米大手メディアCNBC登壇の識者、エリオット波動分析でビットコイン超強気予想

今後の価格予想

米大手メディアCNBCは24日、金融チャンネル「Trading Nation」にて、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の高騰背景について、PayPalやSquareの事例を取り上げ、業界関係者やアナリストの分析を紹介した。

関連:「全加盟店でビットコイン決済を」ペイパルCEOが語る展望

同番組では、識者の見解としてデータ分析企業TradingAnalysis.comのTodd Gordon創業者らが相場分析。Gordon氏はエリオットウェーブ理論を用いて、今後の値動きを予想した。

エリオットウェーブ理論は、相場には一定のサイクルが存在しているという考えに基づいており、「5つの上昇波」と「3つの下降波」の合計8つの波を1つのサイクルとして、価格変動することを前提に将来価格の目星を付けるテクニカル分析のひとつ。

関連:抑えておきたいテクニカル分析「エリオットウェーブ」を初心者向けに解説

Gordon氏は、現在のBTC相場は「5つの上昇波」の5番目の波に当たると指摘。「5つの上昇波」は3つの価格上昇の波と2つの調整の波で構成されるため、BTCの価格は今まで、おおまかには以下のような流れになっていると述べた。

Gordon氏によれば、第1波と第5波の価格上昇率は意識されることが多く、第1波は約658%の上昇だったことを踏まえると、第5波では最大7万4000ドル(約770万円)付近まで上昇し得ると分析した。

出典:CNBC

Gordon氏は、エリオットウェーブ理論は、チャート上のサポートとレジスタンスの水準を導出するテクニカル分析で、相場の「戻し」を測るフィボナッチ・リトレースメントと相性が良いと説明。第5波の伸びが限定的だったとしても、ターゲット価格の61%まで上昇する場合の価格予想は、3万4000ドル(約350万円)に達するとの強気予想を示した。

ビットコインへの見方が変化

CNBCでは、資産運用会社Strategic Wealth PartnersのMark Tepper CE0の見解も紹介された。

Tepper氏はテクニカル分析ではなく、FOMO(相場高騰に乗り遅れまいと焦る心理状態)に基づいておおまかに価格を予想した。

Tepper氏は、最近までBTCは投機対象資産とみており、少量しか所有していなかったが、PayPalら大企業の動向で考えが変わったと説明。今まではBTCの普及が広がっていないことで強気になれなかったが、PayPalやSquareのユーザーが気軽に購入できるようになったことで、見方が変化したと述べている。

その上で、米大手電気自動車(EV)メーカー「テスラ(TSLA)」の株価を引き合いに出し、「テスラの株価は年初来500%も上昇した。BTCは2021年のテスラになれる可能性がある」と期待を示した。

参考:CNBC

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します