野における「取引速度、スケーラビリティとセキュリティ」という三大課題の解決への選択肢を提供する。

取引速度、スケーラビリティとセキュリティ

急速な発展を遂げているDeFIのエコシステムにおける主な課題としては、取引に要する時間、スケーラビリティとセキュリティの3点が挙げられる。

ほとんどのDeFIプロジェクトはイーサリアムブロックチェーン上で開発されているため、イーサリアムにおいて従来から課題であったネットワークの渋滞による取引速度や手数料の高騰などがDeFiにおいても課題となった。

ネットワークの渋滞はイーサリアムのブロックチェーン上における取引の増加によるもので、これまでにないほどの未承認の取引数や承認時間の遅延につながっている。また、DeFiプロジェクトにおけるハッキングや資金流出の事例も発生している。

ECOChainでは、VM(仮想マシン)の利点を活かした独自のブロックチェーンによって、ブロックチェーン技術のメリットを維持しながら、スマートコントラクトをホストし、実用的なアプリケーションを有するプロダクトを作ることが可能だ。

またECOChainの効率的なコンセンサスプロトコルにより、ネットワーク上のトランザクションの承認時間の短縮化にも成功している。さらにユーザーの個人情報を保護する為に、アクセス制御、アクセス認証やストレージ暗号化など複数のプライバシー保護手段を採用している。

そして一人のユーザーによるそれぞれのトランザクションが、ブロックチェーン上の複数のアドレスにマップされることで、ユーザーの記録が容易に追跡されることを防いでくれる。

ECOChain Financial Growth(EFG)とは

ECOChainの大きな特徴として「EFG」と呼ばれる独自のDeFiプロトコルモデルがある。EFGでは、効率的なDeFI資産のヘッジ(リスク回避)のために、ユーザーや価格の動作をデプロイする。

EFGトークンの購入者にはロング・ボラティリティ、売り手にはショート・ボラティリティのメリットを提供する。つまりヘッジ中に買い手も売り手もECOChainのボラティリティを駆使して追加の利益を上げることが可能となる。

ECOChainのEFGは行動投資(バイアスの掛かった投資)という問題への答えとして開発された。情報を十分に与えられた決断をするために、ユーザーの衝動を抑え、精確な財務分析を提供するモデルがEFGに統合されている。

また、EFGはユーザーへさらなる投資妙味を提供するため、一般的なDeFiのdAppsと違い、低いガス代(手数料)と高い取引速度を有している。さらにEFGには「GPT」と呼ばれる清算のタイムリミットを延ばすトークンがあり、ユーザーはEFGをステークすることでGPTを獲得できる。

GPTを払うことでユーザーはEFGの清算時間を遅らせることが可能となる。

複数の資産価格モデルを使用

またECOChainは投資の持続可能性のため、裁定価格理論やオプション価格決定理論や資本資産価格モデル(CAPM)など複数の資産価格モデルを使用している。

裁定価格理論ではアセットの収益率がマクロ変数と初期期待収益の線形関数に基づくと捉えられているが、この理論のみでは新型コロナウイルスの経済圏への影響などの外的要因を考慮することができない。そのため、EFGは独自の単一因子モデルを提供することで予想外の状況を考慮しつつ、投資家のリスク管理を助ける。

さらにEFGはオプション価格モデルを導入することでヘッジする担保のデータが行使日に行使される確率を予測し、これにより現在の資産価格と将来的な価格予想などの要因を考慮した上で適正な価格を提案する。

他にも資本資産価格モデル(CAPM)を活用して一定期間の資産の収益を分析することで、ヘッジにおいてさらに精確なデータをユーザーに提供している。そして現代ポートフォリオ理論も導入することでユーザーのリスク管理と収益率の両立をサポートする。

このようにECOChainは分散型金融に対してブロックチェーン技術を駆使しつつ、優れた持続的なアプローチを提供している。

EFGに関する詳細はこちらから


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します