仮想通貨Tron(トロン):Bithumb上場により急激に価格暴騰

Tron(TRX)が暴騰
トロンの創設者であるジャスティン・サン氏が、Twitter上で韓国の大手仮想通貨取引所であるBithumb(ビッサム)に上場のアナウンスがあり、価格が急激に暴騰しました。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

トロンが暴騰

出典:トレーディングビュー

Tron(TRX)が昨日5日から急に暴騰を始め、暴騰前が約3.1円ほどが5.1円まで上昇し、一時64%まで価格上昇しました。

仮想通貨 トロン(TRON・TRX)とは|今後の将来性について
数ヶ月で数百%もの価格上昇を記録し話題になった、仮想通貨トロン(TRON/TRX)の解説記事です。トロンの今後の将来性や特徴、提携先企業、おすすめの取引所まで全網羅しています。

暴騰要因

昨日にトロンの創設者であるジャスティン・サン氏が、Twitter上で韓国の大手仮想通貨取引所であるBithumb(ビッサム)に上場のアナウンスがあり、価格が急激に暴騰しました。

Bithumbは韓国取引所の中でもかなりの大手で、取引量も極めて高いです。

トロンは3月末にテストネットが稼働し、メインネットが本格的に稼働し、プロジェクトが稼働すれば価格もさらに上昇する可能性があると予想されます。

メインネットでは、ゼロ知識証明やリング署名を利用したモジュールの開発にも着手しており、匿名プロトコルをTRONのプロトコルレイヤーに追加する予定です。

トロンが成長していくと共に、ユーザー、デベロッパーのニーズを基に新たな技術を追加していく予定とのことです。

TRONのメインネット導入予定が5/31に早まる
メインネットの導入を当初の予定より1ヶ月ほど早めた5月31日に設定したTRONですが、その開発状況についてユーザーの疑問は残ります。TRON開発チーム技術部代表のLucien Chen氏から、TRONの開発状況について説明がなされました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用