「BCHハードフォークとZcashのブロック報酬半減」次週注目ファンダとビットコイン採掘速度

クリプト指標と注目ファンダ

来週の注目ファンダとビットコイン(BTC)のハッシュレート推移、難易度調整予想について解説する。

Bitcoin Cashの定期アップデートに伴うハードフォーク

2020年11月15日頃、ノード間で一部機能の追加を巡って意見が対立していることに起因して、当該ブロックチェーンが分岐(ハードフォーク)する可能性が示唆されている。

現在のBitcoin CashであるBCH(BitcoinCash ABC)が、別の仮想通貨BCHN(BitcoinCash Node)にチェーン分岐する可能性が高くなっている。

既に仮想通貨取引所を運営する各社が対応方針を発表しているものの、基本的には取引停止及び入出金停止による対応となっており、その後の具体的な動きに関してはハードフォーク以降のアナウンスを待つことになる。

Zcashの半減期に伴うブロック報酬の半減

2020年11月18日頃、Zcash(ZEC)は1,046,400ブロックの到達に伴い、ブロック報酬は6.25 ZECから3.125 ZECへ半減する。Zcashの半減期は、2016年10月28日にビットコインからハードフォークをして初となる。また、半減期同日に5回目の大型アップグレード「Canopy(キャノピー)」を実行予定。

Canopyによって、ブロック報酬の分配に大きな変更がある。具体的に報酬の80%はマイナーの取り分として配当される。残りの20%の分配比率を、「Major Grants Fund」に8%、「Electric Coin Co」に7%、「Zcash Foundation」に5%という割合で割り当てられることとなる。

このアップデートによって、報酬の一部を新たな開発ファンドに充てることで、Zcashエコシステムの長期的な拡大を図る。

BTCハッシュレート推移

2020年11月01日~2020年11月07日

先週のBTCハッシュレートの最低値は11月03日の106.6TH/s(前週比94.2%)、最高値は11月07日の119.7133.3TH/s(前週比89.7%)であった。

BTCハッシュレート

一方でBTC価格の最低値は11月02日の約140万円(前週比104.4%)、最高値は11月06日の約166万円(前週比115.2%)であった。

ハッシュレートは、2020年11月03日を境に大きな上昇を見せており、それに伴いBTC価格は、約147万円の年初来最高値を大きく更新し、160万円台まで高騰をみせた。

BTCチャート

重要ファンダ情報などのクリプト指標カレンダーは、CoinPostアプリ(iOS)、TAOTAOアプリ(iOS/Andorid版)で好評配信中。

関連:クリプト指標導入「CoinPostアプリ」の使い方をトレーダー目線で解説|寄稿:Bit仙人


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します