ロシア最大の国有銀行、デジタル資産取引プラットフォームを計画

プラットフォームのローンチを計画

ロシア最大規模の国有銀行Sberbankが、デジタル資産を購入できるプラットフォームのローンチを計画していることが分かった。

同行のCEOは、ブロックチェーン基盤の独自のプラットフォームで、顧客に新たな資産クラスへのアクセスを提供したいと説明している。

ロシアの暗号資産(仮想通貨)の具体的な規制内容は、今月末に終了する国会で審議される「デジタル通貨関連法(DA法)」で定められるが、7月に可決された「デジタル金融資産に関する法(DFA法)」では、発行、購入、販売は合法と規定された。

今回の計画はDFA法の可決を受けたものであるとみられるが、取り扱う資産などの詳細は明らかになっていない。

Sberbankの公式サイトによると、ロシアの人口の70%が同行のサービスを利用。オンラインバンクのアクティブユーザー数は1400万超、スマートフォンアプリのユーザー数は4800万である。

ステーブルコインの新たな発表も

Sberbankについては今年8月、法定通貨ルーブルにペッグしたステーブルコインを発行する可能性があることが明らかになった。ルーブルに固定させ、デジタル資産も含む様々な取引の土台、または直接的手段になり得ると説明している。

関連:ロシア最大の商業銀行、金融資産としてトークン発行を許可 ステーブルコインも視野

この件については今回、ステーブルコン「Sbercoin」発行に向け、2021年には実証実験を始める計画であることが分かった。

最近のロシアの動向

ロシアでは最近、仮想通貨や中銀デジタル通貨(CBDC)に関する動きが活発化している。

仮想通貨については、具体的な規制整備を進める中、Mikhail Mishustin首相が先月26日、「仮想通貨を財産と認められるよう税法を改正する予定だ」という趣旨の発言を、政府の会議で行なった。

仮想通貨は比較的新しい金融商品で国民の関心が高まっていると語り、「ロシア政府はこのような資産の所有者が権利と利益を守ることができるように、文明的な方法でこの市場の発展を指示する予定だ。不正なスキームを作成することは困難になるだろう」と話している。

関連:ロシア首相、仮想通貨を財産と認める方針を示唆

CBDCについては先月28日、ロシア中央銀行が同国の主要銀行と会合を開き、デジタル・ルーブル導入の見通しや、長所と短所について議論したことが判明。市中銀行の懸念や技術的なリスクなどについて話し合った。

中銀は今後ロシア銀行協会などで同様の会議を開催し、その後に下院でCBDCについて議論を開始する予定だと述べている。

関連:デジタル・ルーブル導入のリスクは? ロシア中銀がヒアリング開始

参考:RBC

著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します