露三大銀行のガスプロム銀行、スイスでビットコイン取引サービスを開始

取引の提供を開始

ロシア三大銀行の1つ「ガスプロムバンク(Gazprombank)」のスイス支店が、ビットコイン(BTC)取引の提供を開始した。

規制に準拠したサービス設計で、暗号資産(仮想通貨)の投資と口座管理のソリューションを機関投資家などの法人顧客に提供する。

Gazprombankは昨年の総運用資産額が8.5兆円超のロシア最大の非国有銀行。先月29日にはスイス連邦金融市場監督機構(FINMA)から、仮想通貨と法定通貨との交換および仮想通貨カストディのサービスを提供できる認可を取得したことを発表していた。

関連:露三大銀行の一行がスイスで仮想通貨交換業として認可

GazprombankのCEOは今回のサービス開始の発表で、デジタル資産は同社の顧客にも世界経済においても、これから重要になっていくとコメント。「我々のソリューションは従来の資産と同様に、容易に仮想通貨の取引を行うことができる」とした。

Gazprombankのサービスは、デジタルの銀行サービスソリューション領域を牽引するAvaloqと、デジタル資産のインフラを提供するMETACOと共に開発された。

トラベル・ルールにも対応

Gazprombankは取引開始の発表とともに、自社の仮想通貨サービスを強化するためにOpenVASPにも参加した。

OpenVASPは、仮想通貨取引所などのサービスプロバイダー(VASP)の間で取引情報を送信するためのオープンなプロトコルを確立することを目的として設立された組織だ。

今回の加盟によって、金融活動作業部会(FATF)のトラベル・ルールへの準拠に取り組むことになる。OpenVASPのソリューションは、今年8月、スイスの仮想通貨関連企業3社が、FATFの資金洗浄対策ルールを自動で遵守するBTC送金のデモンストレーションで利用するなど、実用レベルまでの開発も進んでいる。

トラベル・ルールとは、資金洗浄等防止のため国際的な電信送金に関するルールで、VASPには取引の際、送金者と受取人の情報を収集・交換し、その情報の正確性を保証することも求められる。

対象となるVASP間の仮想通貨送金で、国際的な本人確認(KYC)ルールが適用されることになる。

関連:スイス仮想通貨企業、ビットコイン送金でFATF規範を自動遵守

Gazprombankは、OpenVASPのメンバー間で仮想通貨の送金を行うコミュニケーション用のプロトコルを開発・導入するために、スイス拠点大手仮想通貨ブローカー「ビットコインスイス(Bitcoin Suisse)」と契約。銀行とVASPの契約はスイスでは初であると説明している。

参考:Gazprombank

著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します